二次電池展 専門技術セミナー

BJ-7 次世代高入出力蓄電デバイス材料の展望
2月26日(水) 14:00 - 16:00
  • 事前申込制
  • 同時通訳付  日/英
コースリーダー : Course Leader :  日本ケミコン(株) 玉光 賢次 日本ケミコン(株) 玉光 賢次
サブコースリーダー : Sub Course Leader :  (国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 田所 康樹 (国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 田所 康樹

カーボンイオン ―エネルギー貯蔵の新分野

カーボンの新素材とイオン性電解質でスーパーキャパシタの性能を向上。
ZapGo Ltd. CEO & Founder Stephen Voller Stephen Voller CEO & Founder ZapGo Ltd.
講演者プロフィール Speaker Profile
Stephen Vollerは、経験豊富なビジネスリーダーであると共に、エネルギー貯蔵技術の第一人者である。カーボン‐イオンの発明者であり、この技術プラットフォームをベースとする次世代のエネルギー貯蔵デバイスの製造に取り組むべく2013年にZapGo Limitedを設立。その4つのコアバリューは、リチウム電池よりも急速に充電でき、より安全、より長寿命、より再生利用可能であることだ。Stephenは、複数のテクノロジー企業をコンセプト、設計から生産開始まで育てている。史上初のCEマーク付きの水素燃料電池製品を発売した。過去にはIBMにて10億ドル規模の事業ユニットを経営。Institute of Electrical and Electronic Engineers(IEEE)会員、シティ・オブ・ロンドンのFreeman of the Guild of Entrepreneurs。

セミナー申込み Apply

金属有機構造体電極を用いたハイブリッドキャパシタ

安全性と高エネルギー密度を兼ねそろえた次世代型ハイブリッドキャパシタの実現に向け、新たな電極材料としてLi挿入可能な金属有機構造体を創生。本講演では材料設計および電極厚膜化技術と、これらの技術を用いたキャパシタの性能について紹介する。
(株)豊田中央研究所 電池材料・プロセス研究室 主任研究員 荻原 信宏 荻原 信宏 主任研究員 電池材料・プロセス研究室 (株)豊田中央研究所
講演者プロフィール Speaker Profile
2005年3月、東京農工大学大学院工学研究科博士後期課程修了。2005年6月、東京農工大学大学院助教を経て、2008年6月、豊田中央研究所に入社、車載用蓄電池の研究に従事し、現在に至る。また、2017年10月から東京農工大学工学部特任准教授に就任。

セミナー申込み Apply

ハイレート型ニオブ・タングステン酸化物を使用した電池開発 ―基本的洞察と実践的研究

講演では、ニオブ・タングステン酸化物アノード(Nb16W5O55)の安定したサイクル性能をカソードとしてLiNi0.6Mn0.2Co0.2O2およびLiFePO4を使用したフルセル試験結果で示す。添加剤なしの単純なカーボネート溶媒系電解液を用いても、10~60℃環境下、5~10Cレートのサイクル試験において長期間安定であることを示す。
University of Cambridge Dept. of Chemistry Professor Clare Grey Clare Grey Professor Dept. of Chemistry University of Cambridge
講演者プロフィール Speaker Profile
Clare P. Grey, FRSは、ケンブリッジ大学におけるGeoffrey Moorhouse-Gibson化学教授および同大学ペンブルック・カレッジの特別研究員である。英国王立協会の教授職も務める。Northeastern Chemical Energy Storage Center, a Department of Energy, Energy Frontier Research Centerのディレクター(2009年~2010年)およびアソシエイト・ディレクター (2011年~2014年)を務めた(2009年~2010年)。現在は、EPSRC Centre for Advanced Materials for Integrated Energy Systems (CAM-IES)のディレクターである。現在、研究の対象としているのは固体核磁気共鳴の利用、およびエネルギー貯蔵(電池および超コンデンサ)・変換(燃料電池)を目的とした、材料における構造機能関係評価のための回折ベースの方法などである。現在、スタートアップ企業CB2Techを介し、急速充電電池開発の選択肢を模索中である。

セミナー申込み Apply

本講演に興味をもたれた方は、こちらの講演もご覧になっています。 You may also be interested in the following session(s).

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

For any enquiries, please contact.

◆セミナーに関するお問合せ

受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く、12/29~1/3を除く)