スマートグリッドEXPO 特別講演

SG-S1 EVが電力グリッドに引き起こすインパクト
2月26日(水) 15:30 - 17:00
  • 受講無料/事前申込制
  • 同時通訳付  日/英

未来のモビリティ社会を見据えた関西電力送配電の取組み

脱炭素化・分散化・デジタル化に電化を加えた“3D+D”という流れの中で、将来的にEVが電力インフラにつながり、IoT技術と融合することで、VPPや自動運転等、モビリティに関する様々なサービスの提供が可能となる。こうした未来のモビリティ社会を見据えた関西電力送配電の取組みについて紹介する。
関西電力(株) 執行役員 送配電カンパニー 企画部担任 白銀 隆之 白銀 隆之 執行役員 送配電カンパニー 企画部担任 関西電力(株)
講演者プロフィール Speaker Profile
昭和62年3月大阪大学大学院電気工学専攻修了。同年4月関西電力(株)に入社。主に電力系統計画、送変電分野の設備投資計画に従事。平成20年に送電サービスセンター所長、平成24年に工務部長、平成27年に電力システム技術センター所長を経て、平成29年6月より電力流通事業本部副事業本部長。

セミナー申込み Apply

蓄電池としてのEV活用について

日産自動車では、地球温暖化対策として、再生可能エネルギーを最大限活用しEVを普及させようとしていきている。全世界で430万台以上のLEAFを販売し、今後もEVを普及させる上でいかに電力系統に影響を与えないようにEVを増やしていくのか考えを述べたい。
日産自動車(株) グローバルEV本部 EVオペレーション部 主担 林 隆介 林 隆介 主担 グローバルEV本部 EVオペレーション部 日産自動車(株)
講演者プロフィール Speaker Profile
乗り物をこよなく愛し、世界中のありとあらゆる乗り物に乗りながら2007年より、EV関連の仕事に携わる。楽しいEV作りをモットーにいくつかのコンセプトカー作りに従事する。昨今はEVの新たな可能性を探り、世の中に提案すべく、コネクテッドビジネス立ち上げ、EVのカーシェアリング立ち上げ、スタートアップ投資、V2H等のEVの蓄電池としての活用を担当、また、各国政府のEV導入政策準備のサポートを行っている。昨年の台風15号で停電被害の大きかった千葉にも自らEVで電気を運び、複数施設に給電。台風19号では自らも避難を体験、災害時のEV活用の啓発にも力を入れ、EVで電気を運べることで生活が豊かになることのPRにも積極的に携わっている。

セミナー申込み Apply

本講演に興味をもたれた方は、こちらの講演もご覧になっています。 You may also be interested in the following session(s).

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

For any enquiries, please contact.

◆セミナーに関するお問合せ

受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く、12/29~1/3を除く)