火力発電 EXPO 特別講演

TPEX-S1 期待が集まるカーボンリサイクル技術
2月27日(木) 10:00 - 11:30
  • 受講無料/事前申込制
  • 同時通訳付  日/英

カーボンリサイクル技術と再生可能エネルギーの導入

近年、再エネ由来水素を活用したCO2の再資源化やメタン化が、CO2排出削減に対して重要な技術であるとして注目されている。この講演では、再生可能エネルギーに関する技術開発の現状やそれを用いた水素製造およびCO2の再資源化技術について解説し、今後の課題を議論する。
(国研)産業技術総合研究所 福島再生可能エネルギー研究所 所長 中岩 勝 中岩 勝 所長 福島再生可能エネルギー研究所 (国研)産業技術総合研究所
講演者プロフィール Speaker Profile
1980年3月京都大学工学部化学工学科卒業。1988年京都大学工学博士の学位を取得。
1980年に通商産業省工業技術院化学技術研究所に入所後、組織替えにより産業技術総合研究所(AIST)環境調和技術研究部門熱利用化学システムグループリーダーとして省エネルギー産業プロセス開発に従事後 環境化学技術研究部門長、産総研環境エネルギー分野研究副統括としてエネルギー研究全般を統括。新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)に出向しプロジェクトマネージャーおよびスマートコミュニティ部統括研究員を経て2017年から産総研福島再生可能エネルギー研究所所長。

セミナー申込み Apply

カーボンリサイクル実現に向けた新体制構築と今後の展望

カーボンリサイクルは、CO2を資源として捉え、これを分離・回収し、燃料や原料として再利用するものであり、世界のエネルギーアクセス改善と地球温暖化問題という世界規模の2つの大きな課題を同時解決するためのイノベーションとして期待されている。本特別講演では、カーボンリサイクルイノベーション創出に向けて、令和元年8月30日に民間ベースで設立された「一般社団法人カーボンリサイクルファンド」の設立経緯、現在の活動状況、今後の方針などについて紹介する。
(一社)カーボンリサイクルファンド 副会長 / 電源開発(株) 代表取締役会長 北村 雅良 北村 雅良 副会長 / (一社)カーボンリサイクルファンド 代表取締役会長 電源開発(株)
講演者プロフィール Speaker Profile
1947年、長野県で生まれる。東京大学経済学部卒業後、電源開発(株)(J-POWER)に入社。企画部長、常務、副社長を経て、2009年6月、代表取締役社長に就任。2016年より、同社代表取締役会長。2015年石炭エネルギーセンター(JCOAL)会長に就任。2019年8月、(一社)カーボンリサイクルファンド副会長に就任。

セミナー申込み Apply

本講演に興味をもたれた方は、こちらの講演もご覧になっています。 You may also be interested in the following session(s).

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

For any enquiries, please contact.

◆セミナーに関するお問合せ

受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く、12/29~1/3を除く)