前回(2020年)セミナープログラム

展示会名を選択ください

展示会

[関西]二次電池展 基調講演

BJ-K 2020年9月9日(水)   10:00  -  11:10

電動化するクルマと社会 ~電池技術と展望~

(一財)日本自動車研究所
顧問 永井 正夫

BMW Group Japan
BMWブランド・マネージメント・ディビジョン ブランド・コミュニケーション・マネージャー 京谷 麻矢

※講師及び講演内容が招待券から変更となりました。あらかじめご了承ください。(9月1日付)

[関西]二次電池展 特別講演

BJ-S1 2020年9月9日(水)   15:00  -  16:10

実用化が目の前に!全固体電池開発のイマを探る

(国研)産業技術総合研究所
エネルギー・環境領域 電池技術研究部門 総括研究主幹 小林 弘典

(株)村田製作所
デバイスセンター バッテリ開発部 チーフマテリアルリサーチャー 永峰 政幸
BJ-S2 2020年9月10日(木)   12:30  -  13:30

リチウムイオン電池と環境問題

旭化成(株)
名誉フェロー 吉野 彰
BJ-S3 2020年9月11日(金)   12:30  -  13:40

蓄電池が切り拓く新時代のスマートエネルギー構想

大阪府 バッテリー戦略推進センター
大阪府商工労働部 センター長 西村 尉辞

(株)エンビジョンAESCジャパン
常務執行役員 製品開発担当 明石 寛之

※講演者及び講演タイトルが上記に変更となりました。ご了承下さい。(9月11日付)

[関西]二次電池展 専門技術セミナー

9月9日(水)開催

11:45

12:30
BJ-1 リチウムイオン電池向け電解液の開発概要と将来展開
三菱ケミカル(株)

新エネルギー部門 リチウムイオン電池材料本部 電解液事業部 技術グループ グループマネジャー 徳田 浩之

講演内容・詳細

<講演内容>

LIBのxEV等への用途拡大に伴う、高容量化・長寿命・高入出力等の性能向上要求に対して、電解液には高度かつ多様な役割機能が必要とされている。本講演では、電解液技術の変遷並びに更なる高性能化に寄与する最新の技術動向を報告する。

<講演者プロフィール>

2006年4月、三菱化学(株)に入社。研究部門にて電池材料の研究開発に従事。
2018年4月、電解液事業部にて技術開発を担当、現在に至る。

13:30

14:15
BJ-2 xEV時代にLiBの事業性はいかにあるべきか?
(株)矢野経済研究所

モビリティ産業ユニット 兼 ソウル支社 事業部長 兼 ソウル支社長 稲垣 佐知也

講演内容・詳細

<講演内容>

xEV市場は急拡大している。しかし、市場の成長はマーケットニーズによるものではなく、政府政策に依存している。果たしてこの成長は本当に利益が出て、持続可能なものであるのか?当社では期待通りに市場が成長しなかったケースも想定し、xEV市場、LiB市場の今後のあり方について提言を行う。

<講演者プロフィール>

2000年8月、(株)矢野経済研究所に入社。インダストリアルテクノロジーユニット(その後、モビリティ産業ユニット)に所属し、レーザー、LED、レンズなど電子・光産業分野における調査活動に従事。その後、経済産業省、NEDO等での海外LiB関連政策、国家プロジェクト調査をきっかけにLiB関連業界を担当。定期的にLiB(IT、ESS、xEV)、主要四部材(正極材、負極材、電解液、セパレーター)に関するレポートを発刊。同時に同分野におけるカスタマイズリサーチ、及びコンサルティングも担当。国内外における様々な国際カンファレンスにおいて発表を行っている。 2011年から2014年までソウル支社支社長。2014年10月より現職となり、現在に至る。2007年7月、筑波大学大学院にて国際経営修士修了(MBA)。

9月10日(木)開催

10:00

10:45
BJ-3 硫化物系固体電解質の特徴と抵抗低減に向けた取組み
出光興産(株)

次世代技術研究所 固体電池材料研究室 主任研究員 樋口 弘幸

講演内容・詳細

<講演内容>

硫化物系固体電解質はそのイオン伝導度の高さが注目されがちであるが、加工性に優れることも電池作製上重要な特性である。我々はこの特徴に着目し加工条件と電気化学特性の関係を調査した。講演では本知見を利用したイオン伝導度向上および電極界面抵抗の低減技術について紹介する。

<講演者プロフィール>

1989年東京大学大学院工学系研究科修了。出光興産(株)に入社。研究開発部門に所属し、高分子材料開発に従事。2004年山形大学にて博士号(工学)を取得。2008年より硫化物系固体電解質を中心とした電池関連材料開発を担当し現在に至る。

15:15

16:00
BJ-4 黒鉛の5倍の重量比容量とエネルギー密度20%増加を可能にする「ナノシリコン複合負極材料」
Sila Nanotechnologies Inc.

Automotive Group VP カート ケルティー

講演内容・詳細

<講演内容>

リチウムイオン電池性能の進化は、ここ十年で鈍化している。従来の電極材料が理論の限界に近付く中、電池エネルギー密度の顕著な増加は、安全性や性能面で妥協しない限り実現しない。本講演では、革新的な完全代替品となるナノシリコン複合負極材料を取り上げる。黒鉛の代替品となる、5倍の重量比容量を持ち20%のエネルギー増加を可能にするというものである。比較対象となる最新のリチウムイオン電池は、ウェアラブルなポータブル電子機器・電気自動車の電力源として用いられている。このミクロンスケール負極材の特徴としては、優れた第1のサイクル効率、各サイクルにおける体積変化率、および電極部分の膨張が終始極端に低いことなどが挙げられる。これにより電池メーカーは、プレリチウム化なしで長サイクルにわたる安定性を実現できるようになる。

<講演者プロフィール>

Sila NanoのVP of Automotiveとして、自動車市場向けの事業開発、販売、マーケティングを率いる。電池業界で25年以上の経験を有し、11年間勤務したテスラでは、最後はSenior Director of Battery Technologyを務めた。その間、会社の電池活用戦略の策定、ロードスター、モデルS/X、モデル3への電池の搭載、Gigafactoryでのパートナーシップおよび材料調達に関する取り組みの主導等、多数の重要な試みの立役者となった。テスラに入社する以前は、パナソニックでDirector of Business Developmentを務め、U.S. battery R&D labを設立した。スワースモア大学で生物学士号、スタンフォード大学で理学修士号を取得。16件の特許の発明者である。

9月11日(金)開催

10:00

10:45
BJ-5 Liイオン二次電池の高安全化を実現するセパレータの最新技術
東レ(株)

BSF技術第1部 主席部員 山田 一博

講演内容・詳細

<講演内容>

84年東燃石油化学は高分子量PEゲル延伸で湿式微多孔膜を得る事に成功し、同年電池セパレータの特許を出願、91年ソニーの世界初の量産LIBに採用された。17年同事業は東レに継承。近年、用途は多様化しセパレータに対する要求も高度化している。最新技術動向を中心に概説する。

<講演者プロフィール>

名古屋大学大学院工学研究科修士課程修了、東燃石油化学(株)(現東燃化学(合))入社、99年より高分子微多孔膜セパレータの開発に従事、LIBセパレータ事業は東レ(株)に継承され現在に至る。

15:15

16:00
BJ-6 半固体(粘土状)電極が導く次世代型電池及び製造プラットフォーム技術
24M Technologies, Inc.

社長 兼 最高経営責任者 太田 直樹

講演内容・詳細

<講演内容>

リチウムイオン製造規模の拡大による低コスト化は既に飽和状態にある。また、安全性への懸念が高まっている。 一方で、28年前にソニーが導入したプロセスとデザインの基本は変わっていない。24Mは、更なるコスト低減と製品パフォーマンスを飛躍的に向上させる次世代の製造プラットフォームを提案する。

<講演者プロフィール>

2012年に24M社に最高技術責任者として加入し、今年5月に社長に就任。1990年大阪府立大学 応用化学科卒業。長瀬産業にてリチウムイオン電池に関する新規事業開発グループを立ち上げた後の1999年に渡米。衛星及び医療用リチウムイオン電池会社:Quallion 設立に携わる。2005年から2012年の間に、Ener1社の最高執行責任者/最高技術責任者とEnerDel社の社長を兼任し、NASDAQへの上場を果たす。アルゴンヌ研究所との共同研究で2008年にR&D100を受賞。

[関西]太陽光発電展 基調講演

PV-K 2020年9月9日(水)   12:30  -  13:40

主力電源としての展開を始める2020年代の太陽光発電

経済産業省
資源エネルギー庁 新エネルギー課 課長 清水 淳太郎

環境省
地球環境局 地球温暖化対策課長 小笠原 靖

※講演者及び講演タイトルが上記に変更となりました。ご了承下さい。(9月9日付)

[関西]太陽光発電展 特別講演

PV-S1 2020年9月11日(金)   10:00  -  11:10

太陽光発電 これからの市場展望

リニューアブル・ジャパン(株)
代表取締役社長/ (一社)再生可能エネルギー長期安定電源推進協会 会長理事 眞邉 勝仁

(株)資源総合システム 
代表取締役 一木 修
PV-S2 2020年9月11日(金)   15:00  -  16:10

自家消費型太陽光の最前線

NTTアノードエナジー(株)
取締役 スマートエネルギー事業本部長 谷口 直行

積水化学工業(株)
住宅カンパニー 広報・渉外部 技術渉外グループ長 塩 将一

[関西]太陽光発電展 ビジネス戦略セミナー

PV-X1 2020年9月10日(木)   10:00  -  11:00

太陽光新時代の先駆けへ! 業界キーマンが掲げるビジョン

(株)エクソル
代表取締役社長/ (一社)太陽光発電協会(JPEA) 理事 鈴木 伸一

ネクストエナジー・アンド・リソース(株)
エネルギーイノベーション営業本部 取締役 兼 本部長 太田 栄二
PV-X2 2020年9月10日(木)   15:00  -  16:00

急成長待ったなし!太陽光の最新ビジネスの核心に迫る

東芝エネルギーシステムズ(株)
グリッド・アグリゲーション事業部 参事 峯岸 利明

(株)エコスタイル
代表取締役 社長執行役員 木下 公貴

自家消費型太陽光 導入セミナー

9月9日(水)開催

10:00

10:45
PV-1 自家消費型太陽光 導入のポイント
(株)エネテク

関東支店 支店長 野口 貴司

講演内容・詳細

<講演内容>

近年注目されている自家消費型太陽光発電システムの提案のポイントや、売電型太陽光発電システムとの違いを、分かりやすくご紹介する。また、実際の導入事例も複数ご紹介し、具体的な自家消費太陽光のイメージができるように解説する。

<講演者プロフィール>

1997年早稲田大学卒。前職で原子力発電所事故の賠償業務等に従事した後、自然エネルギーの普及促進を志して(株)エネテクに入社。同社の展開する太陽光メンテナンスサービス『ソラパト』を通じ、適切な太陽光メンテナンスの必要性を説く。また、近年注目される自家消費型太陽光発電システムについても、同社の主力事業である電気設備工事業の施工経験を踏まえた提案に努め、現在に至る。

15:15

16:00
PV-2 「地産地消」型太陽光発電 導入課題と対策、期待される活用について
丸紅(株)

化学品第四部 エレクトロニクス第一課 担当課長 尾形 仁

講演内容・詳細

<講演内容>

自社施設で発電した電気を消費・活用する地産地消型太陽光発電システムは環境・電力代削減・BCP対策等の幅広いニーズを有するが、設置場所や経済性等の課題がある。産業用蓄電池の活用や自己託送による導入等、事例を元に対策や今後の展望を紹介する。

<講演者プロフィール>

2008年 丸紅(株)入社。国内外にて化学品等のトレーディング、マーケティングや事業会社運営等に従事。2019年4月より自家消費型発電ビジネス構築の為、社内コンソーシアムに参画、屋根上等に太陽光発電システムを設置し電力を使用する自家消費型太陽光発電システムの導入展開を担当。他、産業用蓄電池や小型風力発電等を担当し、現在に至る。

9月10日(木)開催

11:45

12:30
PV-3 自家消費時代の太陽光・蓄電池の活用方法について
(株)村田製作所

営業本部 日本営業統括部 エナジーシステム営業部 エナジーシステム販売1課 シニアマネージャー 豊原 秀彦

講演内容・詳細

<講演内容>

太陽光発電は余剰売電から、自家消費へ。FIT価格の下落に伴い、住宅における太陽光発電のニーズは、自家消費率最大化が中心となりつつある。Li-ion二次電池選定の狙いなど、新時代到来に向けた村田製作所の製品開発の取り組みを紹介する。

<講演者プロフィール>

日系・外資系パワーコンディショナメーカーの企画・営業責任者を歴任し、2018年3月 (株)村田製作所入社。ムラタオリジナルブランド ハイブリッドパワーコンディショナの事業化に参画。マーケティング・営業責任者として従事中。

13:30

14:15
PV-4 電気代削減だけじゃない!「自家消費型再エネ導入」のポイントとは?
(株)Looop

再エネ事業本部 自家消費事業部 営業課 主任 青木 佑司

講演内容・詳細

<講演内容>

電気代削減の有効な手段として注目されている、太陽光発電システムの導入。実は電気代削減以外にもメリットがあり、ビジネスチャンスである事をご存知でしょうか?導入による9つのメリット+販売会社選びポイントをコンパクトにまとめて紹介する。

<講演者プロフィール>

外資系大手太陽光モジュールメーカーに5年の勤務経験を経て、(株)Looopへ入社。法人向けに卒FIT後の自家消費型太陽光発電システムの導入提案や、導入事例を交えた失敗しないポイントなど、再エネ導入を検討する企業向けにセミナー活動を全国で行っている。

9月11日(金)開催

13:30

14:15
PV-5 MLPEを用いた屋根上太陽光システムの直流安全性と自家消費アプリケーション
ソーラーエッジテクノロジージャパン(株)

テクニカルマーケティング アシスタントディレクター 永沢 健

講演内容・詳細

<講演内容>

売電から自家消費へと変化している世界の太陽光発電市場で求められている屋根上太陽光システムの直流安全性を概説。その他、逆潮流制御や設計の自由度、さらにはO&M、発電量に関しても優位性を持つMLPEについてソーラーエッジソリューションを中心に概説する。

<講演者プロフィール>

テュフラインランドジャパン(株)PVラボ、サンパワージャパン(株)などを経て2016年より現職。

太陽光 投資・資産運用 セミナー

受講希望の方は、講演開始時間までに直接セミナー会場へお越しください。  ※事前申込は不要        [セミナー会場] 3号館内 特設会場

9月9日(水)開催

10:30

11:15
INV-1 まだまだチャンスはある。FIT発電所拡大のポイント
(株)船井総合研究所

小郷 航輝

9月10日(木)開催

10:30

11:15
INV-2 ラストチャンス!今から始める将来の備え、サラリーマン太陽光投資
(株)メディオテック

取締役 浅野 瑞基

9月11日(金)開催

10:30

11:15
INV-3 ラストチャンス!今から始める将来の備え、サラリーマン太陽光投資
(株)メディオテック

取締役 浅野 瑞基

太陽光発電 O&Mセミナー

受講希望の方は、講演開始時間までに直接セミナー会場へお越しください。  ※事前申込は不要        [セミナー会場] 3号館内 特設会場

9月9日(水)開催

13:00

13:45
OM-1 厳しい気象条件に対応するためのO&M
アドラーソーラーワークス(株)

マーケティング営業部 次長 原田 幸司
15:30

16:15
OM-2 次のステージに突入したO&M業界の現状とこれから
(株)afterFIT

代表取締役 谷本 貫造

9月10日(木)開催

13:00

13:45
OM-3 今から備える!運転維持費用は大きくアップします
(一社)新エネルギーO&M協議会

専務理事 大門 敏男
15:30

16:15
OM-4 太陽光発電所の再生と事業の長期安定運用について
(株)CO2O

事業本部長 森本 晃弘

9月11日(金)開催

13:00

13:45
OM-5 低コスト・高信頼性を両立する、次世代型O&Mの秘訣
(株)エナジービジョン

代表取締役 奥山 恭之
15:30

16:15
OM-6 太陽光発電所の運営・管理 ~パフォーマンス向上へO&Mと資産管理業務(AM)連携と課題
juwi自然電力オペレーション(株)

営業・管理部 部長 上村 康裕

[関西]スマートグリッドEXPO 基調講演

SG-K 2020年9月10日(木)   10:00  -  10:40

今だから求められる電力レジリエンスのあり方

関西電力(株)
理事 地域エネルギー本部 副本部長 奥戸 義昌

[関西]スマートグリッドEXPO 特別講演

SG-S1 2020年9月9日(水)   10:00  -  11:10

業界トップが語る分散エネルギー社会構築への挑戦

東京電力パワーグリッド(株)
経営企画室 エネルギーリソースアグリゲーションビジネス(ERAB)統括/ スマートレジリエンスネットワーク 運営事務局長 今田 博己

大阪ガス(株)
エナジーソリューション事業部 開発部長 吉村 和彦
SG-S2 2020年9月9日(水)   15:00  -  16:10

EVと電力グリッドの融合!その可能性と課題とは

東北電力(株)
事業創出部門 スマート社会実現ユニット マネージャー 恩田 徳雄

※講演者が上記に変更となりました。ご了承下さい。(7月16日付)


日産自動車(株)
渉外部 担当部長 吉田 誠
SG-S3 2020年9月10日(木)   15:00  -  16:10

VPPの現在地と描かれる未来図

四国電力(株)
事業開発室 新技術活用プロジェクトチームリーダー 溝渕 大介

東芝エネルギーシステムズ(株)
グリッド・アグリゲーション事業部 エネルギーIoT推進部 部長 新貝 英己
SG-S4 2020年9月11日(金)   10:00  -  11:10

電力取引の次世代プラットフォームが生み出す価値

(株)エナリス
エナリスみらい研究所 ディレクター 兼 アグリゲーションビジネスプロジェクト プロジェクトマネージャ 平尾 宏明

デジタルグリッド(株)
代表取締役社長 豊田 祐介
SG-S5 2020年9月11日(金)   15:00  -  16:10

AI・IoTがここにも!電力インフラのデジタル革命

(株)NTTデータ
テレコム・ユーティリティ事業本部 ユーティリティ事業部 第二統括部 デジタルプラットフォーム担当 部長 吉荒 靖高

三菱重工業(株)
エナジードメイン 新エナジー企画室 主幹プロジェクト統括 榎本 智之

[関西]スマートグリッドEXPO 専門技術セミナー

9月9日(水)開催

11:45

12:30
SG-1 「自らつくる」で⽬指すRE100への挑戦と再エネ100%のまちづくり
大和ハウス工業(株)

環境部  部長 小山 勝弘

講演内容・詳細

<講演内容>

住宅・建設業界において世界で初めてEP100(エネルギー効率2倍)、RE100(再エネ100%)の双方に参画した大和ハウスグループ。「⾃らつくる」を掲げて取組むRE100への挑戦と、より幅広い社会実装を目指し千葉県で取組む「再エネ100%のまちづくり」についてご紹介する。

<講演者プロフィール>

1992年京都大学工学部精密工学科卒、同年大和ハウス工業入社。入社後、夜間大学で建築を学び、「大和ハウス大阪ビル」「石橋信夫記念館」など、大型建築プロジェクトの設計・デザインを担当。05年に竣工した「大和ハウス東北工場管理棟」では、ゼロエミッションの提唱者;グンター・パウリ氏と協働し、ありづかの仕組みを取り入れた自然共生型オフィスを開発。これをきっかけに自ら志願し、06年に環境部へ異動。大和ハウスグループの環境マネジメントを統括する同部門にて、環境経営戦略の立案、温暖化対策の推進等を担当。15年から現職。一級建築士、CASBEE評価員。

13:30

14:15
SG-2 スマートリモコンからの電力革命
Nature(株)

代表取締役CEO 塩出 晴海

講演内容・詳細

<講演内容>

スマートリモコンNature Remoを発売から2年間で10万台を売り上げたNatureが、昨年末にHEMS端末Nature Remo Eを発売。これまでの事業と、今後、この新製品により実現する未来像について語る。

<講演者プロフィール>

13才の頃にインベーダーゲームを自作、2008年にスウェーデン王立工科大学でComputer Scienceの修士課程を修了、その後3ヶ月間洋上で生活。三井物産に入社し、途上国での電力事業投資・開発等を経験。2016年ハーバード・ビジネス・スクールでMBA課程を修了。ハーバード大在学中にNatureを創業。

9月10日(木)開催

11:45

12:30
SG-3 脱炭素社会に向けたエネットの電気と付加価値サービスの紹介
(株)エネット

取締役営業本部長 野崎 洋介

講演内容・詳細

<講演内容>

CO₂排出量低減メニューEnneGreen 、オンサイト型太陽光発電による電力供給サービスEnnetSolarなど、脱炭素社会に向けたエネットの電気と付加価値サービスをご紹介。エネルギーとICTを組み合わせ、CO₂削減や環境負荷の低減、お客さまの利便性向上を支援する。

<講演者プロフィール>

(株)エネット 取締役 営業本部長。1989年3月、東北大学大学院 機械工学専攻卒業。 同年4月、日本電信電話(株)へ入社。通信用電力変換装置、高電圧直流給電システムや太陽光発電及び燃料電池システム等に関する技術開発に従事。2012年10月より(株)NTTファシリティーズ ソーラープロジェクト本部にて太陽光発電のSI事業及び発電事業を推進。2017年7月より、上記に加え太陽光発電事業や電力小売事業を含むスマートエネルギー全般の推進。2019年6月より現職。

VPP実証事業 報告セミナー

9月9日(水)開催

10:00

10:45
VPP-1 テスラエナジープロダクト・VPPに関するご紹介
Tesla Motors Japan(同)

エナジープロダクト カントリーマネージャー 浅倉 眞司

講演内容・詳細

<講演内容>

テスラのミッション「持続可能なエネルギーへ世界のシフトを加速する」および、エナジープロダクツ(家庭用蓄電池 Powerewall、産業用蓄電池 Powerpack・Megapack)の概要、そして国内外における導入事例やVPPへの活用事例等について講演する。

<講演者プロフィール>

1981年(株)IHI航空エンジン事業部入社。1993年にGE Power Systemsに入社、2006年よりエナジーアプリケーションエンジニアリング・アジアパシフィックリージョンリーダーとしてインド・中国を除くアジアパシフィックの国におけるエナジービジネスの営業・技術を統括。2011年にGEグローバルリサーチセンター 先端テクノロジー・プロジェクト開発担当マネージャーに就任、2012年よりグローバルリサーチセンター日本代表に就任し、2017年4月に退任。2018年5月より、Tesla社エナジープロダクツの日本カントリーマネジャー就任。

15:15

16:00
VPP-2 分散エネルギーを活かす地域づくりへの挑戦
自然電力(株)

未来創造室 マネージャー 松村 宗和

講演内容・詳細

<講演内容>

分散エネルギーを活かす地域づくりにデジタル技術は欠かせないか。本講演では、系統の周波数調整と需要家の電気代削減を同時に実現するVPPシステムと地域新電力「ながの電力」でのICT/IoTを活用した次世代インフラ構想をご紹介する。

<講演者プロフィール>

東京大学中退。2009年、ブルー・マーリン・パートナーズ(株)に参画し取締役COOとして金融情報サービスを開発、翌年GMOクリック証券(株)の事業買収に伴い同社子会社(株)シェアーズ代表取締役CEOに就任する。2012年アステリア(株)にモバイル関連サービスのプロダクトマネージャーとして入社し、米国子会社ジェネラルマネージャーやマーケティング部長、IoT関連サービスの事業部長などを務める。2018年、自然電力に参画し、現在に至る。

9月10日(木)開催

13:30

15:00
VPP-4 関西電力送配電とNECが目指すVPPの未来
『関西電力送配電におけるVPP実証の取組みについて』

関西電力送配電(株) 企画部 担当部長(新規事業) 芦谷 武彦

講演内容・詳細

<講演内容>

関西電力送配電は約1万台規模の蓄電池を秒単位で制御(周波数制御)する技術開発およびVPP実証に取り組んでいる。本講演では、昨年度までの周波数制御の実証結果および今年度の実証概要のご紹介と今後の取組みについてご紹介する。

<講演者プロフィール>

1994年3月慶應義塾大学大学院理工学研究科電気工学専攻修了
1994年4月関西電力に入社。主に設備形成・保守、系統運用業務等に従事
2001年より渡米し、通信事業、VC投資等を調査
2003年に帰国後、グループ経営推進室にて、燃料電池、風力開発等の新規事業に従事
2018年より送配電関連の新規事業領域を担当
スタンフォード大学客員研究員(2001年)。神戸大学大学院経営学研究科現代経営学専攻修了(2005年)。

『K-LIBRAを支えるコア技術 ~NECが目指すVPPの未来~』

日本電気(株) 第二都市インフラソリューション事業部 シニアエキスパート/アドバンストテクノロジスト 工藤 耕治

講演内容・詳細

<講演内容>

需要家側の様々な分散エネルギーリソースを活用し、発電所のように機能させるVPPが注目されている。本講演では、関西電力送配電(株)様のVPPサービスプラットフォーム(K-LIBRA)を支えるNECの技術、及び開発を進めているRA向け汎用VPPサービスプラットフォームについて紹介する。

<講演者プロフィール>

1994年3月東京工業大学大学院電子物理工学専攻博士課程修了。同年日本電気(株)に入社。2009年度のNEDO米国ニューメキシコ州における日米スマートグリッド実証プロジェクトへの参画を皮切りに、蓄電池やEVを中心とした分散エネルギーリソースのマネジメント技術開発に従事。V2G技術、需要家側蓄電池群を用いたDR技術、周波数制御技術など、様々なVPPサービスへ向けた技術開発を推進。現在に至る。

9月11日(金)開催

10:00

10:45
VPP-5 欧州における商用VPPシステム構築事例に見るビジネス化へのアプローチ
ABB日本べーレー(株)

デジタル推進室 室長 小西 幸雄

講演内容・詳細

<講演内容>

需給調整市場を含む自由化が先行する欧州において6GW超のVPPの運用を支えるソリューション、EVと連携したスマートシティにおける事例やMission to Zero達成を目指したCO2ニュートラルな工場を支えるEMSなど、グリッドエッジにおけるエネルギーの運用と商用化に関するABBの取組みを紹介する。

<講演者プロフィール>

2006年東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻修了。同年ABB(株)入社、プロセスオートメーション事業にてプラント向け制御装置や計測機器の販売などを手掛ける。現在はABB日本ベーレー(株)のデジタル推進室長として、発電産業におけるデジタル技術を活用したビジネス促進に注力し、火力発電所における付加価値向上、VPPやエネルギーマネジメントシステムの事業開発に努める。また、ABBグローバルのデジタル関連ビジネスチームの一員として、グローバルでの実績の日本市場への取り込みを図る。

13:30

14:15
VPP-7 NTTスマイルエナジーにおける家庭用蓄電池を用いたVPP構築実証事業の取組み
(株)NTTスマイルエナジー

取締役 価値づくり本部長 川村 暢

講演内容・詳細

<講演内容>

NTTスマイルエナジーは、リソースアグリゲーターとして初年度VPP構築実証事業に参画し、アグリゲーションコーディネーターからの指示に基づく制御精度向上に取り組んでいる。具体的な取組み内容や取組みから見えた課題、そして対策等について講演する。

<講演者プロフィール>

1998年4月、日本電信電話(株)に入社。同社 研究所にて、交換機開発、サーバ開発、宅内機器開発に取組み、(株)NTTネオメイト経営企画部、(株)NTTスマイルエナジー技術システム開発部長を経て、現在に至る。

15:15

16:00
VPP-6 VPPがsonnenBatteriesからsonnenCommunityを構築するまで
sonnen Japan(株)

ビジネスディベロップメント 代表取締役 アドリ ポルス

※セッション時間が招待券から変更となりました。あらかじめご了承ください。(8月26日付)

講演内容・詳細

<講演内容>

ヨーロッパにおける家庭用蓄電池のマーケットリーダーであるsonnenが家庭用蓄電池をどの様に活用することで各国でVPP事業を展開しているのか?各国の事例紹介を通じて、sonnenが単なる蓄電池メーカーではなく、ビジネスを展開している事例を紹介する。

<講演者プロフィール>

sonnen本社に勤務しており、各国における事業開発の責任を担うVice President

[関西]バイオマス展 基調講演

BM-K 2020年9月9日(水)   12:30  -  13:40

我が国の林業とバイオマス発電

林野庁
木材利用課長 長野 麻子

住友林業(株)
資源環境事業本部 環境・エネルギー部 技師長 安藤 祥一

[関西]バイオマス展 特別講演

BM-S 2020年9月11日(金)   12:30  -  13:40

バイオマス資源の利活用と地産地消ビジネス

ヤンマーエネルギーシステム(株)
代表取締役社長(CEO:最高経営責任者) 山本 哲也

(株)Jバイオフードリサイクル
代表取締役社長 蔭山 佳秀

中小型バイオマス発電 導入セミナー

受講希望の方は、講演開始時間までに直接セミナー会場へお越しください。  ※事前申込は不要        [セミナー会場] 3号館内 特設会場

9月9日(水)開催

10:30

11:30
BM-1
林業×バイオマス事業
シン・エナジー(株)

バイオマス部 副部長 山元 悠太 バイオマス部 主任 若井 百香
14:00

15:00
BM-2
バイオガスを進める仕組みづくり
バイオマスリサーチ(株)

代表取締役 菊池 貞雄
大原鉄工所のバイオマス利活用技術のご紹介
(株)大原鉄工所

営業本部 環境営業部 部長 齋藤 忍
15:30

16:30
BM-3
湿式・乾式のメタン発酵技術及び産業廃棄物処理専用の機器の提供に関して
NASKEO環境(株)

国際事業 マネージャー フェリックス ポルチェ
バイオマス利活用の熱技術
関西産業(株)

開発営業部 轟 晃成

9月10日(木)開催

10:30

11:30
BM-4
当社が目指すエネルギー自立型サスティナブルの展開
高砂熱学工業(株)

環境事業開発部 環境事業推進室 課長代理 元田 治
消化液処理が要らない!環境先進国ドイツ製乾式メタン発酵プラント「ビーコン」
(株)KSバイオマスエナジー

COO 中村 茂
12:30

13:30
BM-5
バイオマス発電の現状と課題 (仮)
(一社)日本木質バイオマスエネルギー協会

専門調査員 川越 裕之
最新のバイオマス発電について
(株)タクマ

エネルギー本部プラント2部1課 文谷 恭平
14:00

15:00
BM-6
小型メタンガス発電システムのご案内
(株)ヴァイオス

新規事業推進課 課長代理 森光 俊仁
未利用木材のペレット化とガス化発電
三洋貿易(株)

機械・資材事業部 バイオマスグループ プロジェクトリーダー 五十嵐 大徳
15:30

16:30
BM-7
薪ボイラーで暮らしをつくる 家庭用薪ボイラーと貯湯タンクユニットのご紹介
(株)森の仲間たち

取締役 森 大顕
日欧比較から分かった我が国におけるバイオマス熱利用普及の条件とは? (仮)
(株)森のエネルギー研究所

プランナー 高橋 叶

9月11日(金)開催

10:30

11:30
BM-8
2050年を想像してみよう ~循環型社会をゴールから考える~
(特非)木野環境

代表理事 丸谷 一耕
ラボテストから見たバイオガス事業の現状
(株)バイオガスラボ

代表取締役 三崎 岳郎
14:00

15:00
BM-9
ESG投資を呼び込む、SDGsの実現を目指したバイオマス発電・熱供給事業への取組動向
(株)森のエネルギー研究所

取締役 菅野 明芳
環境モニタリングシステムOKIPPA Greenの活用事例紹介 (仮)
西松建設(株)

新規事業推進部 課長 永山 智之
15:30

16:30
BM-10
木質バイオマスの乾燥に関する技術のご紹介
(株)日比谷アメニス

環境エネルギー部 黒澤 真歩

[関西]スマートグリッドEXPO 基調講演

SG-K 2020年9月10日(木)   10:00  -  10:40

今だから求められる電力レジリエンスのあり方

関西電力(株)
理事 地域エネルギー本部 副本部長 奥戸 義昌

[関西]スマートグリッドEXPO 特別講演

SG-S1 2020年9月9日(水)   10:00  -  11:10

業界トップが語る分散エネルギー社会構築への挑戦

東京電力パワーグリッド(株)
経営企画室 エネルギーリソースアグリゲーションビジネス(ERAB)統括/ スマートレジリエンスネットワーク 運営事務局長 今田 博己

大阪ガス(株)
エナジーソリューション事業部 開発部長 吉村 和彦
SG-S2 2020年9月9日(水)   15:00  -  16:10

EVと電力グリッドの融合!その可能性と課題とは

東北電力(株)
事業創出部門 スマート社会実現ユニット マネージャー 恩田 徳雄

※講演者が上記に変更となりました。ご了承下さい。(7月16日付)


日産自動車(株)
渉外部 担当部長 吉田 誠
SG-S3 2020年9月10日(木)   15:00  -  16:10

VPPの現在地と描かれる未来図

四国電力(株)
事業開発室 新技術活用プロジェクトチームリーダー 溝渕 大介

東芝エネルギーシステムズ(株)
グリッド・アグリゲーション事業部 エネルギーIoT推進部 部長 新貝 英己
SG-S4 2020年9月11日(金)   10:00  -  11:10

電力取引の次世代プラットフォームが生み出す価値

(株)エナリス
エナリスみらい研究所 ディレクター 兼 アグリゲーションビジネスプロジェクト プロジェクトマネージャ 平尾 宏明

デジタルグリッド(株)
代表取締役社長 豊田 祐介
SG-S5 2020年9月11日(金)   15:00  -  16:10

AI・IoTがここにも!電力インフラのデジタル革命

(株)NTTデータ
テレコム・ユーティリティ事業本部 ユーティリティ事業部 第二統括部 デジタルプラットフォーム担当 部長 吉荒 靖高

三菱重工業(株)
エナジードメイン 新エナジー企画室 主幹プロジェクト統括 榎本 智之

[関西]太陽光発電展 基調講演

PV-K 2020年9月9日(水)   12:30  -  13:40

主力電源としての展開を始める2020年代の太陽光発電

経済産業省
資源エネルギー庁 新エネルギー課 課長 清水 淳太郎

環境省
地球環境局 地球温暖化対策課長 小笠原 靖

※講演者及び講演タイトルが上記に変更となりました。ご了承下さい。(9月9日付)

[関西]太陽光発電展 特別講演

PV-S1 2020年9月11日(金)   10:00  -  11:10

太陽光発電 これからの市場展望

リニューアブル・ジャパン(株)
代表取締役社長/ (一社)再生可能エネルギー長期安定電源推進協会 会長理事 眞邉 勝仁

(株)資源総合システム 
代表取締役 一木 修
PV-S2 2020年9月11日(金)   15:00  -  16:10

自家消費型太陽光の最前線

NTTアノードエナジー(株)
取締役 スマートエネルギー事業本部長 谷口 直行

積水化学工業(株)
住宅カンパニー 広報・渉外部 技術渉外グループ長 塩 将一

[関西]太陽光発電展 ビジネス戦略セミナー

PV-X1 2020年9月10日(木)   10:00  -  11:00

太陽光新時代の先駆けへ! 業界キーマンが掲げるビジョン

(株)エクソル
代表取締役社長/ (一社)太陽光発電協会(JPEA) 理事 鈴木 伸一

ネクストエナジー・アンド・リソース(株)
エネルギーイノベーション営業本部 取締役 兼 本部長 太田 栄二
PV-X2 2020年9月10日(木)   15:00  -  16:00

急成長待ったなし!太陽光の最新ビジネスの核心に迫る

東芝エネルギーシステムズ(株)
グリッド・アグリゲーション事業部 参事 峯岸 利明

(株)エコスタイル
代表取締役 社長執行役員 木下 公貴

[関西]二次電池展 基調講演

BJ-K 2020年9月9日(水)   10:00  -  11:10

電動化するクルマと社会 ~電池技術と展望~

(一財)日本自動車研究所
顧問 永井 正夫

BMW Group Japan
BMWブランド・マネージメント・ディビジョン ブランド・コミュニケーション・マネージャー 京谷 麻矢

※講師及び講演内容が招待券から変更となりました。あらかじめご了承ください。(9月1日付)

[関西]二次電池展 特別講演

BJ-S1 2020年9月9日(水)   15:00  -  16:10

実用化が目の前に!全固体電池開発のイマを探る

(国研)産業技術総合研究所
エネルギー・環境領域 電池技術研究部門 総括研究主幹 小林 弘典

(株)村田製作所
デバイスセンター バッテリ開発部 チーフマテリアルリサーチャー 永峰 政幸
BJ-S2 2020年9月10日(木)   12:30  -  13:30

リチウムイオン電池と環境問題

旭化成(株)
名誉フェロー 吉野 彰
BJ-S3 2020年9月11日(金)   12:30  -  13:40

蓄電池が切り拓く新時代のスマートエネルギー構想

大阪府 バッテリー戦略推進センター
大阪府商工労働部 センター長 西村 尉辞

(株)エンビジョンAESCジャパン
常務執行役員 製品開発担当 明石 寛之

※講演者及び講演タイトルが上記に変更となりました。ご了承下さい。(9月11日付)

[関西]バイオマス展 基調講演

BM-K 2020年9月9日(水)   12:30  -  13:40

我が国の林業とバイオマス発電

林野庁
木材利用課長 長野 麻子

住友林業(株)
資源環境事業本部 環境・エネルギー部 技師長 安藤 祥一

[関西]バイオマス展 特別講演

BM-S 2020年9月11日(金)   12:30  -  13:40

バイオマス資源の利活用と地産地消ビジネス

ヤンマーエネルギーシステム(株)
代表取締役社長(CEO:最高経営責任者) 山本 哲也

(株)Jバイオフードリサイクル
代表取締役社長 蔭山 佳秀

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

For any enquiries, please contact.

◆セミナーに関するお問合せ

受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く)