×

セミナープログラム

│キーワードで選択する
>> 検索条件のクリア
DX ×
5G・6G ×
AI ×
半導体・IoT ×
ライブコマース・SNS ×
CX向上 ×
非接触UI ×
人材育成 ×
  インサイド   セールス ×
セキュリティ ×
│日付で選択する
10月27日 ×
10月28日 ×
10月29日 ×
検索条件に該当するセッションがありません
検索条件:
検索条件をクリア

基調講演

有料
残席わずか
残席わずか
有料
2021年10月27日(水)
 
10:00
 - 
10:45
JIW-K
アフターコロナを生き抜く、企業の最新DX戦略
データドリブンなデジタル・トランスフォーメーションを実践したクラウド活用事例
日本オラクル(株)
執行役社長
三澤 智光

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

不確実な時代を生き抜くため企業は更にデータを活用し、環境の変化に追従するために俊敏性の高いシステムの選択が急務となっている。同社がクラウドビジネスを通じて支援する企業のデータドリブンなDXの実績を、国内外の最新事例を中心に各企業がどのような変化を成し得ているか、様々な角度から紹介する。

講演者プロフィール

1987年 4月 富士通株式会社入社
1995年 5月 日本オラクル株式会社入社
2000年 8月 日本オラクル株式会社 執行役員 パートナー営業本部長 兼 ソリューション統括部長
2006年 6月 日本オラクル株式会社 常務執行役員 システム製品統括本部長 兼 マーケティング本部長
2011年 6月 日本オラクル株式会社 専務執行役員 テクノロジー製品事業統括本部長
2014年12月 日本オラクル株式会社 副社長 執行役員 データベース事業統括
2015年12月 日本オラクル株式会社 執行役 副社長 クラウド・テクノロジー事業統括
2016年 3月 日本オラクル株式会社退任
2016年 7月 日本アイ・ビー・エム株式会社 取締役 専務執行役員 IBM クラウド事業本部長
2020年 4月 日本アイ・ビー・エム株式会社 取締役 専務執行役員 事業開発&テクニカル・エキスパート本部担当
2020年10月 オラクル・コーポレーション シニア・バイス・プレジデント
2020年12月 日本オラクル株式会社 執行役 社長

閉じる▲

お申込み 
枚数:
料金:¥19000
料金:¥19000

特別講演

無料
無料
2021年10月27日(水)
 
10:30
 - 
11:30
JIW-S1
スーパーアプリ最新動向
事例にみるスーパーアプリの浸透と中国のデジタル化(仮)
アリババ(株)
取締役
蒋微筱 (ジャン・ウェイシャオ)

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

世界規模で起こっているデジタル化の波において最も進んだ国の1つである中国の実情を紹介。中国消費者のライフスタイルのデジタル化、“スーパーアプリ”といったインターネット・サービスの利用率向上によってもたらされた新たな機会を活かしている事例を通じて、日本企業のデジタル化のヒントを提起する。

講演者プロフィール

2010年アリババグループに入社後、同社傘下のグローバルB2B事業の「Alibaba.com(アリババドットコム)」、E コマースの「T モール」、旅行プラットフォームの「Fliggy(フリギー)」など、複数の事業部でキャリアを積み、2018年よりアリペイジャパンの事業拡大に携わる。QR コード決済「Alipay(アリペイ)」の導入拡大や、デジタルツールを用いた訪日客向けマーケティングの企画提案に注力。

閉じる▲


LINEのスーパーアプリ基盤を活用したUX/DX改革
LINE(株) 執行役員 AIカンパニー /カンパニーCEO 砂金 信一郎

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

8800万人の月間アクティブユーザーを抱え、世代を超えて日本のコミュニケーションを支えるインフラとなったLINE。オンライン・オフライン問わず、24 時間365日いつでもどこでも、自分が必要とする人や情報・サービス、企業・ブランドと、LINEによってシームレスに繋がり、店舗などのオフライン体験も含めユーザーの生活がより豊かになる事を目指している。スーパーアプリを支える「スマートポータル」構想について、AI事業責任者が語る。

講演者プロフィール

東工大卒業後、日本オラクルにて新規事業開発、ローランド・ベルガーで戦略コンサルタント、リアルコムで製品マーケティング責任者を経験。その後クラウド黎明期からエバンジェリストとしてMicrosoft Azureの技術啓蒙やスタートアップ支援を積極的に推進した後、現職。2020年より、AIカンパニーCEOに就任。2019年度より政府CIO補佐官を兼任。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
無料
2021年10月27日(水)
 
11:45
 - 
12:45
JIW-S2
営業 × IT
2025年のデジタルID社会とは
~電子契約No.1事業者が見る、ニューノーマル時代の新たな社会基盤とは~
GMOグローバルサイン・ホールディングス(株) 代表取締役社長 青山 満

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

昨今様々な業務のDX化により、オンライン上で本人を特定し、安全かつ簡便に取引を行うための手段として「デジタルID」が不可欠となってきている。今後マイナンバーカードの普及が急激に進み、重要性が更に増す中、世界展開する唯一の国産認証局を内部にもつ同社より、電子契約で培った実績を踏まえニューノーマル時代の新たな社会基盤として何が実現できるのか、次なるビジョンを解説する。

講演者プロフィール

1967年、福井県生まれ。1989年、東海大学卒業後、航空機器制御コンピュータの開発エンジニアとして航空機のシステム設計に携わる。その後独立し、米国にてスノーボードメーカーを設立。自社ホームページを運営する中、ホスティングサービスの将来性に魅力を感じ「株式会社アイル(現GMOグローバルサイン・ホールディングス)」を創業し現在に至る。
2001年、資本提携によりGMOインターネットグループの傘下となる。2014年には、東証一部上場を果たす。現在は電子認証・印鑑、クラウドインフラ、DXの3つの事業を米国、英国、インド、中国など世界11ヶ国で展開。

閉じる▲


ニューノーマル時代の法人営業必須戦略「インサイドセールス」
~成否を分けるのはデータ主導の組織づくり~
SALES ROBOTICS(株) 代表取締役CEO/
(株)ヒト・コミュニケーションホールディングス
執行役員CIO
内山 雄輝

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

足で稼ぐのが当然だった法人営業も、コロナ禍の影響で様変わりし、受注までの様々な工程を非対面で取り組む企業は多い。ITを活用することで、かなりの工程を効率化・半自動化することが可能だが、それらに取り組む際に気を付けたい 体制の構築方法や管理方法などのナレッジを紹介する。

講演者プロフィール

1981年、静岡県湖西市出身。2004年、早稲田大学第一文学部中国語・中国文学専修卒業。同年、株式会社WEICを設立。2005年、中国市場開拓人材の語学教育向けe-ラーニングシステムを開発。2014年、SFA(営業支援システム)とインサイドセールスを融合した新規商談獲得サービスを開始、インサイドセールスクラウドサービス「SALES BASE」を提供。2016年4月よりソフトウエアベンダーの業界団体「MIJS(Made in Japan Software&Service)コンソーシアム」理事長を務める。2018年6月、e-ラーニング事業(HR BASE事業)を譲渡。同年10月より、SALES ROBOTICS株式会社へ商号を変更。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
残席わずか
残席わずか
無料
2021年10月27日(水)
 
12:30
 - 
13:30
JIW-S3
DX最新事例
デジタルトランスフォーメーション(DX)、ピンときづらいキーワードとどう付き合うか?
~ アマゾン、AWSが考えるDXストーリー~
アマゾン ウェブ サービス ジャパン(株) シニア エバンジェリスト 亀田 治伸

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

デジタルトランスフォーメーション(DX)という言葉が語られるようになって久しい。経済産業省が2025年の壁、というレポートを出し、日本でもその重要性が議論されている一方で、DXが持つ本質の理解はなかなか進まず、思うように手を打てていない状況が多く存在している。これは、DXという言葉の響きが多くの誤解を誘発していることに起因していると考えられるが、同社が考えるDXついて、最新事例を交えながら紹介する。

講演者プロフィール

認証系ASP、動画・音楽配信システム構築、決済代行事業者、暗号・認証商品ベンダーを経て現職。幅広いAWSのサービス群をソリューションとして構成したメッセージングを配信する傍ら、Blog、Web、カタログ、PPT等AWSのメッセージング管理作成業務を日々遂行。

閉じる▲


アフターコロナ時代のDX 戦略
~GAFAな働き方を普通の日本の会社でやってみて分かった事~
(株)KADOKAWA Connected 代表取締役社長 各務 茂雄

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

DXを進める中で、どの企業においても課題となるのは「どこから着手するべきか」ではないか。DXというとデジタルビジネスの開発や戦略に着目するが、その本質はシステムの刷新だけではなく、組織文化の変革、チームの作り方と運営方法にある。 著書である「世界一わかりやすい DX 入門」の内容に加えて、社内対話の重要性や方法、マネジメント層がやるべき事について、経営改革を実行して得られた実践的な内容を伝える。

講演者プロフィール

KADOKAWAの戦略子会社として設立された KADOKAWA Connected社長。情報経営イノベーション専門職大学准教授。Microsoft Corporationにてモビリティ&クラウド技術部部長、アマゾン ウェブ サービス ジャパンで Professional Service 本部長を経た後、 2017年 1月にドワンゴ入社、 ICTサービス本部本部長などを歴任。 18年 6月、カドカワ(現 KADOKAWA)のグループ CIOに着任。KADOKAWA、ドワンゴを含むグループ全体の IT戦略を担当。 19年 4月より現職。 KADOKAWAグループで運営するサービスのインフラ開発・運用や ICTコンサルティング、働き方改革支援を手がけ、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション( DX)アドバイザリーサービスも提供。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
無料
2021年10月27日(水)
 
13:45
 - 
14:30
JIW-S4
ソフトウェア開発 人材育成における課題と展望
デジタル時代における人材育成とデジタル庁への期待
(株)豆蔵K2TOPホールディングス 代表取締役社長/
(一社)ソフトウェア協会(SAJ)
会長
荻原 紀男

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

DX化とデジタル化の違いについては既に多くの文献で述べられている。しかし、業務のデジタル化に踏み出せない、手順が分からない企業にとってDX化は更に高いハードルになっているのが事実だ。デジタル庁や国への提言と絡めながら、今後企業は人材や事業をこれからのデジタル社会に適合させるにはどうしたら良いか、日本のデジタル社会について語る。

講演者プロフィール

1958年生まれ。中央大学商学部会計学科卒業。外資系会計事務所及び監査法人を経て、1996年、荻原公認会計士税理士事務所開業。税理士法人プログレス開業代表社員(現任)。
2000年にオブジェクト指向技術のコンサルティングを強みとする株式会社豆蔵を仲間と共に創業し取締役に就任。2020年にグループ持株会社となる株式会社豆蔵K2TOPホールディングスを設立、同社代表取締役社長に就任(現任)。
2014年6月より一般社団法人ソフトウェア協会(SAJ)の会長に就任(現任)、2018年 4月にはIT社会推進政治連盟を設立し会長に就任。公認会計士、ファウンダー、そして業界団体会長として様々な視点をもって活動を行う。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

【 パネルディスカッション 】
無料
無料
2021年10月27日(水)
 
14:30
 - 
16:30
JIW-S5
5G/6Gに向けた展望 
ソフトバンクBeyond 5G / 6G構想と挑戦
ソフトバンク(株) 先端技術開発本部 本部長/
HAPSモバイル(株) 取締役/MONET Technologies(株) 取締役/5x5 Technologies, Board
湧川 隆次

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

2030年ごろに登場されるとする6Gとそれに至るまでに起こるBeyond 5Gでは、モバイルネットワークは如何に変容し、どのような恩恵を社会にもたらすのだろうか。同社が考える未来の通信の世界と実現に向けた挑戦について解説する。

講演者プロフィール

2004年慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 後期博士課程修了
2005年慶應義塾大学環境情報学部 有期専任講師
2008年トヨタIT開発センター日本本社
2009年トヨタIT開発センター北米支社(最終職:シニアリサーチアーキテクト)
2013年ソフトバンク株式会社, ネットワーク本部 担当部長
2014年ソフトバンク株式会社, ネットワークアーキテクチャ開発室 室長
2015年Sprint, Director of Wireline Engineering
2016年Sprint, Director of Network Strategy
2017年ソフトバンク株式会社、CTO室 室長
2018年ソフトバンク株式会社 IoT事業開発本部 副本部長

概要
IPを使ったモバイル技術の研究開発をおこなう。2000年からは、インターネットの標準化団体であるIETFで通信プロトコル策定に参画。モバイル通信向けのIP規格であるモバイルIPやアドホックネットワークに関与。モバイル技術を用いたコネクテッドカーの研究開発を実施した後、ソフトバンクでは5Gや6Gを含む移動体通信の研究開発、および通信を使った新規事業の創出を担当。

受賞歴
2007年:エリクソンヤングサイエンティストアワード受賞

著書
・アンワイアード 果てしなきインターネットの未来―4Gへのシナリオ」
・モバイルIP教科書(株式会社インプレス)
・ITの正体(株式会社インプレス、Amazon Kindle売上で1位獲得)
など

主要論文
1. "Data Naming in Vehicle-to-Vehicle Communications”, IEEE Infocom Workshop on Emerging Design Choices in Name-Oriented Networking. 2012
2. "Supporting Mobility for Internet Cars”, IEEE Communication Magazine, 2011
3. "The Applicability of Virtual Interface for Inter-technology handoffs in Proxy Mobile IPv6”, Wireless Communications and Mobile Computing, Wiley InterScience, 2011
4. “Migrating Home Agents towards Internet-Scale Mobility Deployments”, ACM 2nd CoNEXT Conference on Future Networking Technologies, 2006

IETF標準文書
RFC3963: Network Mobility (NEMO) Basic Support Protocol
RFC4887: Network Mobility Home Network Models
RFC4908: Multihoming for Small-Scale Fixed Networks Using Mobile IP and Network Mobility (NEMO)
RFC5555: Mobile IPv6 Support for Dual Stack Hosts and Routers
RFC5648: Multiple Care-of Addresses Registration
RFC5844: IPv4 Support for Proxy Mobile IPv6
RFC6281: Understanding Apple's Back to My Mac (BTMM) Service
RFC6301: A Survey of Mobility Support in the Internet
RFC6475: Proxy Mobile IPv6 Management Information Base
RFC7389: Separation of Control and User Plane for Proxy Mobile IPv6

閉じる▲


5G・IoT によるDX の加速
~Connected が生み出す価値~
KDDI(株) サービス企画開発本部
5G・IoTサービス企画部長
野口 一宙

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

順調に拡大するIoT の取り組みとその先にある 5G によるデジタルトランスフォーメーションの 加速について、事例を交えながら、AWS Wavelength などエッジクラウドやサブスクリプション モデルを支援するビジネス基盤など KDDI の最新アセットおよび共創取り組みについて紹介する。

講演者プロフィール

2000年に KDD (現 KDDI )に入社。
SMS(Cメール)や動画配信等 au の商品・サービス企画を担当。
2008年より電子書籍やフォトフレーム等コンシューマ向け IoT 端末の企画開発に従事。
2011年よりソリューション事業本部にて B2B2C 向け IoT ビジネス開発を担当。
2015年よりグループリーダーとして法人向け IoT の中期戦略・サービス基盤企画を担当。
2019年 10 月より 5G ・ IoT サービス企画部長として、法人向け 5G ・ IoT のサービスを担当。

閉じる▲


5G Evolution and 6G
(株)NTTドコモ 執行役員
6G-IOWN 推進部 部長
中村 武宏

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

5Gの商用化が世界中で進められており、同社も20年3月より5G商用サービスを開始、現在もエリア拡大を進めている。同社は5Gのさらなる高度化を目指し、初期5Gの課題やマーケットニーズを元に研究開発を進めている。また、国内外で既にBeyond 5G/6Gに向けた検討が精力的に進められており、多くのプロジェクトが発足している。同社における5Gの高度化と6Gに関するコンセプトや最新の取り組みについて説明する。

講演者プロフィール

1990年 横浜国立大学 修士卒。 1990年 NTT 入社。 1992 年より、 NTT DOCOMOにて W-CDMA, HSPA, LTE/LTE-Advanced, 5G , 5G evolution & 6G の研究開発および標準化に従事。現在、(株)NTT ドコモ 執行役員 6G-IOWN 推進部 部長 。 1997 年より ARIBでの移動通信システム標準化に参加。 2006 年~ 2014 年 2 月、高度無線通信研究委員会 モバイル・パートナーシップ部会 部会長。現在、 5G モバイル推進フォーラム企画委員会委員長代理 、 2016 年より ITS 情報通信システム推進会議 高度化専門委員会 セルラーシステム TG 主査、 2021 年 2 月より Beyond 5G 推進コンソーシアム 白書分科会主査。
1999年より、3GPP での標準化に参加。 2005-2009 年 3GPP TSG-RAN 副議長、2009~2013 年 3 月 3GPP TSG-RAN 議長を歴任。

閉じる▲


【モデレーター】
(株)TBSテレビ


杉山 真也
お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

【 対談 】
無料
無料
2021年10月27日(水)
 
15:45
 - 
16:30
JIW-S6
EC・ライブコマース
ライブコマースが切り拓く、物が売れるSNSの時代
(株)KOS
モテクリエイター
ゆうこす  

(株)アイレップ
ライブコマースエヴァンジェリスト
武者 慶佑

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

オンラインで物を買うことが、当たり前になった昨今。withコロナでライブコマースが再び注目される中、緊急事態宣言などによる外出自粛でその流れはさらに加速している。実店舗と同等の接客が受けられる、多くの人に見てもらえる生配信とは?過去に多数のライブコマースを成功させてきた実績から見えてきた、SNSで物を売るとはどういうことか、ライブコマースとSNSのバランスを解説する。

講演者プロフィール

<ゆうこす(菅本裕子)>
1994年、福岡県生まれ。「モテクリエイター」として、SNSを中心にタレント、インフルエンサーとして活躍中。
スキンケアブランド「YOAN」の立ち上げや、ライバー事務所「321」のファウンダー、アパレルブランド「REVEYU」、カラーコンタクト「chu's me」のプロデュースなど、多岐に渡り事業を展開。その他、著書に『#ライブ配信の教科書』など。SNSの総フォロワー数は165万人以上。


<武者 慶佑>
事業会社のマーケティング部を経て、2012年よりシェアコトに勤務。2021年4月よりアイレップに参画。ブランドファンの構築とコンテンツファン視点の企画が専門。これまでSNS分析をベースに、通信・製薬・自動車・小売・金融など、業界を問わずファン視点のエンタメタイアッププロモーションや、映画宣伝のコンサルティング、カフェチェーンのブランドマネージャー、世界コスプレサミット社外取締役なども歴任。
また、自身で日本グミ協会を設立し、現在は名誉会長として活動。マツコの知らない世界、99人の壁など多数のメディアに出演し、SNSフォロワーは延べ10万人。しゃべれるグミインフルエンサーとして活動する中で、現在はライブコマース・エヴァンジェリストとして啓蒙活動。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
無料
2021年10月28日(木)
 
10:00
 - 
10:45
JIW-S7
在宅・リモートワーク文化形成
社員の生産性と満足度を保ちながら、成功させるリモートワーク  
~最新トレンド、デモ、事例を交えて解説~
シスコシステムズ(同) 執行役員 
コラボレーションアーキテクチャ事業担当
石黒 圭祐

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

同社では、2001年からリモートワークを導入し、直近の出社率が2%にも関わらず事業成長を続け、かつ、働きがいのある会社No.1に選ばれた。主要な働き方に関する調査が示すように、多くの従業員が柔軟性のある働き方の継続を希望している。リモートワーク環境の有無が優秀な人材を確保し、ビジネスを成長させることに大きく関わるいま、結果をだせるリモートワークの最新情報についてデモを交えて紹介する。

講演者プロフィール

2001 年シスコシステムズ入社。チャネル営業、製造・流通サービス担当のハイタッチ営業を経て2009年よりコラボレーション営業として活動。
業種・業界を問わず国内のお客様に「“自然と変えられる”新しい働き方」を提案・提言している。大阪府出身。大学では経済学・情報学を専攻。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
無料
2021年10月28日(木)
 
10:15
 - 
11:00
JIW-S8
CX(顧客体験)向上の最新戦略
コロナ以降のマーケティング最適化のヒント
~マーケティングDXの前提~
(株)クー・マーケティング・カンパニー 代表取締役 音部 大輔

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

効果的なマーケティングDXの実現には、データによる消費者理解をもとに、マーケティング活動の全体最適を俯瞰する設計を必要だ。多様なブランド体験を最適に配置することで、各パートナー企業の支援をうまく引き出し、ブランドの持続的な競争優位を構築するコツを解説する。

講演者プロフィール

17年間の日米P&Gを経て、欧州系消費財メーカーや資生堂などで、マーケティング組織強化やビジネスの回復・伸長をマーケティング担当副社長やCMOとして主導。2018年より独立し、現職。NHK、関西電力をはじめ、国内外の多様なクライアントにマーケティング組織強化やブランド戦略などを支援。博士(経営学 神戸大学)。 著書に『なぜ「戦略」で差がつくのか。』(宣伝会議)、『マーケティングプロフェッショナルの視点』(日経BP)がある。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
残席わずか
残席わずか
無料
2021年10月28日(木)
 
12:00
 - 
13:30
JIW-S9
AI・半導体市場のゆくえ
CASE+E時代における車載E/Eアーキテクチャの変化と半導体への取組み
ルネサス エレクトロニクス(株)
執行役員 兼 オートモーティブソリューション事業本部 事業本部長
片岡 健

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

自動車技術が“CASE”(コネクティビティ、自動運転、シェアリング、電動化)へ向けて加速する中、車載E/Eアーキテクチャに大きな変化が起こっている。半導体がこれらの変化にどのような進化をもたらしていくのか、最新の動向を解説する。

講演者プロフィール

1993年、日立製作所に入社し、2003年よりルネサステクノロジにおいてマイコンおよびSoCの設計、開発に従事。2013年以降、ルネサスエレクロトニクスのオートモーティブ分野の技術部門、企画部門、事業計画部門などの要職を歴任した後、2021年4月より現職の執行役員兼オートモーティブソリューション事業本部長としてルネサスの車載事業を総括している。

閉じる▲


インテルが見据えるAI/半導体市場のゆくえ
インテル(株)
執行役員常務 第二技術本部 本部長
土岐 英秋

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

グローバルな視点からの半導体製造の状況から、同社の新たなIDM戦略(Integrated Device Manufacturer)を説明。今後、進化が期待される技術分野での製品戦略、特にAIのワークロードを効率よく処理するために重要なポイントを製品、開発環境から説明する。

講演者プロフィール

1988年インテルジャパン(株)(当時)に入社、デザインセンターに所属。その後、テクニカル・マーケティング・エンジニアなどを経て、モバイル・アプリケーション・スペシャリストとして、国内システムメーカーのノートブックPC開発の技術支援、Centrino?プラットフォームのモバイル戦略を技術面から支援。統括技術部長、技術本部 本部長を経て、2012年 執行役員 技術本部長に就任。2016年アジア太平洋地域統括 技術推進本部 ディレクターを兼任。2017年 執行役員常務に就任(注 1997年2月 インテルジャパン(株)の社名を、インテル(株)に改称)

閉じる▲


AI x IoTで開花する世界の可能性
アーム(株)
代表取締役社長
内海 弦

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

今や、スマートフォンに代表されるコネクテッドデバイスのみならず、AIやIoT、自動運転など、人々の暮らしの中で欠かせないテクノロジーの中核を担う同社より、パンデミック後の世界を変えるテクノロジーの可能性を提示し、日本企業が今後勝ち抜くためのヒントを具体的事例を交えて解説する。

講演者プロフィール

1987年、インテルジャパン株式会社(現インテル株式会社)に入社。1989年から1990年、Intel Corp.本社サンタクララ勤務。1991年から1995 年まで、フィールドアプリケーションエンジニアとして国内PC顧客の開拓・獲得活動に従事。1995 から1996年はVLSIテクノロジに勤務。デジタルコンシューマプロダクト製品の技術マーケティング・マネージャを務めた。1997年から2003年は、再びインテル株式会社に勤務。ワイヤレス技術センター、およびフィールドアプリケーション本部長代理を務めた。
2003年から2008年は、テンシリカ株式会社にて、フィールドアプリケーションディレクターとして勤務した。
2008年11月にアーム株式会社入社。OEMセールスを経て2010年にセールス担当バイスプレジデントに就任。2013年7月、代表取締役社長に就任し、現在に至る。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
残席わずか
残席わずか
無料
2021年10月28日(木)
 
12:00
 - 
13:00
JIW-S10
データ利活用ビジネスの展望
カギはパーソナルデータの本人への集約にあった
~分散情報銀行の展開~
東京大学大学院 情報理工学系研究科 ソーシャルICT研究センター
教授
橋田 浩一

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

パーソナルデータを本人に集約することで自ずと名寄せされ価値が高まったデータを本人がフル活用でき、2次利用のために提供することも簡単になるとともに、安全性も高まる。つまり、情報銀行のサービスを利用者端末に分散させ単一障害点をなくすことでリスクとコストが低減し利便性と収益が高まる。集約をするとユーザーや事業者にとって、どんなメリットがあるのか、技術の概要を説明し、ユースケースを紹介する。

講演者プロフィール

1981年東京大学理学部情報科学科卒業。1986年同大学院理学系研究科博士課程修了。理学博士。1986年電子技術総合研究所入所。1988年から1992年まで(財)新世代コンピュータ技術開発機構に出向。2001年から2013年まで産業技術総合研究所。2013年から東京大学大学院情報理工学系研究科ソーシャルICT研究センター教授。理化学研究所 革新知能統合研究センター 社会における人工知能研究グループ グループディレクタを兼任。専門は自然言語処理、人工知能、認知科学。現在の主な研究テーマはパーソナルデータの分散管理と意味的構造化およびそれに基づく人工知能。

閉じる▲


2022年からのパーソナルデータ活用
(株)DataSign
Founder 代表取締役社長
太田 祐一

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

改正個人情報保護法の施行を2022年4月に控え、GAFAによるデータ取得制限もより厳しくなっていく中で、これからのパーソナルデータ活用はどうあるべきなのか。Privacy Sandbox、ゼロパーティーデータ、データクリーンルーム、Unified ID、情報銀行等、新しい言葉やソリューションが生まれる中で、何に取組めばよいのか、それぞれの仕組みや役割を解説しながら、本質を見失わないようにパーソナルデータ活用を推進していくための体制づくりについても紹介する。

講演者プロフィール

DMPやMAツールなど企業主体でパーソナルデータを活用するシステムを開発してきたが、個人がコントロールできない不透明な状態でのデータ収集・活用に限界を感じ、データ活用の透明性確保と個人を中心とした公正なデータ流通を実現するため、DataSignを設立。DataSignが開発する「paspit」は初となる情報銀行の通常認定を受ける。

一般社団法人MyDataJapan常務理事。MyDataGlobal founding member.
内閣官房デジタル市場競争本部 Trusted Web推進協議会委員。
総務省・経産省情報信託機能の認定スキームの在り方に関する検討会委員。
総務省プラットフォームサービスに係る利用者情報の取扱いに関するワーキンググループ構成員。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
無料
2021年10月28日(木)
 
14:30
 - 
15:30
JIW-S11
アフターコロナ × DX
企業のレジリエンスを高めるためのDX手法
富士通(株)
理事 首席エバンジェリスト
中山 五輪男

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

様々な状況に対して柔軟に対応できる力がレジリエンスであり、企業においてはレジリエンスを高めるための各種取り組みが必要とされている。現代において、企業活動の全てを多面的に分析し数々のDXを進めることが求められる中、レジリエンスを高めるDX手法について説明する。

講演者プロフィール

1964年長野県生まれ。法政大学卒業後、複数のIT企業を経て、2017年富士通(株)入社。最先端テクノロジーを得意分野として年間約200回以上の講演活動を行う。書籍の執筆活動やTV番組出演の他、国内30以上の大学で特別講師も務めている。

閉じる▲


アフターコロナの世界大予想、テクノロジーはどう世界を変えるか?
日本マイクロソフト(株)
業務執行役員 エバンジェリスト
西脇 資哲

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

コロナによって激変した世界情勢。その変化を支えたのもテクノロジーであり、これから先の世界を作り上げていくのも、やはりテクノロジー。アフターコロナの世界ではどのようなテクノロジーが世界を変えていくのか、IT業界の巨人ある同社はどのようなテクノロジーで世界に貢献しようとしているのか、最新事例やデモを交えながら解説する。

講演者プロフィール

日本経済新聞でも紹介されたIT「伝道師」。IT業界の著名エバンジェリスト。エバンジェリストとはわかりやすく製品やサービス、技術を紹介する職種。現在はマイクロソフトにて多くの製品・サービスを伝え広めるエバンジェリスト。1990年代から企業システム、データベース、Java、インターネットのビジネスに関与し、1996年からオラクル社にてエバンジェリスト、2009年からはマイクロソフト社にてエバンジェリスト活動を継続。最新ITに係るプレゼンテーションやデモンストレーションに加え、ドローンやブロックチェーン・仮想通貨などのトレンドに関するプレゼンテーションも行っている。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
残席わずか
残席わずか
無料
2021年10月28日(木)
 
14:30
 - 
15:30
JIW-S12
空飛ぶクルマ
空飛ぶクルマのしくみと未来の社会
慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科
付属研究所 顧問
中野 冠

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

国内外で空飛ぶクルマの開発競争が激しくなっており、空の移動が大衆化する社会・技術イノベーションが期待されている。我が国でも官民協議会で2023年の実用化を目指して議論が進んでいる。現状、技術・用途・ルール・インフラなど多様な課題があるが、現状の開発状況と期待される未来社会について解説して、新規参入の誘い水としたい。

講演者プロフィール

2021年4月より:慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科付属研究所顧問
2008年4月-2021年3月:慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 教授
2013年:スイス連邦工科大学訪問教授
1997年3月:名古屋工業大学博士課程工学研究科修了(在職)
1980年4月-2008年3月:(株)豊田中央研究所
1980年3月:京都大学 修士課程 工学研究科修了
博士(工学)、日本機械学会フェロー

閉じる▲


「空飛ぶクルマ」(eVTOL)をめぐる世界の動向
テトラ・アビエーション(株)
代表取締役
中井 佑

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

米国で毎年開催されている世界最大級の航空機の見本市であるAirVentureOshkosh2021に出展し、eVTOLとしての予約販売を開始した同社。世界のeVTOL開発者との交流、顧客・メディアとの交流を通じた世界のeVTOLをめぐる動向について、最新事例を交えながら解説する。

講演者プロフィール

東京大学 博士課程に在学中に一人乗りの「空飛ぶクルマ」の設計コンテストGoFlyに応募 し、2018年6月1次審査のデザインで上位10名に選ばれ賞金獲得、起業。2020年2月GoFlyFinalFlyoffにて唯一の賞金獲得。現在も資金調達を行ないながら、100kmを30分で移動する空飛ぶクルマを開発中。2021年7月米国で行われたオシュコシュエアベンチャーにて新機種を発表し、予約販売を開始した。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
無料
2021年10月29日(金)
 
10:00
 - 
10:45
JIW-S13
AI × サプライチェーン
製造・サプライチェーンにおけるデジタル変革のトレンドと将来展望
(株)NTTデータ
執行役員 製造ITイノベーション事業本部長/コンサルティング&ソリューション事業本部長
杉山 洋

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

デジタルの進展とCOVID-19により、製造業の変革は従来以上に求められている。IoT・自動化・データを活用した消費者への新たな価値提供、組織のレジリエンス向上、カーボンニュートラルへの対応など、企業がITを活用して描く将来像を同社の事例を交えながら解説する。

講演者プロフィール

NTTデータ通信(現在のNTTデータ)に入社後、製造業の大規模システム開発業務やアライアンス事業に従事。
2012年より、食品企業とのアライアンス、システム統合におけるシステム開発業務に従事。
2015年、事業部長として食品業に加えて医薬、化学等のプロセス製造領域を所掌。
2020年、製造ITイノベーション事業本部 副事業本部長に就任。
2021年、執行役員 製造ITイノベーション事業本部長 コンサルティング&ソリューション事業本部長に就任。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
無料
2021年10月29日(金)
 
10:00
 - 
10:45
JIW-S14
データセンター最新潮流
データセンターホットトピックス in 2021
東京大学大学院 情報理工学系研究科
教授
江﨑 浩

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

With/After コロナ社会ではデジタル化が前提となり、デジタルネットワークインフラとデータセンターインフラの存在は必須、かつさらなる品質・性能・堅牢性が要求されている。With/After コロナ社会の姿を展望しながら、データセンター産業に関する課題と今後の方向性に関する議論を行う。

講演者プロフィール

1987年九州大学 工学部電子工学科 修士課程修了。同年4月(株)東芝入社。総合研究所にてATMネットワーク制御技術の研究に従事。1990年より2年間、米国ニュージャージー州ベルコア社、1994年より2年間米国ニューヨーク市コロンビア大学 客員研究員。1998年10月より東京大学 大型計算機センター助教授、2001年4月より東京大学 情報理工学系研究科 助教授。2005年4月より現職(東京大学 情報理工学系研究科 教授)。WIDEプロジェクト代表。MPLS-JAPAN代表、IPv6普及・高度化推進協議会専務理事、JPNIC副理事長、ISOC(Internet Society)理事(Board of Trustee)。日本データセンター協会理事/運営委員会委員長。工学博士(東京大学)。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
残席わずか
残席わずか
無料
2021年10月29日(金)
 
11:45
 - 
12:30
JIW-S15
DX推進政策の最新動向
デジタル化の本質と成長ビジネスへの変革
~デジタル産業の創出に向けたDX推進の政策展開~
経済産業省 商務情報政策局 情報経済課
アーキテクチャ戦略企画室長
和泉 憲明

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

新型コロナウイルスという不幸な事案は、官民におけるデジタル分野の課題を浮き彫りにしているが、これは経済産業省が指摘した『2025年の崖』問題、そのものである。そこで、DXレポート2とその続編(DXレポート2.1)を中心に、デジタルによっていかに成長企業へと変貌を遂げるかについて、政策担当官自ら解説する。

講演者プロフィール

静岡大学情報学部 助手、産業技術総合研究所(産総研)サイバーアシスト研究センター研究員、産総研情報技術研究部門・上級主任研究員などを経て平成29年8月より経済産業省商務情報政策局情報産業課企画官、令和2年7月より現職。博士(工学)(慶應義塾大学)。その他、これまで、東京大学大学院・非常勤講師、北陸先端科学技術大学院大学・客員准教授、大阪府立大学・文書解析・知識科学研究所・研究員、先端IT活用推進コンソーシアム(AITC)顧問などを兼務。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
無料
2021年10月29日(金)
 
11:45
 - 
12:30
JIW-S16
次世代店舗
多店舗展開チェーン企業のデータに基づく店舗戦略
~商圏に紐づく多様な生活者データから最適戦略を導くGEOマーケティング~
技研商事インターナショナル(株) 執行役員
マーケティング部 部長
市川 史祥

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

小売や飲食などの多店舗展開企業は、出店や販促の有効な施策立案のために様々なデータを用いて商圏分析・エリアマーケティングを行っている。その分析手法や環境、データは時代とともに大きく進化してきている。大手企業の先進事例などを交えながら、GEOマーケティングの世界観について、難解な言葉ではなく文字よりもビジュアルを用いて、わかりやすく解説する。

講演者プロフィール

1972年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。不動産業、出版社を経て2002年より技研商事インターナショナルに所属。小売・飲食・メーカー・サービス業などのクライアントへGIS(地図情報システム)の運用支援・エリアマーケティング支援を行っている。わかりやすいセミナーが定評。年間講演実績90回以上。
医療経営士/介護福祉経営士
流通経済大学客員講師/共栄大学客員講師
一般社団法人LBMA Japan 理事

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
無料
2021年10月29日(金)
 
13:30
 - 
14:15
JIW-S17
DX時代の業務効率化
生産性の強化に最も必要なこと
~業務プロセスはE2E(エンドツーエンド)で実行するが基本~
SAPジャパン(株) プラットフォーム&テクノロジー事業部
事業部長
岩渕 聖

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

変化の激しさが増す昨今の環境下においても生産性を高めるためには、対応力を高めつつ、非効率性を排除する改革を継続的に実現することが必要であるが、システムに流れるデータの足跡をたどれば、生産性のボトルネックや業務プロセスの改善余地を読み解くことができる。より速く、継続的に変化に即した改革の実行を可能にするためには?NoCode/LowCodeに関する同社の取組みも交えてこれからの業務プロセスの革新方法を紹介する。

講演者プロフィール

外資系アナリティクスソフトウェアに新卒入社後、新規ビジネス開発を担当したのち、コンサルティング会社でBPRプロジェクトに参画。2012年にSAPジャパンにSAP Analytics/SAP HANAの事業開発リーダーとして入社。現在はSAPのBusiness Technology Platform領域すべての製品に関する事業部の責任者を務め、ビジネス開発、パートナー開発、導入支援を担当。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
無料
2021年10月29日(金)
 
14:15
 - 
15:00
JIW-S18
デジタル庁創設に伴う政府の取組み
デジタル庁は何を目指し、どこに行こうとしているのか?
デジタル庁
統括官(省庁業務サービスグループ長)
篠原 俊博

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

2021年9月1日に発足したデジタル庁は、デジタルがもつ力をどのように活かし、日本をどう変えようとしているのか。その目指すべきアーキテクチャ、国と地方の真のデジタル化に向けた見取り図、その実現によって変わる国民サービスの方向性を明らかにする。

講演者プロフィール

昭和62年4月 自治省入省
平成14年4月 総務省自治行政局市町村課理事官(市町村合併・住基ネット担当)
平成23年1月 内閣官房内閣参事官(内閣官房副長官補付)(マイナンバー制度担当)
平成25年6月 総務省自治行政局住民制度課長
平成29年7月 総務省大臣官房審議官(地方行政・マイナンバー制度担当)
令和元年7月  地方公共団体情報システム機構副理事長
令和3年9月  デジタル庁統括官(省庁業務サービスグループ長)

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

有料
有料
2021年10月29日(金)
 
15:30
 - 
16:30
JIW-12
DX × ロケーションテック
DX成功のキーとしての"位置情報データ活用"と"ロケーションテックの未来"
クロスロケーションズ(株)
CEO
小尾 一介

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

現在、位置情報ビッグデータのAIによる解析と分析統計データの活用は、商圏分析・集客などのマーケティング分野での利用を超えてフィンテック、プロップテック、MaaSなど全領域で広がっている。今後のビジネス活動で必要不可欠な企業のDXへの取組みに関する活用事例など、近未来の"ロケーションテック"の方向性を紹介する。

講演者プロフィール

2001年~2009年、(株)デジタルガレージ取締役として、カカクコムやTwitterなどの事業開発・育成を多数行う。
2009年~2012年、Google Japanにて戦略的事業提携の責任者を務める。
2013年~2014年、グローバル・スマートフォン・アドネットワーク運営企業InMobiのVice President および日本事業責任者として活動。
2018年1月、クロスロケーションズ(株)代表取締役就任。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
料金:¥15000
料金:¥15000

専門セミナー

有料
有料
2021年10月27日(水)
 
13:30
 - 
14:30
JIW-1
パーソナライゼーション
まずはGoogleアナリティクスから無料で始める
~「個」客理解のためのデータ分析&パーソナライゼーション~
(株)HAPPY ANALYTICS
代表取締役
小川 卓

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

ユーザーの事を理解するためのデータ取得・分析・改善は難易度が高く、大層なシステムを 導入しないと実現出来ないと思われがちだ。Google アナリティクスなどの無料ツールを 活用し、いかに個客の事を理解するか、そして改善施策に繋げていくかを解説する。

講演者プロフィール

ウェブアナリストとしてリクルート、サイバーエージェント、アマゾンジャパン等で勤務後、独立。ウェブサイトのKPI設計、分析、改善を得意とする。ブログ「Real Analytics」を 2008 年より運営。全国各地での講演は500回を突破。
HAPPY ANALYTICS 代表取締役、デジタルハリウッド大学院客員教授、 UNCOVER TRUTH CAO 、 Faber Company CAO 、日本ビジネスプレス CAO 、 SoZo 最高分析責任者、アナリティクスアソシエーション プログラム委員、ウェブ解析士協会顧問。ウェブ解析士マスター。著書に『ウェブ分析論:増補改訂版』『ウェブ分析レポーティング講座』『マンガでわかるウェブ分析』『 Web サイト分析・改善の教科書』『あなたのアクセスはいつも誰かに見られている』『「やりたいこと」からパッと引ける Google アナリティクス 分析・改善のすべてがわかる本』など。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
料金:¥15000
料金:¥15000

入門セミナー

有料
有料
2021年10月27日(水)
 
13:30
 - 
14:30
JIW-2
ローカル5G <入門>
ローカル5G入門講座
~ローカル5Gの現状とWithコロナに向けた今後の展望~
大阪大学 大学院工学研究科 電気電子情報通信工学専攻
教授
三瓶 政一

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

ローカル5Gは、携帯電話の5G技術をそのまま自営通信システムに適用することで、スマートオフィス、スマート工場などを動作させるものである。ローカル5Gの基本的性能を説明したのち、withコロナの時代におけるローカル5G導入の考え方、現在行われている実証試験などについて説明する。

講演者プロフィール

昭和55年 東工大 電気・電子卒,昭和57年 同大 大学院 総合理工学研究科 物理情報工学専攻 修士課程了。
昭和57年 郵政省電波研究所(現 情報通信研究機構)入所
平成5年 大阪大学 工学部 通信工学科 助教授
平成16年 同大 大学院工学研究科 電気電子情報学専攻 教授
現在、総務省 情報通信審議会 委員、第5世代モバイル推進フォーラムの 技術委員会委員長と地域利用推進委員会委員長、日本学術会議委員を務める。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
料金:¥2000
料金:¥2000

専門セミナー

有料
有料
2021年10月27日(水)
 
15:30
 - 
16:30
JIW-3
製造業におけるAI/IoT活用
生産現場におけるIoT/AIの活用と実際
~インバリアント分析による品質劣化の検知と製品検査の高度化~
日本電気(株) AI・アナリティクス事業部
シニアマネージャ/シニアデータアナリスト
相馬 知也

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

最近になってIoT/AIを活用しようとする動きは大規模プラントから、組み立てや加工などの生産現場に広がってきた。今までの見える化から「収集データ活用」に視点が移っては来ているが何をどうやれば良いのかに戸惑っている現場も多い。現場での活用事例をもとにデータ活用における課題や実際の進め方のポイント、さらに進んだ検査の手法などについて紹介する。

講演者プロフィール

1988年3月、一関高専卒業。NECソリューションイノベータ入社。2010年よりビッグデータ分析技術を活用した監視の高度化、保全の効率化に取組む。現在は、工場や発電所を中心とした生産現場に対するAI/IoT技術の適用コンサルティング及び導入支援を行う。また、国内外においてスマート保安や非破壊検査、生産現場での活用を目的としたAI技術の研究開発を行う傍ら、業界団体や国などにおいて関連する委員を務める。2020年より東北大学特任准教授。医療現場でのAI活用研究と事業化の検討を行っている。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
料金:¥15000
料金:¥15000

専門セミナー

有料
有料
2021年10月27日(水)
 
15:30
 - 
16:30
JIW-4
ゼロトラストセキュリティ
ゼロトラストセキュリティ、その実装と運用
(株)ラック サイバー・グリッド・ジャパン
主席研究員
長谷川 長一

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

クラウドサービスの利用、働き方改革や新型コロナウイルス感染拡大によるテレワークの急増により、サイバーセキュリティ対策は従来まで主流であった「境界防御」だけでは十分ではなくなり、「ゼロトラスト」というアプローチが注目されるようになった。「ゼロトラスト」をどのように実装し、運用していくべきか、重要なポイントについて解説する。

講演者プロフィール

ソフトバンク、日本ユニシスを経て、2008年にラック入社。情報セキュリティコンサルティングや監査、教育業務に従事、現在は産学官連携活動を行っている。経済産業省、総務省、IPA等の委員/構成員を歴任。東京電機大学非常勤講師、高知高専/北九州高専非常勤講師。CISSP、(ISC)²トレーニングセミナー主任講師。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
料金:¥15000
料金:¥15000

専門セミナー

有料
有料
2021年10月28日(木)
 
11:30
 - 
12:30
JIW-5
ブランディング成功事例
Withコロナ時代のイノベーティブ・マーケティング
~「スーパードライ生ジョッキ缶」誕生秘話~
アサヒビール(株) マーケティング本部 ビールマーケティング部
ブランドマネージャー
中島 健

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

“お店で生ビールがきた時のワクワク感とあのうまさを、家でも楽しみたい”このインサイトに辿り着いたのは、ある一人のお客様が発した、何気ない一言だった。お酒の持つポジティブな力。ビールの楽しさ、うまさを伝えたい。こんな想いから生まれた、スーパードライ生ジョッキ缶の開発秘話について、事例を交え紹介する。

講演者プロフィール

2004年アサヒビール株式会社入社。
中部地区に配属され、愛知・三重・岐阜・静岡県エリアの量販店を担当する営業を経て、
2010年ビールマーケティング部に異動。以降、クリアアサヒやドライゼロなどを担当し、
2017年より現職のスーパードライを担当。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
料金:¥15000
料金:¥15000

入門セミナー

有料
有料
2021年10月28日(木)
 
11:30
 - 
12:30
JIW-6
RPA <入門>
しくじり先生が語る「RPAからはじめる、いちばんやさしいDX」
ディップ(株) 執行役員
商品開発本部 次世代事業統括部長/dip AI. Lab 室長
進藤 圭

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

DXは、ビジネスモデルを刷新するといわれている。事例として語られるAmazonやUber等のビジネスはすばらしく、世界に新しい価値をもたらした。しかし、RPAに取組み始める多くの企業にとっては、DXなど遠い世界の話かもしれない。第一歩はRPAから始め、今ではビジネスモデル変革に取組んでいる、同社が体験してきた「RPAからはじめる、いちばんやさしいDX」を紹介する。

講演者プロフィール

早稲田大学を7年かけ卒業後、ディップに新卒入社。営業職、ディレクター職を経て、開始後3年で15億円の売上に成長した看護師人材紹介「ナースではたらこ」など、40件以上のサービス企画に参加。直近では、AIアクセラレーターやDigital labor force「コボット」を提供するAI・RPA事業をてがける。 著書・共著に『いちばんやさしいRPAの教本 人気講師が教える現場のための業務自動化ノウハウ』(インプレス刊、2018年)、『いちばんやさしいDXの教本 人気講師が教えるビジネスを変革する攻めのIT戦略』

閉じる▲

お申込み 
枚数:
料金:¥2000
料金:¥2000

専門セミナー

有料
有料
2021年10月28日(木)
 
13:30
 - 
14:30
JIW-7
非接触AI・IoT
アフターコロナに見る非接触デバイスの最新事情
~エッジAIで実現する「触らない技術」とは~
ディープインサイト(株)
代表取締役&CEO
久保田 良則

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

新型コロナウイルス感染予防の観点から「触れる」ことへの意識が大きく変わり、「非接触」ニーズが高まっている。非接触ビジネスの事例や技術動向を紹介しながら、同社が独自に開発したエッジAIを拡張したフィンガージェスチャーによる非接触ユーザーインターフェイスの特徴と利点について解説する。

講演者プロフィール

ベンチャー企業にて組込み開発支援ツールや人工知能言語のビジネスに従事。米Sun Microsystemsなど外資系IT企業数社でパートナー開拓、独SAPではIoTや組込み分野へのDB拡販を担当。その後ビッグデータ分析エンジン開発ベンチャーの設立に参画。ソフトバンクと連携しIBM Watsonビジネスにおける日本最初のアプリケーションパートナーとして開発プロジェクト等を推進。2016年ディープインサイト株式会社を設立し、代表取締役に就任。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
料金:¥15000
料金:¥15000

入門セミナー

有料
満席
満席
有料
2021年10月28日(木)
 
13:30
 - 
14:30
JIW-8
SNSマーケティング <入門>
売上アップにつながるソーシャルメディアマーケティング
~成功のポイントはUGC(ユーザー生成コンテンツ)~
(株)ホットリンク
執行役員CMO 兼 IS責任者
飯髙 悠太

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

一般的にソーシャルメディア運用をする場合、自社のアカウントを運用してフォロワーを集めることがKPIとなる。フォロワーを集めてみたものの、結果として、売上につながらないと感じている方もいるのではないか?売上アップにつなげるソーシャルメディアマーケティングについて事例も交えて解説する。

講演者プロフィール

広告代理店、制作会社、スタートアップで複数のWebサービスやメディアを立ち上げる。企業のWebマーケティングやSNSプロモーションをはじめ、東証1部上場企業を含めて100社以上のコンサルティングを経験。2014年4月「ferret」の立ち上げに伴い株式会社ベーシックに入社後、「ferret」創刊編集長、執行役員に就任。2019年1月よりホットリンクに入社し、同年4月に執行役員CMOに就任。自著は『僕らはSNSでモノを買う』(5刷)、『アスリートのためのソーシャルメディア活用術』。

閉じる▲

お申込み 
料金:¥2000

専門セミナー

有料
有料
2021年10月28日(木)
 
15:30
 - 
16:30
JIW-9
ローカル5G事例
5G/ローカル5Gに向けての東芝の取組み
~社会インフラCPS(サイバー・フィジカル・システム)化のアプローチ~
(株)東芝 研究開発センター 情報通信プラットフォーム研究所
所長
斉藤 健

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

同社は、CPS(サイバー・フィジカル・システム)テクノロジー企業を目指している。エネルギー・交通・ビル設備などの様々な社会インフラシステム(フィジカル)をエッジ化し、クラウド型の新たなサービス(サイバー)を創出する。5G/ローカル5Gは、この実現に欠かせない前提となる。これらの取組みの全体像について説明する。

講演者プロフィール

1989年に(株)東芝に入社。総合研究所に所属し、インターネット技術の応用研究を担当。以来、家電事業部、社会インフラ事業部なども経験し、白物家電/住宅設備、AV家電、エネルギー機器(スマートメーター)などのインターネット化に従事。現在は、研究開発センターにて、情報通信プラットフォームのマネジメント業務を担当。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
料金:¥15000
料金:¥15000

専門セミナー

有料
有料
2021年10月29日(金)
 
11:30
 - 
12:30
JIW-10
ITで実現させるSDGs
SDGsが問いかける2030年の企業のあり方 〜SDGs×テクノロジー〜
(株)Drop
SDGs コンサルタント
玉木 巧

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

SDGsの誕生により、企業のあり方が根底から変わる過渡期を迎えている。なぜ、環境や社会に配慮した取り組みが企業価値を高めるのか。テクノロジーによって、企業がどのようにSDGsに貢献していくのか。SDGsが企業に問いかける2030年のあり方を一緒に考える。

講演者プロフィール

2019年10月、社会課題を解決するスタートアップ企業 株式会社 Drop の創業メンバーとしてジョイン。民間企業のサステナビリティ推進におけるコンサルティング支援に従事。これまで大企業・日本青年会議所・教育機関などで SDGs 研修を開催し、計 40万人のビジネスパーソン向けに SDGs 研修を実施。YouTuber としても、ビジネスパーソン向けにSDGs の基本知識から取り組み方法について発信中。
2021年7月、サマーコンファレンス2021にて小泉環境大臣と共に登壇。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
料金:¥15000
料金:¥15000

入門セミナー

有料
有料
2021年10月29日(金)
 
11:30
 - 
12:30
JIW-11
DX×データ活用事例 <入門>
DX推進の第一歩
~顧客データの活用術~
(株)ジーニー マーケティングテクノロジー事業本部
コマーシャル営業部 マネージャー
袴田 徳朗

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

DX推進で「とりあえずツールを導入したけれど、使いこなせていない」「自社に必要なDXの方法そのものがわからない」「まだエクセルで情報管理をしている」…このような企業は何から取り組めばよいのか?営業支援ツールの提供会社として企業のITツール導入を支援してきた当社がDXの基礎である顧客データ活用ノウハウと要点を紹介する。

講演者プロフィール

ECサイト・基幹システム構築ベンダー営業を6年経験したのち、実際の現場運用を知るため、専門商社でECサイト立ち上げ物流管理までをマネジメントしながら月商1億円を生み出す。その後、海外の数々の専門商材を、国内専売契約を結ぶことで事業を拡大。
営業のプロフェッショナルとして自身の領域を広げるため、企業の課題を解決し、営業や事業を改革するためするSFA事業へ転身。
8年間で延べ1,000社の提案活動を経て数百社の導入を支援。
IT+営業+現場の経験を踏まえて、企業の営業・事業拡大を推し進める営業コンサルティングを得意とする。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
料金:¥2000
料金:¥2000

専門セミナー

有料
有料
2021年10月29日(金)
 
15:30
 - 
16:30
JIW-13
サイバー攻撃最新動向
サイバー攻撃手口の変化に関する「時系列」と「図解」
(株)サイバーディフェンス研究所
専務理事/上級分析官
名和 利男

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

コロナ禍で私たちの社会活動やビジネス環境が大きく様変わりした。同様に攻撃者(犯罪責任を持つ行為者)の手口も大きく変化し、特にVPN脆弱性の悪用や多要素認証の回避などが顕在化している。全ての関係者に適切な脅威とリスクを認識していただくべく、「時系列」と「図解」で攻撃手口の変化を説明する。

講演者プロフィール

海上自衛隊において、護衛艦のCIC(戦闘情報中枢)の業務に従事した後、航空自衛隊において、信務暗号・通信業務/在日米空軍との連絡調整業務/防空指揮システム等のセキュリティ担当(プログラム幹部)業務に従事。その後、JPCERT/CC早期警戒グループのリーダを経て、サイバーディフェンス研究所に参加。専門分野であるインシデントハンドリングの経験と実績を活かして、CSIRT(Computer Security Incident Response Team)構築及び、サイバー演習(机上演習、機能演習等)の国内第一人者として、支援サービスを提供。近年は、サイバーインテリジェンスやアクティブディフェンスに関する活動を強化している。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
料金:¥15000
料金:¥15000

特別講演

無料
無料
2021年10月29日(金)
 
13:30
 - 
14:15
JIW-S17
DX時代の業務効率化
生産性の強化に最も必要なこと
~業務プロセスはE2E(エンドツーエンド)で実行するが基本~
SAPジャパン(株) プラットフォーム&テクノロジー事業部
事業部長
岩渕 聖

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

変化の激しさが増す昨今の環境下においても生産性を高めるためには、対応力を高めつつ、非効率性を排除する改革を継続的に実現することが必要であるが、システムに流れるデータの足跡をたどれば、生産性のボトルネックや業務プロセスの改善余地を読み解くことができる。より速く、継続的に変化に即した改革の実行を可能にするためには?NoCode/LowCodeに関する同社の取組みも交えてこれからの業務プロセスの革新方法を紹介する。

講演者プロフィール

外資系アナリティクスソフトウェアに新卒入社後、新規ビジネス開発を担当したのち、コンサルティング会社でBPRプロジェクトに参画。2012年にSAPジャパンにSAP Analytics/SAP HANAの事業開発リーダーとして入社。現在はSAPのBusiness Technology Platform領域すべての製品に関する事業部の責任者を務め、ビジネス開発、パートナー開発、導入支援を担当。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

専門セミナー

有料
有料
2021年10月29日(金)
 
11:30
 - 
12:30
JIW-10
ITで実現させるSDGs
SDGsが問いかける2030年の企業のあり方 〜SDGs×テクノロジー〜
(株)Drop
SDGs コンサルタント
玉木 巧

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

SDGsの誕生により、企業のあり方が根底から変わる過渡期を迎えている。なぜ、環境や社会に配慮した取り組みが企業価値を高めるのか。テクノロジーによって、企業がどのようにSDGsに貢献していくのか。SDGsが企業に問いかける2030年のあり方を一緒に考える。

講演者プロフィール

2019年10月、社会課題を解決するスタートアップ企業 株式会社 Drop の創業メンバーとしてジョイン。民間企業のサステナビリティ推進におけるコンサルティング支援に従事。これまで大企業・日本青年会議所・教育機関などで SDGs 研修を開催し、計 40万人のビジネスパーソン向けに SDGs 研修を実施。YouTuber としても、ビジネスパーソン向けにSDGs の基本知識から取り組み方法について発信中。
2021年7月、サマーコンファレンス2021にて小泉環境大臣と共に登壇。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
料金:¥15000
料金:¥15000

特別講演

無料
無料
2021年10月27日(水)
 
13:45
 - 
14:30
JIW-S4
ソフトウェア開発 人材育成における課題と展望
デジタル時代における人材育成とデジタル庁への期待
(株)豆蔵K2TOPホールディングス 代表取締役社長/
(一社)ソフトウェア協会(SAJ)
会長
荻原 紀男

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

DX化とデジタル化の違いについては既に多くの文献で述べられている。しかし、業務のデジタル化に踏み出せない、手順が分からない企業にとってDX化は更に高いハードルになっているのが事実だ。デジタル庁や国への提言と絡めながら、今後企業は人材や事業をこれからのデジタル社会に適合させるにはどうしたら良いか、日本のデジタル社会について語る。

講演者プロフィール

1958年生まれ。中央大学商学部会計学科卒業。外資系会計事務所及び監査法人を経て、1996年、荻原公認会計士税理士事務所開業。税理士法人プログレス開業代表社員(現任)。
2000年にオブジェクト指向技術のコンサルティングを強みとする株式会社豆蔵を仲間と共に創業し取締役に就任。2020年にグループ持株会社となる株式会社豆蔵K2TOPホールディングスを設立、同社代表取締役社長に就任(現任)。
2014年6月より一般社団法人ソフトウェア協会(SAJ)の会長に就任(現任)、2018年 4月にはIT社会推進政治連盟を設立し会長に就任。公認会計士、ファウンダー、そして業界団体会長として様々な視点をもって活動を行う。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
残席わずか
残席わずか
無料
2021年10月28日(木)
 
12:00
 - 
13:30
JIW-S9
AI・半導体市場のゆくえ
CASE+E時代における車載E/Eアーキテクチャの変化と半導体への取組み
ルネサス エレクトロニクス(株)
執行役員 兼 オートモーティブソリューション事業本部 事業本部長
片岡 健

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

自動車技術が“CASE”(コネクティビティ、自動運転、シェアリング、電動化)へ向けて加速する中、車載E/Eアーキテクチャに大きな変化が起こっている。半導体がこれらの変化にどのような進化をもたらしていくのか、最新の動向を解説する。

講演者プロフィール

1993年、日立製作所に入社し、2003年よりルネサステクノロジにおいてマイコンおよびSoCの設計、開発に従事。2013年以降、ルネサスエレクロトニクスのオートモーティブ分野の技術部門、企画部門、事業計画部門などの要職を歴任した後、2021年4月より現職の執行役員兼オートモーティブソリューション事業本部長としてルネサスの車載事業を総括している。

閉じる▲


インテルが見据えるAI/半導体市場のゆくえ
インテル(株)
執行役員常務 第二技術本部 本部長
土岐 英秋

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

グローバルな視点からの半導体製造の状況から、同社の新たなIDM戦略(Integrated Device Manufacturer)を説明。今後、進化が期待される技術分野での製品戦略、特にAIのワークロードを効率よく処理するために重要なポイントを製品、開発環境から説明する。

講演者プロフィール

1988年インテルジャパン(株)(当時)に入社、デザインセンターに所属。その後、テクニカル・マーケティング・エンジニアなどを経て、モバイル・アプリケーション・スペシャリストとして、国内システムメーカーのノートブックPC開発の技術支援、Centrino?プラットフォームのモバイル戦略を技術面から支援。統括技術部長、技術本部 本部長を経て、2012年 執行役員 技術本部長に就任。2016年アジア太平洋地域統括 技術推進本部 ディレクターを兼任。2017年 執行役員常務に就任(注 1997年2月 インテルジャパン(株)の社名を、インテル(株)に改称)

閉じる▲


AI x IoTで開花する世界の可能性
アーム(株)
代表取締役社長
内海 弦

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

今や、スマートフォンに代表されるコネクテッドデバイスのみならず、AIやIoT、自動運転など、人々の暮らしの中で欠かせないテクノロジーの中核を担う同社より、パンデミック後の世界を変えるテクノロジーの可能性を提示し、日本企業が今後勝ち抜くためのヒントを具体的事例を交えて解説する。

講演者プロフィール

1987年、インテルジャパン株式会社(現インテル株式会社)に入社。1989年から1990年、Intel Corp.本社サンタクララ勤務。1991年から1995 年まで、フィールドアプリケーションエンジニアとして国内PC顧客の開拓・獲得活動に従事。1995 から1996年はVLSIテクノロジに勤務。デジタルコンシューマプロダクト製品の技術マーケティング・マネージャを務めた。1997年から2003年は、再びインテル株式会社に勤務。ワイヤレス技術センター、およびフィールドアプリケーション本部長代理を務めた。
2003年から2008年は、テンシリカ株式会社にて、フィールドアプリケーションディレクターとして勤務した。
2008年11月にアーム株式会社入社。OEMセールスを経て2010年にセールス担当バイスプレジデントに就任。2013年7月、代表取締役社長に就任し、現在に至る。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
残席わずか
残席わずか
無料
2021年10月28日(木)
 
14:30
 - 
15:30
JIW-S12
空飛ぶクルマ
空飛ぶクルマのしくみと未来の社会
慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科
付属研究所 顧問
中野 冠

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

国内外で空飛ぶクルマの開発競争が激しくなっており、空の移動が大衆化する社会・技術イノベーションが期待されている。我が国でも官民協議会で2023年の実用化を目指して議論が進んでいる。現状、技術・用途・ルール・インフラなど多様な課題があるが、現状の開発状況と期待される未来社会について解説して、新規参入の誘い水としたい。

講演者プロフィール

2021年4月より:慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科付属研究所顧問
2008年4月-2021年3月:慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 教授
2013年:スイス連邦工科大学訪問教授
1997年3月:名古屋工業大学博士課程工学研究科修了(在職)
1980年4月-2008年3月:(株)豊田中央研究所
1980年3月:京都大学 修士課程 工学研究科修了
博士(工学)、日本機械学会フェロー

閉じる▲


「空飛ぶクルマ」(eVTOL)をめぐる世界の動向
テトラ・アビエーション(株)
代表取締役
中井 佑

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

米国で毎年開催されている世界最大級の航空機の見本市であるAirVentureOshkosh2021に出展し、eVTOLとしての予約販売を開始した同社。世界のeVTOL開発者との交流、顧客・メディアとの交流を通じた世界のeVTOLをめぐる動向について、最新事例を交えながら解説する。

講演者プロフィール

東京大学 博士課程に在学中に一人乗りの「空飛ぶクルマ」の設計コンテストGoFlyに応募 し、2018年6月1次審査のデザインで上位10名に選ばれ賞金獲得、起業。2020年2月GoFlyFinalFlyoffにて唯一の賞金獲得。現在も資金調達を行ないながら、100kmを30分で移動する空飛ぶクルマを開発中。2021年7月米国で行われたオシュコシュエアベンチャーにて新機種を発表し、予約販売を開始した。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
無料
2021年10月29日(金)
 
10:00
 - 
10:45
JIW-S13
AI × サプライチェーン
製造・サプライチェーンにおけるデジタル変革のトレンドと将来展望
(株)NTTデータ
執行役員 製造ITイノベーション事業本部長/コンサルティング&ソリューション事業本部長
杉山 洋

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

デジタルの進展とCOVID-19により、製造業の変革は従来以上に求められている。IoT・自動化・データを活用した消費者への新たな価値提供、組織のレジリエンス向上、カーボンニュートラルへの対応など、企業がITを活用して描く将来像を同社の事例を交えながら解説する。

講演者プロフィール

NTTデータ通信(現在のNTTデータ)に入社後、製造業の大規模システム開発業務やアライアンス事業に従事。
2012年より、食品企業とのアライアンス、システム統合におけるシステム開発業務に従事。
2015年、事業部長として食品業に加えて医薬、化学等のプロセス製造領域を所掌。
2020年、製造ITイノベーション事業本部 副事業本部長に就任。
2021年、執行役員 製造ITイノベーション事業本部長 コンサルティング&ソリューション事業本部長に就任。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
無料
2021年10月29日(金)
 
10:00
 - 
10:45
JIW-S14
データセンター最新潮流
データセンターホットトピックス in 2021
東京大学大学院 情報理工学系研究科
教授
江﨑 浩

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

With/After コロナ社会ではデジタル化が前提となり、デジタルネットワークインフラとデータセンターインフラの存在は必須、かつさらなる品質・性能・堅牢性が要求されている。With/After コロナ社会の姿を展望しながら、データセンター産業に関する課題と今後の方向性に関する議論を行う。

講演者プロフィール

1987年九州大学 工学部電子工学科 修士課程修了。同年4月(株)東芝入社。総合研究所にてATMネットワーク制御技術の研究に従事。1990年より2年間、米国ニュージャージー州ベルコア社、1994年より2年間米国ニューヨーク市コロンビア大学 客員研究員。1998年10月より東京大学 大型計算機センター助教授、2001年4月より東京大学 情報理工学系研究科 助教授。2005年4月より現職(東京大学 情報理工学系研究科 教授)。WIDEプロジェクト代表。MPLS-JAPAN代表、IPv6普及・高度化推進協議会専務理事、JPNIC副理事長、ISOC(Internet Society)理事(Board of Trustee)。日本データセンター協会理事/運営委員会委員長。工学博士(東京大学)。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

専門セミナー

有料
有料
2021年10月27日(水)
 
15:30
 - 
16:30
JIW-3
製造業におけるAI/IoT活用
生産現場におけるIoT/AIの活用と実際
~インバリアント分析による品質劣化の検知と製品検査の高度化~
日本電気(株) AI・アナリティクス事業部
シニアマネージャ/シニアデータアナリスト
相馬 知也

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

最近になってIoT/AIを活用しようとする動きは大規模プラントから、組み立てや加工などの生産現場に広がってきた。今までの見える化から「収集データ活用」に視点が移っては来ているが何をどうやれば良いのかに戸惑っている現場も多い。現場での活用事例をもとにデータ活用における課題や実際の進め方のポイント、さらに進んだ検査の手法などについて紹介する。

講演者プロフィール

1988年3月、一関高専卒業。NECソリューションイノベータ入社。2010年よりビッグデータ分析技術を活用した監視の高度化、保全の効率化に取組む。現在は、工場や発電所を中心とした生産現場に対するAI/IoT技術の適用コンサルティング及び導入支援を行う。また、国内外においてスマート保安や非破壊検査、生産現場での活用を目的としたAI技術の研究開発を行う傍ら、業界団体や国などにおいて関連する委員を務める。2020年より東北大学特任准教授。医療現場でのAI活用研究と事業化の検討を行っている。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
料金:¥15000
料金:¥15000

専門セミナー

有料
有料
2021年10月28日(木)
 
13:30
 - 
14:30
JIW-7
非接触AI・IoT
アフターコロナに見る非接触デバイスの最新事情
~エッジAIで実現する「触らない技術」とは~
ディープインサイト(株)
代表取締役&CEO
久保田 良則

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

新型コロナウイルス感染予防の観点から「触れる」ことへの意識が大きく変わり、「非接触」ニーズが高まっている。非接触ビジネスの事例や技術動向を紹介しながら、同社が独自に開発したエッジAIを拡張したフィンガージェスチャーによる非接触ユーザーインターフェイスの特徴と利点について解説する。

講演者プロフィール

ベンチャー企業にて組込み開発支援ツールや人工知能言語のビジネスに従事。米Sun Microsystemsなど外資系IT企業数社でパートナー開拓、独SAPではIoTや組込み分野へのDB拡販を担当。その後ビッグデータ分析エンジン開発ベンチャーの設立に参画。ソフトバンクと連携しIBM Watsonビジネスにおける日本最初のアプリケーションパートナーとして開発プロジェクト等を推進。2016年ディープインサイト株式会社を設立し、代表取締役に就任。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
料金:¥15000
料金:¥15000

特別講演

無料
無料
2021年10月27日(水)
 
10:30
 - 
11:30
JIW-S1
スーパーアプリ最新動向
事例にみるスーパーアプリの浸透と中国のデジタル化(仮)
アリババ(株)
取締役
蒋微筱 (ジャン・ウェイシャオ)

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

世界規模で起こっているデジタル化の波において最も進んだ国の1つである中国の実情を紹介。中国消費者のライフスタイルのデジタル化、“スーパーアプリ”といったインターネット・サービスの利用率向上によってもたらされた新たな機会を活かしている事例を通じて、日本企業のデジタル化のヒントを提起する。

講演者プロフィール

2010年アリババグループに入社後、同社傘下のグローバルB2B事業の「Alibaba.com(アリババドットコム)」、E コマースの「T モール」、旅行プラットフォームの「Fliggy(フリギー)」など、複数の事業部でキャリアを積み、2018年よりアリペイジャパンの事業拡大に携わる。QR コード決済「Alipay(アリペイ)」の導入拡大や、デジタルツールを用いた訪日客向けマーケティングの企画提案に注力。

閉じる▲


LINEのスーパーアプリ基盤を活用したUX/DX改革
LINE(株) 執行役員 AIカンパニー /カンパニーCEO 砂金 信一郎

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

8800万人の月間アクティブユーザーを抱え、世代を超えて日本のコミュニケーションを支えるインフラとなったLINE。オンライン・オフライン問わず、24 時間365日いつでもどこでも、自分が必要とする人や情報・サービス、企業・ブランドと、LINEによってシームレスに繋がり、店舗などのオフライン体験も含めユーザーの生活がより豊かになる事を目指している。スーパーアプリを支える「スマートポータル」構想について、AI事業責任者が語る。

講演者プロフィール

東工大卒業後、日本オラクルにて新規事業開発、ローランド・ベルガーで戦略コンサルタント、リアルコムで製品マーケティング責任者を経験。その後クラウド黎明期からエバンジェリストとしてMicrosoft Azureの技術啓蒙やスタートアップ支援を積極的に推進した後、現職。2020年より、AIカンパニーCEOに就任。2019年度より政府CIO補佐官を兼任。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
無料
2021年10月27日(水)
 
11:45
 - 
12:45
JIW-S2
営業 × IT
2025年のデジタルID社会とは
~電子契約No.1事業者が見る、ニューノーマル時代の新たな社会基盤とは~
GMOグローバルサイン・ホールディングス(株) 代表取締役社長 青山 満

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

昨今様々な業務のDX化により、オンライン上で本人を特定し、安全かつ簡便に取引を行うための手段として「デジタルID」が不可欠となってきている。今後マイナンバーカードの普及が急激に進み、重要性が更に増す中、世界展開する唯一の国産認証局を内部にもつ同社より、電子契約で培った実績を踏まえニューノーマル時代の新たな社会基盤として何が実現できるのか、次なるビジョンを解説する。

講演者プロフィール

1967年、福井県生まれ。1989年、東海大学卒業後、航空機器制御コンピュータの開発エンジニアとして航空機のシステム設計に携わる。その後独立し、米国にてスノーボードメーカーを設立。自社ホームページを運営する中、ホスティングサービスの将来性に魅力を感じ「株式会社アイル(現GMOグローバルサイン・ホールディングス)」を創業し現在に至る。
2001年、資本提携によりGMOインターネットグループの傘下となる。2014年には、東証一部上場を果たす。現在は電子認証・印鑑、クラウドインフラ、DXの3つの事業を米国、英国、インド、中国など世界11ヶ国で展開。

閉じる▲


ニューノーマル時代の法人営業必須戦略「インサイドセールス」
~成否を分けるのはデータ主導の組織づくり~
SALES ROBOTICS(株) 代表取締役CEO/
(株)ヒト・コミュニケーションホールディングス
執行役員CIO
内山 雄輝

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

足で稼ぐのが当然だった法人営業も、コロナ禍の影響で様変わりし、受注までの様々な工程を非対面で取り組む企業は多い。ITを活用することで、かなりの工程を効率化・半自動化することが可能だが、それらに取り組む際に気を付けたい 体制の構築方法や管理方法などのナレッジを紹介する。

講演者プロフィール

1981年、静岡県湖西市出身。2004年、早稲田大学第一文学部中国語・中国文学専修卒業。同年、株式会社WEICを設立。2005年、中国市場開拓人材の語学教育向けe-ラーニングシステムを開発。2014年、SFA(営業支援システム)とインサイドセールスを融合した新規商談獲得サービスを開始、インサイドセールスクラウドサービス「SALES BASE」を提供。2016年4月よりソフトウエアベンダーの業界団体「MIJS(Made in Japan Software&Service)コンソーシアム」理事長を務める。2018年6月、e-ラーニング事業(HR BASE事業)を譲渡。同年10月より、SALES ROBOTICS株式会社へ商号を変更。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
無料
2021年10月29日(金)
 
11:45
 - 
12:30
JIW-S16
次世代店舗
多店舗展開チェーン企業のデータに基づく店舗戦略
~商圏に紐づく多様な生活者データから最適戦略を導くGEOマーケティング~
技研商事インターナショナル(株) 執行役員
マーケティング部 部長
市川 史祥

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

小売や飲食などの多店舗展開企業は、出店や販促の有効な施策立案のために様々なデータを用いて商圏分析・エリアマーケティングを行っている。その分析手法や環境、データは時代とともに大きく進化してきている。大手企業の先進事例などを交えながら、GEOマーケティングの世界観について、難解な言葉ではなく文字よりもビジュアルを用いて、わかりやすく解説する。

講演者プロフィール

1972年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。不動産業、出版社を経て2002年より技研商事インターナショナルに所属。小売・飲食・メーカー・サービス業などのクライアントへGIS(地図情報システム)の運用支援・エリアマーケティング支援を行っている。わかりやすいセミナーが定評。年間講演実績90回以上。
医療経営士/介護福祉経営士
流通経済大学客員講師/共栄大学客員講師
一般社団法人LBMA Japan 理事

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

【 パネルディスカッション 】
無料
無料
2021年10月27日(水)
 
14:30
 - 
16:30
JIW-S5
5G/6Gに向けた展望 
ソフトバンクBeyond 5G / 6G構想と挑戦
ソフトバンク(株) 先端技術開発本部 本部長/
HAPSモバイル(株) 取締役/MONET Technologies(株) 取締役/5x5 Technologies, Board
湧川 隆次

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

2030年ごろに登場されるとする6Gとそれに至るまでに起こるBeyond 5Gでは、モバイルネットワークは如何に変容し、どのような恩恵を社会にもたらすのだろうか。同社が考える未来の通信の世界と実現に向けた挑戦について解説する。

講演者プロフィール

2004年慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 後期博士課程修了
2005年慶應義塾大学環境情報学部 有期専任講師
2008年トヨタIT開発センター日本本社
2009年トヨタIT開発センター北米支社(最終職:シニアリサーチアーキテクト)
2013年ソフトバンク株式会社, ネットワーク本部 担当部長
2014年ソフトバンク株式会社, ネットワークアーキテクチャ開発室 室長
2015年Sprint, Director of Wireline Engineering
2016年Sprint, Director of Network Strategy
2017年ソフトバンク株式会社、CTO室 室長
2018年ソフトバンク株式会社 IoT事業開発本部 副本部長

概要
IPを使ったモバイル技術の研究開発をおこなう。2000年からは、インターネットの標準化団体であるIETFで通信プロトコル策定に参画。モバイル通信向けのIP規格であるモバイルIPやアドホックネットワークに関与。モバイル技術を用いたコネクテッドカーの研究開発を実施した後、ソフトバンクでは5Gや6Gを含む移動体通信の研究開発、および通信を使った新規事業の創出を担当。

受賞歴
2007年:エリクソンヤングサイエンティストアワード受賞

著書
・アンワイアード 果てしなきインターネットの未来―4Gへのシナリオ」
・モバイルIP教科書(株式会社インプレス)
・ITの正体(株式会社インプレス、Amazon Kindle売上で1位獲得)
など

主要論文
1. "Data Naming in Vehicle-to-Vehicle Communications”, IEEE Infocom Workshop on Emerging Design Choices in Name-Oriented Networking. 2012
2. "Supporting Mobility for Internet Cars”, IEEE Communication Magazine, 2011
3. "The Applicability of Virtual Interface for Inter-technology handoffs in Proxy Mobile IPv6”, Wireless Communications and Mobile Computing, Wiley InterScience, 2011
4. “Migrating Home Agents towards Internet-Scale Mobility Deployments”, ACM 2nd CoNEXT Conference on Future Networking Technologies, 2006

IETF標準文書
RFC3963: Network Mobility (NEMO) Basic Support Protocol
RFC4887: Network Mobility Home Network Models
RFC4908: Multihoming for Small-Scale Fixed Networks Using Mobile IP and Network Mobility (NEMO)
RFC5555: Mobile IPv6 Support for Dual Stack Hosts and Routers
RFC5648: Multiple Care-of Addresses Registration
RFC5844: IPv4 Support for Proxy Mobile IPv6
RFC6281: Understanding Apple's Back to My Mac (BTMM) Service
RFC6301: A Survey of Mobility Support in the Internet
RFC6475: Proxy Mobile IPv6 Management Information Base
RFC7389: Separation of Control and User Plane for Proxy Mobile IPv6

閉じる▲


5G・IoT によるDX の加速
~Connected が生み出す価値~
KDDI(株) サービス企画開発本部
5G・IoTサービス企画部長
野口 一宙

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

順調に拡大するIoT の取り組みとその先にある 5G によるデジタルトランスフォーメーションの 加速について、事例を交えながら、AWS Wavelength などエッジクラウドやサブスクリプション モデルを支援するビジネス基盤など KDDI の最新アセットおよび共創取り組みについて紹介する。

講演者プロフィール

2000年に KDD (現 KDDI )に入社。
SMS(Cメール)や動画配信等 au の商品・サービス企画を担当。
2008年より電子書籍やフォトフレーム等コンシューマ向け IoT 端末の企画開発に従事。
2011年よりソリューション事業本部にて B2B2C 向け IoT ビジネス開発を担当。
2015年よりグループリーダーとして法人向け IoT の中期戦略・サービス基盤企画を担当。
2019年 10 月より 5G ・ IoT サービス企画部長として、法人向け 5G ・ IoT のサービスを担当。

閉じる▲


5G Evolution and 6G
(株)NTTドコモ 執行役員
6G-IOWN 推進部 部長
中村 武宏

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

5Gの商用化が世界中で進められており、同社も20年3月より5G商用サービスを開始、現在もエリア拡大を進めている。同社は5Gのさらなる高度化を目指し、初期5Gの課題やマーケットニーズを元に研究開発を進めている。また、国内外で既にBeyond 5G/6Gに向けた検討が精力的に進められており、多くのプロジェクトが発足している。同社における5Gの高度化と6Gに関するコンセプトや最新の取り組みについて説明する。

講演者プロフィール

1990年 横浜国立大学 修士卒。 1990年 NTT 入社。 1992 年より、 NTT DOCOMOにて W-CDMA, HSPA, LTE/LTE-Advanced, 5G , 5G evolution & 6G の研究開発および標準化に従事。現在、(株)NTT ドコモ 執行役員 6G-IOWN 推進部 部長 。 1997 年より ARIBでの移動通信システム標準化に参加。 2006 年~ 2014 年 2 月、高度無線通信研究委員会 モバイル・パートナーシップ部会 部会長。現在、 5G モバイル推進フォーラム企画委員会委員長代理 、 2016 年より ITS 情報通信システム推進会議 高度化専門委員会 セルラーシステム TG 主査、 2021 年 2 月より Beyond 5G 推進コンソーシアム 白書分科会主査。
1999年より、3GPP での標準化に参加。 2005-2009 年 3GPP TSG-RAN 副議長、2009~2013 年 3 月 3GPP TSG-RAN 議長を歴任。

閉じる▲


【モデレーター】
(株)TBSテレビ


杉山 真也
お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
残席わずか
残席わずか
無料
2021年10月28日(木)
 
12:00
 - 
13:00
JIW-S10
データ利活用ビジネスの展望
カギはパーソナルデータの本人への集約にあった
~分散情報銀行の展開~
東京大学大学院 情報理工学系研究科 ソーシャルICT研究センター
教授
橋田 浩一

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

パーソナルデータを本人に集約することで自ずと名寄せされ価値が高まったデータを本人がフル活用でき、2次利用のために提供することも簡単になるとともに、安全性も高まる。つまり、情報銀行のサービスを利用者端末に分散させ単一障害点をなくすことでリスクとコストが低減し利便性と収益が高まる。集約をするとユーザーや事業者にとって、どんなメリットがあるのか、技術の概要を説明し、ユースケースを紹介する。

講演者プロフィール

1981年東京大学理学部情報科学科卒業。1986年同大学院理学系研究科博士課程修了。理学博士。1986年電子技術総合研究所入所。1988年から1992年まで(財)新世代コンピュータ技術開発機構に出向。2001年から2013年まで産業技術総合研究所。2013年から東京大学大学院情報理工学系研究科ソーシャルICT研究センター教授。理化学研究所 革新知能統合研究センター 社会における人工知能研究グループ グループディレクタを兼任。専門は自然言語処理、人工知能、認知科学。現在の主な研究テーマはパーソナルデータの分散管理と意味的構造化およびそれに基づく人工知能。

閉じる▲


2022年からのパーソナルデータ活用
(株)DataSign
Founder 代表取締役社長
太田 祐一

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

改正個人情報保護法の施行を2022年4月に控え、GAFAによるデータ取得制限もより厳しくなっていく中で、これからのパーソナルデータ活用はどうあるべきなのか。Privacy Sandbox、ゼロパーティーデータ、データクリーンルーム、Unified ID、情報銀行等、新しい言葉やソリューションが生まれる中で、何に取組めばよいのか、それぞれの仕組みや役割を解説しながら、本質を見失わないようにパーソナルデータ活用を推進していくための体制づくりについても紹介する。

講演者プロフィール

DMPやMAツールなど企業主体でパーソナルデータを活用するシステムを開発してきたが、個人がコントロールできない不透明な状態でのデータ収集・活用に限界を感じ、データ活用の透明性確保と個人を中心とした公正なデータ流通を実現するため、DataSignを設立。DataSignが開発する「paspit」は初となる情報銀行の通常認定を受ける。

一般社団法人MyDataJapan常務理事。MyDataGlobal founding member.
内閣官房デジタル市場競争本部 Trusted Web推進協議会委員。
総務省・経産省情報信託機能の認定スキームの在り方に関する検討会委員。
総務省プラットフォームサービスに係る利用者情報の取扱いに関するワーキンググループ構成員。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
無料
2021年10月29日(金)
 
10:00
 - 
10:45
JIW-S14
データセンター最新潮流
データセンターホットトピックス in 2021
東京大学大学院 情報理工学系研究科
教授
江﨑 浩

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

With/After コロナ社会ではデジタル化が前提となり、デジタルネットワークインフラとデータセンターインフラの存在は必須、かつさらなる品質・性能・堅牢性が要求されている。With/After コロナ社会の姿を展望しながら、データセンター産業に関する課題と今後の方向性に関する議論を行う。

講演者プロフィール

1987年九州大学 工学部電子工学科 修士課程修了。同年4月(株)東芝入社。総合研究所にてATMネットワーク制御技術の研究に従事。1990年より2年間、米国ニュージャージー州ベルコア社、1994年より2年間米国ニューヨーク市コロンビア大学 客員研究員。1998年10月より東京大学 大型計算機センター助教授、2001年4月より東京大学 情報理工学系研究科 助教授。2005年4月より現職(東京大学 情報理工学系研究科 教授)。WIDEプロジェクト代表。MPLS-JAPAN代表、IPv6普及・高度化推進協議会専務理事、JPNIC副理事長、ISOC(Internet Society)理事(Board of Trustee)。日本データセンター協会理事/運営委員会委員長。工学博士(東京大学)。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
無料
2021年10月27日(水)
 
10:30
 - 
11:30
JIW-S1
スーパーアプリ最新動向
事例にみるスーパーアプリの浸透と中国のデジタル化(仮)
アリババ(株)
取締役
蒋微筱 (ジャン・ウェイシャオ)

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

世界規模で起こっているデジタル化の波において最も進んだ国の1つである中国の実情を紹介。中国消費者のライフスタイルのデジタル化、“スーパーアプリ”といったインターネット・サービスの利用率向上によってもたらされた新たな機会を活かしている事例を通じて、日本企業のデジタル化のヒントを提起する。

講演者プロフィール

2010年アリババグループに入社後、同社傘下のグローバルB2B事業の「Alibaba.com(アリババドットコム)」、E コマースの「T モール」、旅行プラットフォームの「Fliggy(フリギー)」など、複数の事業部でキャリアを積み、2018年よりアリペイジャパンの事業拡大に携わる。QR コード決済「Alipay(アリペイ)」の導入拡大や、デジタルツールを用いた訪日客向けマーケティングの企画提案に注力。

閉じる▲


LINEのスーパーアプリ基盤を活用したUX/DX改革
LINE(株) 執行役員 AIカンパニー /カンパニーCEO 砂金 信一郎

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

8800万人の月間アクティブユーザーを抱え、世代を超えて日本のコミュニケーションを支えるインフラとなったLINE。オンライン・オフライン問わず、24 時間365日いつでもどこでも、自分が必要とする人や情報・サービス、企業・ブランドと、LINEによってシームレスに繋がり、店舗などのオフライン体験も含めユーザーの生活がより豊かになる事を目指している。スーパーアプリを支える「スマートポータル」構想について、AI事業責任者が語る。

講演者プロフィール

東工大卒業後、日本オラクルにて新規事業開発、ローランド・ベルガーで戦略コンサルタント、リアルコムで製品マーケティング責任者を経験。その後クラウド黎明期からエバンジェリストとしてMicrosoft Azureの技術啓蒙やスタートアップ支援を積極的に推進した後、現職。2020年より、AIカンパニーCEOに就任。2019年度より政府CIO補佐官を兼任。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
無料
2021年10月28日(木)
 
10:15
 - 
11:00
JIW-S8
CX(顧客体験)向上の最新戦略
コロナ以降のマーケティング最適化のヒント
~マーケティングDXの前提~
(株)クー・マーケティング・カンパニー 代表取締役 音部 大輔

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

効果的なマーケティングDXの実現には、データによる消費者理解をもとに、マーケティング活動の全体最適を俯瞰する設計を必要だ。多様なブランド体験を最適に配置することで、各パートナー企業の支援をうまく引き出し、ブランドの持続的な競争優位を構築するコツを解説する。

講演者プロフィール

17年間の日米P&Gを経て、欧州系消費財メーカーや資生堂などで、マーケティング組織強化やビジネスの回復・伸長をマーケティング担当副社長やCMOとして主導。2018年より独立し、現職。NHK、関西電力をはじめ、国内外の多様なクライアントにマーケティング組織強化やブランド戦略などを支援。博士(経営学 神戸大学)。 著書に『なぜ「戦略」で差がつくのか。』(宣伝会議)、『マーケティングプロフェッショナルの視点』(日経BP)がある。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

専門セミナー

有料
有料
2021年10月28日(木)
 
11:30
 - 
12:30
JIW-5
ブランディング成功事例
Withコロナ時代のイノベーティブ・マーケティング
~「スーパードライ生ジョッキ缶」誕生秘話~
アサヒビール(株) マーケティング本部 ビールマーケティング部
ブランドマネージャー
中島 健

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

“お店で生ビールがきた時のワクワク感とあのうまさを、家でも楽しみたい”このインサイトに辿り着いたのは、ある一人のお客様が発した、何気ない一言だった。お酒の持つポジティブな力。ビールの楽しさ、うまさを伝えたい。こんな想いから生まれた、スーパードライ生ジョッキ缶の開発秘話について、事例を交え紹介する。

講演者プロフィール

2004年アサヒビール株式会社入社。
中部地区に配属され、愛知・三重・岐阜・静岡県エリアの量販店を担当する営業を経て、
2010年ビールマーケティング部に異動。以降、クリアアサヒやドライゼロなどを担当し、
2017年より現職のスーパードライを担当。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
料金:¥15000
料金:¥15000

入門セミナー

有料
有料
2021年10月29日(金)
 
11:30
 - 
12:30
JIW-11
DX×データ活用事例 <入門>
DX推進の第一歩
~顧客データの活用術~
(株)ジーニー マーケティングテクノロジー事業本部
コマーシャル営業部 マネージャー
袴田 徳朗

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

DX推進で「とりあえずツールを導入したけれど、使いこなせていない」「自社に必要なDXの方法そのものがわからない」「まだエクセルで情報管理をしている」…このような企業は何から取り組めばよいのか?営業支援ツールの提供会社として企業のITツール導入を支援してきた当社がDXの基礎である顧客データ活用ノウハウと要点を紹介する。

講演者プロフィール

ECサイト・基幹システム構築ベンダー営業を6年経験したのち、実際の現場運用を知るため、専門商社でECサイト立ち上げ物流管理までをマネジメントしながら月商1億円を生み出す。その後、海外の数々の専門商材を、国内専売契約を結ぶことで事業を拡大。
営業のプロフェッショナルとして自身の領域を広げるため、企業の課題を解決し、営業や事業を改革するためするSFA事業へ転身。
8年間で延べ1,000社の提案活動を経て数百社の導入を支援。
IT+営業+現場の経験を踏まえて、企業の営業・事業拡大を推し進める営業コンサルティングを得意とする。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
料金:¥2000
料金:¥2000

特別講演

無料
残席わずか
残席わずか
無料
2021年10月27日(水)
 
12:30
 - 
13:30
JIW-S3
DX最新事例
デジタルトランスフォーメーション(DX)、ピンときづらいキーワードとどう付き合うか?
~ アマゾン、AWSが考えるDXストーリー~
アマゾン ウェブ サービス ジャパン(株) シニア エバンジェリスト 亀田 治伸

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

デジタルトランスフォーメーション(DX)という言葉が語られるようになって久しい。経済産業省が2025年の壁、というレポートを出し、日本でもその重要性が議論されている一方で、DXが持つ本質の理解はなかなか進まず、思うように手を打てていない状況が多く存在している。これは、DXという言葉の響きが多くの誤解を誘発していることに起因していると考えられるが、同社が考えるDXついて、最新事例を交えながら紹介する。

講演者プロフィール

認証系ASP、動画・音楽配信システム構築、決済代行事業者、暗号・認証商品ベンダーを経て現職。幅広いAWSのサービス群をソリューションとして構成したメッセージングを配信する傍ら、Blog、Web、カタログ、PPT等AWSのメッセージング管理作成業務を日々遂行。

閉じる▲


アフターコロナ時代のDX 戦略
~GAFAな働き方を普通の日本の会社でやってみて分かった事~
(株)KADOKAWA Connected 代表取締役社長 各務 茂雄

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

DXを進める中で、どの企業においても課題となるのは「どこから着手するべきか」ではないか。DXというとデジタルビジネスの開発や戦略に着目するが、その本質はシステムの刷新だけではなく、組織文化の変革、チームの作り方と運営方法にある。 著書である「世界一わかりやすい DX 入門」の内容に加えて、社内対話の重要性や方法、マネジメント層がやるべき事について、経営改革を実行して得られた実践的な内容を伝える。

講演者プロフィール

KADOKAWAの戦略子会社として設立された KADOKAWA Connected社長。情報経営イノベーション専門職大学准教授。Microsoft Corporationにてモビリティ&クラウド技術部部長、アマゾン ウェブ サービス ジャパンで Professional Service 本部長を経た後、 2017年 1月にドワンゴ入社、 ICTサービス本部本部長などを歴任。 18年 6月、カドカワ(現 KADOKAWA)のグループ CIOに着任。KADOKAWA、ドワンゴを含むグループ全体の IT戦略を担当。 19年 4月より現職。 KADOKAWAグループで運営するサービスのインフラ開発・運用や ICTコンサルティング、働き方改革支援を手がけ、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション( DX)アドバイザリーサービスも提供。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

【 対談 】
無料
無料
2021年10月27日(水)
 
15:45
 - 
16:30
JIW-S6
EC・ライブコマース
ライブコマースが切り拓く、物が売れるSNSの時代
(株)KOS
モテクリエイター
ゆうこす  

(株)アイレップ
ライブコマースエヴァンジェリスト
武者 慶佑

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

オンラインで物を買うことが、当たり前になった昨今。withコロナでライブコマースが再び注目される中、緊急事態宣言などによる外出自粛でその流れはさらに加速している。実店舗と同等の接客が受けられる、多くの人に見てもらえる生配信とは?過去に多数のライブコマースを成功させてきた実績から見えてきた、SNSで物を売るとはどういうことか、ライブコマースとSNSのバランスを解説する。

講演者プロフィール

<ゆうこす(菅本裕子)>
1994年、福岡県生まれ。「モテクリエイター」として、SNSを中心にタレント、インフルエンサーとして活躍中。
スキンケアブランド「YOAN」の立ち上げや、ライバー事務所「321」のファウンダー、アパレルブランド「REVEYU」、カラーコンタクト「chu's me」のプロデュースなど、多岐に渡り事業を展開。その他、著書に『#ライブ配信の教科書』など。SNSの総フォロワー数は165万人以上。


<武者 慶佑>
事業会社のマーケティング部を経て、2012年よりシェアコトに勤務。2021年4月よりアイレップに参画。ブランドファンの構築とコンテンツファン視点の企画が専門。これまでSNS分析をベースに、通信・製薬・自動車・小売・金融など、業界を問わずファン視点のエンタメタイアッププロモーションや、映画宣伝のコンサルティング、カフェチェーンのブランドマネージャー、世界コスプレサミット社外取締役なども歴任。
また、自身で日本グミ協会を設立し、現在は名誉会長として活動。マツコの知らない世界、99人の壁など多数のメディアに出演し、SNSフォロワーは延べ10万人。しゃべれるグミインフルエンサーとして活動する中で、現在はライブコマース・エヴァンジェリストとして啓蒙活動。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
無料
2021年10月28日(木)
 
14:30
 - 
15:30
JIW-S11
アフターコロナ × DX
企業のレジリエンスを高めるためのDX手法
富士通(株)
理事 首席エバンジェリスト
中山 五輪男

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

様々な状況に対して柔軟に対応できる力がレジリエンスであり、企業においてはレジリエンスを高めるための各種取り組みが必要とされている。現代において、企業活動の全てを多面的に分析し数々のDXを進めることが求められる中、レジリエンスを高めるDX手法について説明する。

講演者プロフィール

1964年長野県生まれ。法政大学卒業後、複数のIT企業を経て、2017年富士通(株)入社。最先端テクノロジーを得意分野として年間約200回以上の講演活動を行う。書籍の執筆活動やTV番組出演の他、国内30以上の大学で特別講師も務めている。

閉じる▲


アフターコロナの世界大予想、テクノロジーはどう世界を変えるか?
日本マイクロソフト(株)
業務執行役員 エバンジェリスト
西脇 資哲

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

コロナによって激変した世界情勢。その変化を支えたのもテクノロジーであり、これから先の世界を作り上げていくのも、やはりテクノロジー。アフターコロナの世界ではどのようなテクノロジーが世界を変えていくのか、IT業界の巨人ある同社はどのようなテクノロジーで世界に貢献しようとしているのか、最新事例やデモを交えながら解説する。

講演者プロフィール

日本経済新聞でも紹介されたIT「伝道師」。IT業界の著名エバンジェリスト。エバンジェリストとはわかりやすく製品やサービス、技術を紹介する職種。現在はマイクロソフトにて多くの製品・サービスを伝え広めるエバンジェリスト。1990年代から企業システム、データベース、Java、インターネットのビジネスに関与し、1996年からオラクル社にてエバンジェリスト、2009年からはマイクロソフト社にてエバンジェリスト活動を継続。最新ITに係るプレゼンテーションやデモンストレーションに加え、ドローンやブロックチェーン・仮想通貨などのトレンドに関するプレゼンテーションも行っている。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

入門セミナー

有料
満席
満席
有料
2021年10月28日(木)
 
13:30
 - 
14:30
JIW-8
SNSマーケティング <入門>
売上アップにつながるソーシャルメディアマーケティング
~成功のポイントはUGC(ユーザー生成コンテンツ)~
(株)ホットリンク
執行役員CMO 兼 IS責任者
飯髙 悠太

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

一般的にソーシャルメディア運用をする場合、自社のアカウントを運用してフォロワーを集めることがKPIとなる。フォロワーを集めてみたものの、結果として、売上につながらないと感じている方もいるのではないか?売上アップにつなげるソーシャルメディアマーケティングについて事例も交えて解説する。

講演者プロフィール

広告代理店、制作会社、スタートアップで複数のWebサービスやメディアを立ち上げる。企業のWebマーケティングやSNSプロモーションをはじめ、東証1部上場企業を含めて100社以上のコンサルティングを経験。2014年4月「ferret」の立ち上げに伴い株式会社ベーシックに入社後、「ferret」創刊編集長、執行役員に就任。2019年1月よりホットリンクに入社し、同年4月に執行役員CMOに就任。自著は『僕らはSNSでモノを買う』(5刷)、『アスリートのためのソーシャルメディア活用術』。

閉じる▲

お申込み 
料金:¥2000

特別講演

無料
残席わずか
残席わずか
無料
2021年10月28日(木)
 
12:00
 - 
13:30
JIW-S9
AI・半導体市場のゆくえ
CASE+E時代における車載E/Eアーキテクチャの変化と半導体への取組み
ルネサス エレクトロニクス(株)
執行役員 兼 オートモーティブソリューション事業本部 事業本部長
片岡 健

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

自動車技術が“CASE”(コネクティビティ、自動運転、シェアリング、電動化)へ向けて加速する中、車載E/Eアーキテクチャに大きな変化が起こっている。半導体がこれらの変化にどのような進化をもたらしていくのか、最新の動向を解説する。

講演者プロフィール

1993年、日立製作所に入社し、2003年よりルネサステクノロジにおいてマイコンおよびSoCの設計、開発に従事。2013年以降、ルネサスエレクロトニクスのオートモーティブ分野の技術部門、企画部門、事業計画部門などの要職を歴任した後、2021年4月より現職の執行役員兼オートモーティブソリューション事業本部長としてルネサスの車載事業を総括している。

閉じる▲


インテルが見据えるAI/半導体市場のゆくえ
インテル(株)
執行役員常務 第二技術本部 本部長
土岐 英秋

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

グローバルな視点からの半導体製造の状況から、同社の新たなIDM戦略(Integrated Device Manufacturer)を説明。今後、進化が期待される技術分野での製品戦略、特にAIのワークロードを効率よく処理するために重要なポイントを製品、開発環境から説明する。

講演者プロフィール

1988年インテルジャパン(株)(当時)に入社、デザインセンターに所属。その後、テクニカル・マーケティング・エンジニアなどを経て、モバイル・アプリケーション・スペシャリストとして、国内システムメーカーのノートブックPC開発の技術支援、Centrino?プラットフォームのモバイル戦略を技術面から支援。統括技術部長、技術本部 本部長を経て、2012年 執行役員 技術本部長に就任。2016年アジア太平洋地域統括 技術推進本部 ディレクターを兼任。2017年 執行役員常務に就任(注 1997年2月 インテルジャパン(株)の社名を、インテル(株)に改称)

閉じる▲


AI x IoTで開花する世界の可能性
アーム(株)
代表取締役社長
内海 弦

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

今や、スマートフォンに代表されるコネクテッドデバイスのみならず、AIやIoT、自動運転など、人々の暮らしの中で欠かせないテクノロジーの中核を担う同社より、パンデミック後の世界を変えるテクノロジーの可能性を提示し、日本企業が今後勝ち抜くためのヒントを具体的事例を交えて解説する。

講演者プロフィール

1987年、インテルジャパン株式会社(現インテル株式会社)に入社。1989年から1990年、Intel Corp.本社サンタクララ勤務。1991年から1995 年まで、フィールドアプリケーションエンジニアとして国内PC顧客の開拓・獲得活動に従事。1995 から1996年はVLSIテクノロジに勤務。デジタルコンシューマプロダクト製品の技術マーケティング・マネージャを務めた。1997年から2003年は、再びインテル株式会社に勤務。ワイヤレス技術センター、およびフィールドアプリケーション本部長代理を務めた。
2003年から2008年は、テンシリカ株式会社にて、フィールドアプリケーションディレクターとして勤務した。
2008年11月にアーム株式会社入社。OEMセールスを経て2010年にセールス担当バイスプレジデントに就任。2013年7月、代表取締役社長に就任し、現在に至る。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
残席わずか
残席わずか
無料
2021年10月28日(木)
 
14:30
 - 
15:30
JIW-S12
空飛ぶクルマ
空飛ぶクルマのしくみと未来の社会
慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科
付属研究所 顧問
中野 冠

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

国内外で空飛ぶクルマの開発競争が激しくなっており、空の移動が大衆化する社会・技術イノベーションが期待されている。我が国でも官民協議会で2023年の実用化を目指して議論が進んでいる。現状、技術・用途・ルール・インフラなど多様な課題があるが、現状の開発状況と期待される未来社会について解説して、新規参入の誘い水としたい。

講演者プロフィール

2021年4月より:慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科付属研究所顧問
2008年4月-2021年3月:慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 教授
2013年:スイス連邦工科大学訪問教授
1997年3月:名古屋工業大学博士課程工学研究科修了(在職)
1980年4月-2008年3月:(株)豊田中央研究所
1980年3月:京都大学 修士課程 工学研究科修了
博士(工学)、日本機械学会フェロー

閉じる▲


「空飛ぶクルマ」(eVTOL)をめぐる世界の動向
テトラ・アビエーション(株)
代表取締役
中井 佑

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

米国で毎年開催されている世界最大級の航空機の見本市であるAirVentureOshkosh2021に出展し、eVTOLとしての予約販売を開始した同社。世界のeVTOL開発者との交流、顧客・メディアとの交流を通じた世界のeVTOLをめぐる動向について、最新事例を交えながら解説する。

講演者プロフィール

東京大学 博士課程に在学中に一人乗りの「空飛ぶクルマ」の設計コンテストGoFlyに応募 し、2018年6月1次審査のデザインで上位10名に選ばれ賞金獲得、起業。2020年2月GoFlyFinalFlyoffにて唯一の賞金獲得。現在も資金調達を行ないながら、100kmを30分で移動する空飛ぶクルマを開発中。2021年7月米国で行われたオシュコシュエアベンチャーにて新機種を発表し、予約販売を開始した。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
無料
2021年10月27日(水)
 
10:30
 - 
11:30
JIW-S1
スーパーアプリ最新動向
事例にみるスーパーアプリの浸透と中国のデジタル化(仮)
アリババ(株)
取締役
蒋微筱 (ジャン・ウェイシャオ)

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

世界規模で起こっているデジタル化の波において最も進んだ国の1つである中国の実情を紹介。中国消費者のライフスタイルのデジタル化、“スーパーアプリ”といったインターネット・サービスの利用率向上によってもたらされた新たな機会を活かしている事例を通じて、日本企業のデジタル化のヒントを提起する。

講演者プロフィール

2010年アリババグループに入社後、同社傘下のグローバルB2B事業の「Alibaba.com(アリババドットコム)」、E コマースの「T モール」、旅行プラットフォームの「Fliggy(フリギー)」など、複数の事業部でキャリアを積み、2018年よりアリペイジャパンの事業拡大に携わる。QR コード決済「Alipay(アリペイ)」の導入拡大や、デジタルツールを用いた訪日客向けマーケティングの企画提案に注力。

閉じる▲


LINEのスーパーアプリ基盤を活用したUX/DX改革
LINE(株) 執行役員 AIカンパニー /カンパニーCEO 砂金 信一郎

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

8800万人の月間アクティブユーザーを抱え、世代を超えて日本のコミュニケーションを支えるインフラとなったLINE。オンライン・オフライン問わず、24 時間365日いつでもどこでも、自分が必要とする人や情報・サービス、企業・ブランドと、LINEによってシームレスに繋がり、店舗などのオフライン体験も含めユーザーの生活がより豊かになる事を目指している。スーパーアプリを支える「スマートポータル」構想について、AI事業責任者が語る。

講演者プロフィール

東工大卒業後、日本オラクルにて新規事業開発、ローランド・ベルガーで戦略コンサルタント、リアルコムで製品マーケティング責任者を経験。その後クラウド黎明期からエバンジェリストとしてMicrosoft Azureの技術啓蒙やスタートアップ支援を積極的に推進した後、現職。2020年より、AIカンパニーCEOに就任。2019年度より政府CIO補佐官を兼任。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
残席わずか
残席わずか
無料
2021年10月27日(水)
 
12:30
 - 
13:30
JIW-S3
DX最新事例
デジタルトランスフォーメーション(DX)、ピンときづらいキーワードとどう付き合うか?
~ アマゾン、AWSが考えるDXストーリー~
アマゾン ウェブ サービス ジャパン(株) シニア エバンジェリスト 亀田 治伸

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

デジタルトランスフォーメーション(DX)という言葉が語られるようになって久しい。経済産業省が2025年の壁、というレポートを出し、日本でもその重要性が議論されている一方で、DXが持つ本質の理解はなかなか進まず、思うように手を打てていない状況が多く存在している。これは、DXという言葉の響きが多くの誤解を誘発していることに起因していると考えられるが、同社が考えるDXついて、最新事例を交えながら紹介する。

講演者プロフィール

認証系ASP、動画・音楽配信システム構築、決済代行事業者、暗号・認証商品ベンダーを経て現職。幅広いAWSのサービス群をソリューションとして構成したメッセージングを配信する傍ら、Blog、Web、カタログ、PPT等AWSのメッセージング管理作成業務を日々遂行。

閉じる▲


アフターコロナ時代のDX 戦略
~GAFAな働き方を普通の日本の会社でやってみて分かった事~
(株)KADOKAWA Connected 代表取締役社長 各務 茂雄

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

DXを進める中で、どの企業においても課題となるのは「どこから着手するべきか」ではないか。DXというとデジタルビジネスの開発や戦略に着目するが、その本質はシステムの刷新だけではなく、組織文化の変革、チームの作り方と運営方法にある。 著書である「世界一わかりやすい DX 入門」の内容に加えて、社内対話の重要性や方法、マネジメント層がやるべき事について、経営改革を実行して得られた実践的な内容を伝える。

講演者プロフィール

KADOKAWAの戦略子会社として設立された KADOKAWA Connected社長。情報経営イノベーション専門職大学准教授。Microsoft Corporationにてモビリティ&クラウド技術部部長、アマゾン ウェブ サービス ジャパンで Professional Service 本部長を経た後、 2017年 1月にドワンゴ入社、 ICTサービス本部本部長などを歴任。 18年 6月、カドカワ(現 KADOKAWA)のグループ CIOに着任。KADOKAWA、ドワンゴを含むグループ全体の IT戦略を担当。 19年 4月より現職。 KADOKAWAグループで運営するサービスのインフラ開発・運用や ICTコンサルティング、働き方改革支援を手がけ、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション( DX)アドバイザリーサービスも提供。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
無料
2021年10月28日(木)
 
14:30
 - 
15:30
JIW-S11
アフターコロナ × DX
企業のレジリエンスを高めるためのDX手法
富士通(株)
理事 首席エバンジェリスト
中山 五輪男

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

様々な状況に対して柔軟に対応できる力がレジリエンスであり、企業においてはレジリエンスを高めるための各種取り組みが必要とされている。現代において、企業活動の全てを多面的に分析し数々のDXを進めることが求められる中、レジリエンスを高めるDX手法について説明する。

講演者プロフィール

1964年長野県生まれ。法政大学卒業後、複数のIT企業を経て、2017年富士通(株)入社。最先端テクノロジーを得意分野として年間約200回以上の講演活動を行う。書籍の執筆活動やTV番組出演の他、国内30以上の大学で特別講師も務めている。

閉じる▲


アフターコロナの世界大予想、テクノロジーはどう世界を変えるか?
日本マイクロソフト(株)
業務執行役員 エバンジェリスト
西脇 資哲

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

コロナによって激変した世界情勢。その変化を支えたのもテクノロジーであり、これから先の世界を作り上げていくのも、やはりテクノロジー。アフターコロナの世界ではどのようなテクノロジーが世界を変えていくのか、IT業界の巨人ある同社はどのようなテクノロジーで世界に貢献しようとしているのか、最新事例やデモを交えながら解説する。

講演者プロフィール

日本経済新聞でも紹介されたIT「伝道師」。IT業界の著名エバンジェリスト。エバンジェリストとはわかりやすく製品やサービス、技術を紹介する職種。現在はマイクロソフトにて多くの製品・サービスを伝え広めるエバンジェリスト。1990年代から企業システム、データベース、Java、インターネットのビジネスに関与し、1996年からオラクル社にてエバンジェリスト、2009年からはマイクロソフト社にてエバンジェリスト活動を継続。最新ITに係るプレゼンテーションやデモンストレーションに加え、ドローンやブロックチェーン・仮想通貨などのトレンドに関するプレゼンテーションも行っている。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
残席わずか
残席わずか
無料
2021年10月29日(金)
 
11:45
 - 
12:30
JIW-S15
DX推進政策の最新動向
デジタル化の本質と成長ビジネスへの変革
~デジタル産業の創出に向けたDX推進の政策展開~
経済産業省 商務情報政策局 情報経済課
アーキテクチャ戦略企画室長
和泉 憲明

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

新型コロナウイルスという不幸な事案は、官民におけるデジタル分野の課題を浮き彫りにしているが、これは経済産業省が指摘した『2025年の崖』問題、そのものである。そこで、DXレポート2とその続編(DXレポート2.1)を中心に、デジタルによっていかに成長企業へと変貌を遂げるかについて、政策担当官自ら解説する。

講演者プロフィール

静岡大学情報学部 助手、産業技術総合研究所(産総研)サイバーアシスト研究センター研究員、産総研情報技術研究部門・上級主任研究員などを経て平成29年8月より経済産業省商務情報政策局情報産業課企画官、令和2年7月より現職。博士(工学)(慶應義塾大学)。その他、これまで、東京大学大学院・非常勤講師、北陸先端科学技術大学院大学・客員准教授、大阪府立大学・文書解析・知識科学研究所・研究員、先端IT活用推進コンソーシアム(AITC)顧問などを兼務。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

基調講演

有料
残席わずか
残席わずか
有料
2021年10月27日(水)
 
10:00
 - 
10:45
JIW-K
アフターコロナを生き抜く、企業の最新DX戦略
データドリブンなデジタル・トランスフォーメーションを実践したクラウド活用事例
日本オラクル(株)
執行役社長
三澤 智光

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

不確実な時代を生き抜くため企業は更にデータを活用し、環境の変化に追従するために俊敏性の高いシステムの選択が急務となっている。同社がクラウドビジネスを通じて支援する企業のデータドリブンなDXの実績を、国内外の最新事例を中心に各企業がどのような変化を成し得ているか、様々な角度から紹介する。

講演者プロフィール

1987年 4月 富士通株式会社入社
1995年 5月 日本オラクル株式会社入社
2000年 8月 日本オラクル株式会社 執行役員 パートナー営業本部長 兼 ソリューション統括部長
2006年 6月 日本オラクル株式会社 常務執行役員 システム製品統括本部長 兼 マーケティング本部長
2011年 6月 日本オラクル株式会社 専務執行役員 テクノロジー製品事業統括本部長
2014年12月 日本オラクル株式会社 副社長 執行役員 データベース事業統括
2015年12月 日本オラクル株式会社 執行役 副社長 クラウド・テクノロジー事業統括
2016年 3月 日本オラクル株式会社退任
2016年 7月 日本アイ・ビー・エム株式会社 取締役 専務執行役員 IBM クラウド事業本部長
2020年 4月 日本アイ・ビー・エム株式会社 取締役 専務執行役員 事業開発&テクニカル・エキスパート本部担当
2020年10月 オラクル・コーポレーション シニア・バイス・プレジデント
2020年12月 日本オラクル株式会社 執行役 社長

閉じる▲

お申込み 
枚数:
料金:¥19000
料金:¥19000

特別講演

無料
無料
2021年10月28日(木)
 
10:00
 - 
10:45
JIW-S7
在宅・リモートワーク文化形成
社員の生産性と満足度を保ちながら、成功させるリモートワーク  
~最新トレンド、デモ、事例を交えて解説~
シスコシステムズ(同) 執行役員 
コラボレーションアーキテクチャ事業担当
石黒 圭祐

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

同社では、2001年からリモートワークを導入し、直近の出社率が2%にも関わらず事業成長を続け、かつ、働きがいのある会社No.1に選ばれた。主要な働き方に関する調査が示すように、多くの従業員が柔軟性のある働き方の継続を希望している。リモートワーク環境の有無が優秀な人材を確保し、ビジネスを成長させることに大きく関わるいま、結果をだせるリモートワークの最新情報についてデモを交えて紹介する。

講演者プロフィール

2001 年シスコシステムズ入社。チャネル営業、製造・流通サービス担当のハイタッチ営業を経て2009年よりコラボレーション営業として活動。
業種・業界を問わず国内のお客様に「“自然と変えられる”新しい働き方」を提案・提言している。大阪府出身。大学では経済学・情報学を専攻。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

特別講演

無料
無料
2021年10月29日(金)
 
13:30
 - 
14:15
JIW-S17
DX時代の業務効率化
生産性の強化に最も必要なこと
~業務プロセスはE2E(エンドツーエンド)で実行するが基本~
SAPジャパン(株) プラットフォーム&テクノロジー事業部
事業部長
岩渕 聖

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

変化の激しさが増す昨今の環境下においても生産性を高めるためには、対応力を高めつつ、非効率性を排除する改革を継続的に実現することが必要であるが、システムに流れるデータの足跡をたどれば、生産性のボトルネックや業務プロセスの改善余地を読み解くことができる。より速く、継続的に変化に即した改革の実行を可能にするためには?NoCode/LowCodeに関する同社の取組みも交えてこれからの業務プロセスの革新方法を紹介する。

講演者プロフィール

外資系アナリティクスソフトウェアに新卒入社後、新規ビジネス開発を担当したのち、コンサルティング会社でBPRプロジェクトに参画。2012年にSAPジャパンにSAP Analytics/SAP HANAの事業開発リーダーとして入社。現在はSAPのBusiness Technology Platform領域すべての製品に関する事業部の責任者を務め、ビジネス開発、パートナー開発、導入支援を担当。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

基調講演

有料
残席わずか
残席わずか
有料
2021年10月27日(水)
 
10:00
 - 
10:45
JIW-K
アフターコロナを生き抜く、企業の最新DX戦略
データドリブンなデジタル・トランスフォーメーションを実践したクラウド活用事例
日本オラクル(株)
執行役社長
三澤 智光

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

不確実な時代を生き抜くため企業は更にデータを活用し、環境の変化に追従するために俊敏性の高いシステムの選択が急務となっている。同社がクラウドビジネスを通じて支援する企業のデータドリブンなDXの実績を、国内外の最新事例を中心に各企業がどのような変化を成し得ているか、様々な角度から紹介する。

講演者プロフィール

1987年 4月 富士通株式会社入社
1995年 5月 日本オラクル株式会社入社
2000年 8月 日本オラクル株式会社 執行役員 パートナー営業本部長 兼 ソリューション統括部長
2006年 6月 日本オラクル株式会社 常務執行役員 システム製品統括本部長 兼 マーケティング本部長
2011年 6月 日本オラクル株式会社 専務執行役員 テクノロジー製品事業統括本部長
2014年12月 日本オラクル株式会社 副社長 執行役員 データベース事業統括
2015年12月 日本オラクル株式会社 執行役 副社長 クラウド・テクノロジー事業統括
2016年 3月 日本オラクル株式会社退任
2016年 7月 日本アイ・ビー・エム株式会社 取締役 専務執行役員 IBM クラウド事業本部長
2020年 4月 日本アイ・ビー・エム株式会社 取締役 専務執行役員 事業開発&テクニカル・エキスパート本部担当
2020年10月 オラクル・コーポレーション シニア・バイス・プレジデント
2020年12月 日本オラクル株式会社 執行役 社長

閉じる▲

お申込み 
枚数:
料金:¥19000
料金:¥19000

特別講演

無料
残席わずか
残席わずか
無料
2021年10月29日(金)
 
11:45
 - 
12:30
JIW-S15
DX推進政策の最新動向
デジタル化の本質と成長ビジネスへの変革
~デジタル産業の創出に向けたDX推進の政策展開~
経済産業省 商務情報政策局 情報経済課
アーキテクチャ戦略企画室長
和泉 憲明

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

新型コロナウイルスという不幸な事案は、官民におけるデジタル分野の課題を浮き彫りにしているが、これは経済産業省が指摘した『2025年の崖』問題、そのものである。そこで、DXレポート2とその続編(DXレポート2.1)を中心に、デジタルによっていかに成長企業へと変貌を遂げるかについて、政策担当官自ら解説する。

講演者プロフィール

静岡大学情報学部 助手、産業技術総合研究所(産総研)サイバーアシスト研究センター研究員、産総研情報技術研究部門・上級主任研究員などを経て平成29年8月より経済産業省商務情報政策局情報産業課企画官、令和2年7月より現職。博士(工学)(慶應義塾大学)。その他、これまで、東京大学大学院・非常勤講師、北陸先端科学技術大学院大学・客員准教授、大阪府立大学・文書解析・知識科学研究所・研究員、先端IT活用推進コンソーシアム(AITC)顧問などを兼務。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください。
受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く)

0件選択中 お申込みページへ進む