×

前回(2021年)セミナープログラム一覧

検索条件に該当するセッションがありません
検索条件:
検索条件をクリア

総務・人事・経理 Week 基調講演 SJ-K

2021年4月7日(水)
 
10:00
 - 
11:30
無料
SJ-K
【VIP招待券ありの方】働きがいのある会社の創り方
2021年4月7日(水)
 
10:00
 - 
11:30
有料
SJ-K_ippan
【VIP招待券なしの方】働きがいのある会社の創り方
働きがいのある会社ランキング1位企業が集結! トップ3名が語る「企業成長につながる働きがい」とは?
各カテゴリー1位企業のトップ3名による    豪華パネルディスカッション ※上記参照

働き方改革 EXPO 特別講演

2021年4月7日(水)
 
12:30
 - 
13:30
無料
WS-S1
ワーケーション
ワーケーション等の普及による働き方改革と地域活性化
国土交通省観光庁
参事官(MICE担当)
平泉 洋

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

観光庁では、コロナ禍において、テレワーク等が普及し、働き方が多様化していることを踏まえ、ワーケーションやブレジャー等を働き方改革と地域活性化に資する「新たな旅のスタイル」と位置づけて、その普及に取り組んでいる。本講演ではワーケーションを活用した新しい働き方や、関連施策等について紹介する。

講演者プロフィール

1994年通商産業省(現経済産業省)に入省し、中小・ベンチャー企業政策、資源エネルギー政策、通商政策等に携わる。地方自治体に5年間、海外に6年間赴任。2019年7月観光庁参事官(MICE担当)着任(現職)。

閉じる▲

2021年4月8日(木)
 
15:00
 - 
16:00
無料
WS-S2
働き方改革の先進事例
働きがいを創出する、ニューノーマルでの管理部門の新しい役割 ~リコーグループの取組~
(株)リコー
コーポレート上席執行役員 CHRO
瀬戸 まゆ子

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

リコーでは、会社主体の「働かせ方改革」から、社員が主体的に働き方改革を考える社員主体の「働きがい改革」に取り組んできました。本講演では、①ルールとツールの整備や②意識と風土の改革等の具体的な事例を紹介すると共に、リコーが目指す「最適なワークライフ・マネジメント」についてもご説明致します。

講演者プロフィール

日本の大学を卒業後、米国マサチューセッツ州の大学にて臨床心理学を学び、卒業後は州内のクリニック・病院で勤務。2000年にキャリアチェンジし、米国製薬会社の日本支社イーライリリー(株)に入社し人事のキャリアをスタートする。その後、ジェネラルエレクトリック社、ソシエテジェネラル証券会社、メットライフ生命保険(株)、武田薬品工業(株)にて勤務、2020年4月に(株)リコーに入社。

閉じる▲

2021年4月9日(金)
 
12:30
 - 
13:30
無料
WS-S3
オフィス戦略
実例に学ぶ、ニューノーマル時代のオフィスの在り方
(株)Hite & Co.
代表取締役社長
金 英範

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

新型コロナ後の新しい働き方にフィットしたオフィスとは?社員のコミュニケーションが生まれ、やりがいをもって健康に働ける形を実現するための環境づくりや、リモートで働くメンバーとのやり取りをスムーズにする仕組み・制度まで、総務・ファシリティマネジメント実務および様々な業界・企業のコンサルティングの経験を踏まえ、KADOKAWA様、損保ジャパン様、パーソル ファシリティマネジメント様などの先進企業の事例をもとに解説いたします。

講演者プロフィール

「戦略総務から社員を元気に、経営を元気にする!」がモットー。
25年以上にわたり外資系企業を中心に総務・ファシリティマネジメント業務の実務を積む。
発注者側のインハウス総務業務とサービスプロバイダーとしての両方の立場で企業の不動産戦略からワークプレイス、プロジェクト、働き方変化に伴うオフィス変革、総務サービスの変革を実践してきた。
人件費の次に大きいと言われるファシリティ関連コストの大幅なベース削減を経験から培ったイノベーティブな財務戦略にて実践し、多くの外資系、日本企業において経営からの評価を得てきた。JFMA(日本ファシリティマネジメント協会)、コアネット(不動産マネジメント)などの各団体でのリーダーシップ、全国の企業総務部を集めた企画や数々のコンサルティングの実績を持つ。
「総務の山田くん。」「公式ガイド ファシリティマネジメント」などの著者としても知られる。
認定ファシリティマネジャー(CFM), Master of Corporate Real Estate(MCR), 一級建築士の資格を保有する。

閉じる▲

働き方改革 EXPO 専門セミナー

2021年4月7日(水)
 
15:00
 - 
16:00
有料
WS-1
副業制度
越境・複業が個を鍛え、組織にも効果をもたらす仕組みとは!?
(株)エンファクトリー
代表取締役社長 CEO
加藤 健太

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

2011年創業時より「専業禁止」という人材ポリシーを掲げ、社員の自律的な複業を促進し、それを組織としても享受できる仕組みを構築し運営してきたエンファクトリー。複業も含めた広義の越境学習を通じて個がキャリア自律に目覚め、組織にも自律的な学習習慣をもたらす仕組みを紹介。

講演者プロフィール

リクルートを経て、AllAboutの創業メンバーとして財務、総務、人事、広報、営業企画など裏方周りを担当し、取締役兼CFOとして2005年に IPO。その後、現在の(株)エンファクトリーを分社し代表に就任。エンファクトリーでは「ローカルプレナー(※)のための自己実現ターミナルの創造」を目指し、また、社内では「専業禁止!!」という人材ポリシーを打ち出して、関わる人々すべての「生きるを、デザイン」を応援中。
※ローカルプレナーとは専門家やフリーランス、つくり手はもちろんのこと、企業に勤めながらパラレルワークやNPO・ボランティアなどを通じ、自己実現に向けて自ら生活、働き方、生き方をデザインし、実行する人々を総称する造語

閉じる▲

2021年4月8日(木)
 
12:30
 - 
13:30
有料
WS-2
働く場の多様性
ニューノーマル時代は、「はたらく観を変える」好機。 ワークスタイル変革で実現しよう
パーソル ファシリティマネジメント(株)
代表取締役社長
槌井 紀之

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

真の働き方改革とは「働くことは楽しくないもの」という既成概念(メンタルモデル)の打破です。働き方が大きく変わった今こそ、その最大の好機なのです。「働くことを、つまらない行為から、やりがいのある楽しい社会活動」と位置付け直すワークスタイル変革を、ワークプレイス(働く場)から促進する方法を解説します。

講演者プロフィール

一橋大学商学部卒業。銀行での店舗開発業務などを経て、インテリンジェンスグループに入社。
パーソルホールディングス(株)ファシリティマネジメント本部長を経て、2017年パーソル ファシリティマネジメント(株)代表取締役社長就任

閉じる▲

2021年4月9日(金)
 
12:30
 - 
13:30
有料
WS-3
RPA活用事例
RPAの「期待効果」を、個人の働き方と人事戦略から考える〜双日事例〜
双日(株)
執行役員 人事、総務・IT業務担当本部長
河西 敏章

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

RPA 導入にあたって皆さんは何を期待されますか。総合商社 双日では導入当初、「時間削減効果」を追い求めてRPA を推進しました。本講演では双日の取組事例の紹介とともに、人材・組織マネジメントの観点からRPA にあらかじめ期待すべき効果について、皆さんとともに考えていきたいと思っています。

講演者プロフィール

1968年生まれ、東京都出身。1990年日商岩井(株)(現双日)入社。企業審査を担当後、ブラジルに駐在しリスク管理、法務を担う。双日発足後は、リスク管理部長、米国駐在(経営企画)、人事・総務部長を経て、2020年より執行役員 人事、総務・IT業務担当本部長として、人事及びIT領域の改革を推進中。また、2003年より約4年間鉄道業界に身を置き、他業界も経験している。

閉じる▲

HR EXPO 特別講演

2021年4月7日(水)
 
15:00
 - 
16:00
無料
HR-S1
チームビルディング術
働き方イノベーション ~イノベーティブな組織・チーム作りとは~
プロノイア・グループ(株)
代表取締役
ピョートル・フェリクス ・グジバチ

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

今、社会では大きな変革の波を迎えています。今までの働き方では通用しなくなり、組織や個人は今、そのあり方を問われています。イノベーティブチームとは何か、そんなチームをつくるために組織として、リーダーとして必要なこと、実践すべきことは何なのか、様々な視点からお話します。

講演者プロフィール

連続起業家、投資家、経営コンサルタント、執筆者。モルガン・スタンレーを経て、Googleで人材開発、組織改革、リーダーシップマネジメントに従事。2015年に独立し、未来創造企業のプロノイア・グループを設立。2016年にHRテクノロジー企業モティファイを共同創立し、2020年にエグジット。2019年に起業家教育事業のTimeLeapを共同創立。ベストセラー『NEW ELITE』他、『0秒リーダーシップ』『PLAY WORK』など著書多数。新著に『パラダイムシフト 新しい世界をつくる本質的な問いを議論しよう』。ポーランド出身。

閉じる▲

2021年4月8日(木)
 
10:00
 - 
11:00
無料
HR-S2
これからの人事部門の在り方
毎年進化するカゴメの“生き方改革”とこれからの人事制度の在り方 ~新型コロナウィルス時代へのあるべき対応~
カゴメ(株)
常務執行役員CHO(最高人事責任者)
有沢 正人

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

新型コロナにより「働き方」は雇用や報酬制度を含めて大きく変貌を遂げ、会社と従業員との関係も新しい局面を迎えている。中でも多様な価値観をもつ人材のマネジメントが喫緊の課題となっている。こうした背景から企業経営や企業戦略の中で人事の存在はより重要となってきている。本講演ではカゴメの「働き方改革」ならぬ「生き方改革」を紹介するとともに、今だからこそあるべき未来の“理想の働き方”から考える人事制度改革について論じる。

講演者プロフィール

慶應義塾大学商学部卒業後、1984年に協和銀行(現りそな銀行)に入行。
銀行派遣にて米国でMBAを取得後、主に人事、経営企画に携わる。
2004年に日系精密機器メーカーであるHOYAに入社。
人事担当ディレクターとして全世界のグループ人事を統括、全世界共通の職務等級制度や評価制度の導入を行う。
また、委員会設置会社として指名委員会、報酬委員会の事務局長も兼任、グローバルサクセッションプランの導入などを通じて、事業部の枠を超えたグローバルな人事制度を構築する。
2009年に外資系保険会社であるAIU保険に人事担当執行役員として入社。
ニューヨーク本社とともに、日本独自のジョブグレーディング制度や評価制度を構築する。
2012年1月、カゴメ(株)に特別顧問として入社。
カゴメの人事面におけるグローバル化の統括責任者となり、全世界共通の人事制度の構築を行っている。
2012年10月より執行役員CHOとなり、国内だけでなく全世界のカゴメの人事最高責任者となる。
2018年4月、常務執行役員CHOに就任。

閉じる▲

2021年4月8日(木)
 
12:30
 - 
13:30
無料
HR-S3
戦略人事
経営思想としての「人材ファースト」 株式会社日本M&Aセンターは人で勝つ!
(株)日本M&Aセンター
常務執行役員 人材ファースト統括
有賀 誠

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

人や組織は、最も重要な経営のコンポーネンツであり、企業戦略の中枢をなす。その中で、人事部門の役割は、社員を管理することではなく、社員が活躍できるステージを整えることである。企業としての社会的使命を果たしつつ、社員が「やりたいことをやれる」環境の実現を目指し、日本M&Aセンターが掲げた「人材ファースト」について語る。

講演者プロフィール

1981年、日本鋼管入社。製鉄所生産管理、米国事業、本社経営企画に携わる。1997年、日本GMに人事部マネージャーとして入社。部品部門であったデルファイの日本法人を立ち上げ、その取締役副社長兼アジア・パシフィック人事本部長に。2003年、ダイムラークライスラー傘下の三菱自動車にて常務執行役員人事本部長。グローバル人事制度構築および次世代リーダー育成プログラムを手がける。2005年、ユニクロ生産担当執行役員を経て、2006年、エディー・バウアー・ジャパン代表取締役社長に就任。その後、人事分野に戻り、2009年より日本IBM人事部門理事、2010年より日本HP取締役執行役員人事統括本部長、2016年よりミスミ統括執行役員人材開発センター長。2020年4月、日本M&Aセンターに参画。「人材ファースト」を掲げ、急成長を支える組織作りや人材開発に尽力している。1981年、北海道大学法学部卒。1993年、ミシガン大学経営大学院(MBA)卒。

閉じる▲

HR EXPO 専門セミナー

2021年4月7日(水)
 
12:30
 - 
13:30
有料
HR-1
人事評価制度
進む働き方改革と、変わるべき人事評価制度とは
(株)アジャイルHR
代表取締役社長
松丘 啓司

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

経営環境の不確実性の拡大やリモートワークへのシフトは、個人の自律性やキャリア志向の多様性を一気に進展させています。それとともに従来のMBOと人事評価制度に基づくマネジメントの不適合が顕在化してきました。これまでの固定観念に縛られず、これからの時代に合った人事評価制度について事例を交えてお話しします。

講演者プロフィール

1986年 東京大学法学部卒業。アクセンチュア入社

1992年 人と組織の変革を支援するチェンジマネジメントサービスの立ち上げに参画。以後、一貫して人材・組織変革のコンサルティングに従事

1997年 同社パートナー昇進。以後、ヒューマンパフォーマンスサービスライン統括パートナー、エグゼクティブコミッティメンバーを歴任

2005年 企業の人材・組織変革を支援するエム・アイ・アソシエイツ(株)を設立し、代表取締役に就任(現任)

2018年 パフォーマンスマネジメントを支援するスマートフォンアプリ「1on1navi」をリリース後、(株)アジャイルHRを設立し代表取締役に就任し、日本企業のパフォーマンスマネジメント変革の支援をミッションとして活動中

著書は多数に上るが、「1on1マネジメント」(2018年)はピープルマネジメントの教科書として多くの企業で活用されている。「人事評価はもういらない」(2016年)は人事だけでなく一般の読者にも広く読まれベストセラーとなった。

閉じる▲

2021年4月8日(木)
 
12:30
 - 
13:30
有料
HR-2
リモート下のチームマネジメント
アフターコロナにおけるデジタルチームマネジメント:今取り組むべき3つの手法
日本アイ・ビー・エム(株) グローバル・ビジネス・サービス事業本部
Talent & Transformation Technologies 部長
久保田 勇輝

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

リモートワーク、もしくは複合的出社へと移り変わり、各社「生産性」という意味では、慣れにより手の内化されてきているが、次の課題として「エンゲージメントの低下」が予測される。本講演では、それを乗り越えるためにデジタル活用を軸として、企業が取り組むべき3つの手法を事例交えて説明する。

講演者プロフィール

2002年 IBMビジネスコンサルティングサービス(株)に入社。 
その後、PR会社において新規事業開発、パッケージベンダーでコンサルティングに従事し、2011年より日本IBM(株)に戻り、日本における人事システムコンサルティングのリーダーを担当。
タレントマネジメント、人事業務高度化、業務アウトソーシング、BPRといった領域のコンサルティングから
多くの人事パッケージ、ハイブリットクラウドサービスによるシステムの構築、運用まで、上流から下流までを幅広く対応。

閉じる▲

2021年4月8日(木)
 
15:00
 - 
16:00
有料
HR-3
アフターコロナの採用
コロナ禍における企業の採用戦略の在り方
(株)モザイクワーク
代表取締役
杉浦 二郎

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

コロナ禍において採用環境が変化する今、新たな採用戦略の構築が求められています。人事担当者としての自身の経験のみならず、豊富なコンサルティング経験をベースに、過去10年間における採用の変遷を振り返りつつ、“地方”“若者の価値観変化”という切り口から、今取るべき具体的な採用戦略について解説していきます。

講演者プロフィール

2015年9月まで三幸製菓(株)にて人事責任者を務め、ヤフー(株)に在籍中の2016年4月に(株)モザイクワークを設立。地方企業を中心に、企業向けの組織人事採用コンサルティング・人事部立ち上げ・教育研修・人材紹介等を行なっている。
働き方においても、新しい取り組みを行うべく、東京と新潟の二拠点生活を実践中。
慶應MCC「採用イノベーション論」講師 
ラジオNIKKEI「シューカツHANGOUT!」レギュラーコメンテーター

閉じる▲

福利厚生 EXPO 特別講演

2021年4月8日(木)
 
15:00
 - 
16:00
無料
WEL-S1
ウェルビーイング
今、経営/人事が考えるWell-being的視点
楽天(株)
常務執行役員 Chief Well-being Officer
小林 正忠

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

先行きが不透明で変化が当たり前となるニューノーマル時代。企業は、求心力として自社の目的(存在意義)を明確化し、そこに集う多様な価値観を持つ従業員が、持続的に本来もつ能力を発揮できる環境を整える必要があると考えます。そのために推奨したい、「仲間」「時間」「空間」それぞれに「間(余白)をデザイン」することについてお話しします。

講演者プロフィール

1994年慶應義塾大学卒業(SFC1期生)。1997年楽天創業から参画し、ショッピングモール事業責任者として営業本部、大阪支社、マーケティング部門、国際事業等の立ち上げを行う過程で、6人の日本人組織が100人、1,000人、10,000人、20,000人に拡大し、70カ国・地域を超える多国籍の人財を有し、国内19支社/グローバル30カ国・地域に拠点を展開した際のマネジメントの手法の違いを体験。2012年4月米国へ赴任し米州本社社長を務め、2014年9月シンガポールを拠点とするアジア本社の社長を歴任。グローバルマネジメントを体験した後、2017年末にアジア代表を離れ、現在は人々を幸せにする役割を担う「CWO:チーフウェルビーイングオフィサー」。2001年慶應義塾大学に「正忠奨学金」を創設するなど若者の育成に力を入れている。2011年世界経済フォーラムYoung Global Leadersにも選出。慶應義塾大学SFC特別招聘教授。5児(息子2人娘3人)の父。

閉じる▲

オフィスサービス EXPO 特別講演

2021年4月8日(木)
 
12:30
 - 
13:30
無料
OFS-S1
戦略総務
ニューノーマル。戦略総務の役割と必要スキル
(株)月刊総務
代表取締役社長 編集長
豊田 健一

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

コロナ禍がもたらした分散という働き方。弊害があるが、前進したものもある。働く場の多様性、デジタル化である。この変化を戦略総務として、どのように捉え、進化していくべきなのか。また何を身に付ければ良いのか。これからの戦略総務について解説する。

講演者プロフィール

(株)月刊総務 代表取締役社長
『月刊総務』編集長
戦略総務研究所 所長
早稲田大学政治経済学部卒業。(株)リクルートで経理、営業、総務、(株)魚力で総務課長を経験後、ウィズワークス(株)入社。その後(株)月刊総務に移り、現在、日本で唯一の総務部門向け専門誌『月刊総務』の編集長。(一社)ファシリティ・オフィスサービス・コンソーシアムの副理事長、All Aboutの「総務・人事/社内コミュニケーション・ガイド」も務める。

閉じる▲

広報・IR EXPO 特別講演

2021年4月8日(木)
 
10:00
 - 
11:00
無料
PR-S1
戦略的広報
企業価値を高める戦略的広報 ~「話題づくり」から「価値づくり」へ~
(株)電通パブリックリレーションズ
執行役員 企業広報戦略研究所 所長
阪井 完二

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

コロナ禍を経験し企業の広報・PR戦略はどう変化しているのか? PRの重要ターゲットがメディアだけではなくなってきた今、ファクトをベースに、魅力的な価値に仕立てる企画・プロデュース能力が欠かせない。価値づくり広報を推進する3つのアプローチを中心に、戦略広報について紹介。

講演者プロフィール

電通パブリックリレーションズ 執行役員 企業広報戦略研究所 所長
専門は経営広報。コーポレートブランディング、パブリックアフェアーズ、イシュー・リスクマネジメント、ビジョン開発、ESG経営、経営戦略・決算説明会、トップメッセージ策定、メディアトレーニング、KPI・広報戦略策定など。政府、通信、製薬など多数担当。2013年「企業広報戦略研究所」を立ち上げ、東京大学など産学連携による研究活動を通し業界の発展に努める。マーケティング学会最優秀論文賞をはじめ、国内外のPRアワード多数受賞。執筆:「新・戦略思考の広報マネジメント」「魅力度ブランディング」「ワシントン政策分析レポ―ト」「広報会議」「経済広報」など。

閉じる▲

2021年4月9日(金)
 
10:00
 - 
11:00
無料
PR-S2
デジタル広報の未来
トランスフォームする戦略広報:ナラティブの時代へ

PRストラテジスト
(株)本田事務所
代表取締役
本田 哲也

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

パンデミックを経て、企業と社会の関わりはこれまでになく重要になり、パブリックリレーションズの役割にも期待が高まっている。従来の広報部門も、新時代に向けた変革が必要になる。「ナラティブ(物語的な共創構造)」の時代における戦略広報について解説する。

講演者プロフィール

「世界でもっとも影響力のあるPRプロフェッショナル300人」にPRWEEK誌によって選出された日本を代表するPR専門家。(公社)日本パブリックリレーションズ協会(PRSJ)理事。

1999年に世界最大規模のPR会社フライシュマン・ヒラードの日本法人に入社。2006年、スピンオフのかたちでブルーカレント・ジャパンを設立し代表に就任。2009年に「戦略PR」(アスキー新書)を上梓し、マーケティング業界にPRブームを巻き起こす。2019年より、(株)本田事務所としての活動を開始。

国連機関や外務省のアドバイザー、Jリーグのマーケティング委員などを歴任。海外での活動も多岐にわたり、世界最大の広告祭カンヌライオンズでは、公式スピーカーや審査員を務めている。

閉じる▲

広報・IR EXPO 専門セミナー

2021年4月7日(水)
 
10:00
 - 
11:00
有料
PR-1
中小企業・スタートアップの広報戦略
ベンチャー・スタートアップの広報戦略
(株)ベクトル
取締役
(株)プラチナム
代表取締役
吉柳 さおり

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

ベンチャー・スタートアップが急成長するために重要なのが、経営・事業戦略と密接に連携した広報・PRです。市場環境が目まぐるしく変化するコロナ禍において、スタートアップ広報が重視すべきこととは?モデレーターに本田哲也氏をお招きし、ディスカッション形式でお届けします。

講演者プロフィール

大学在学中にPR会社ベクトルに入社し創業に参画。
2002年にベクトル取締役に就任。2004年にPR事業会社プラチナムを設立し代表取締役に就任。
PR文化が日本の広告業界に根付いていない時代から啓蒙・実施に従事し、大手企業からスタートアップ企業まで、幅広い国内外企業においてPRドリブンで社会性のあるクリエイティブ、コーポレートブランディング、マーケティングコミュニケーションなどを担当。
2020年より日本パブリックリレーションズ協会理事などを務める。
SpikesAsia PR部門グランプリ、日本PRアワードグランプリ、Cannesなど受賞。

閉じる▲

2021年4月9日(金)
 
12:30
 - 
13:30
有料
PR-2
SDGs広報戦略
サステナビリティ時代に求められるPR戦略とは? 成功事例から学ぶポイント
ビルコム(株)
取締役
早川 くらら

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

経営に欠かすことができない存在となった「サステナビリティ」。広報においても重要な要素となりました。一方、どう日々の広報活動に取り入れるべきか悩む担当者の方は少なくありません。本講演では「サステナビリティ時代のPR戦略」のポイントについて、事例も交えてお伝えします。

講演者プロフィール

新規事業担当、採用担当、アライアンス担当、営業担当を経て、取締役に就任。コニカミノルタ、クラシエフーズなど国内外大手クライアントを持つ部署全体を統括し、戦略的PRプランニングなどに携わる。

閉じる▲

法務・知財 EXPO 特別講演

2021年4月7日(水)
 
10:00
 - 
11:00
無料
LEG-S1
法務のデジタル化(DX)
日本のLegaltechの現状と展望
(一社)LegalTech協会
代表理事
トップコート国際法律事務所
代表弁護士
伊澤 文平

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

法務担当・ご責任者の皆様に向けて、下記の内容をお話しいたします。 
 ①海外のLegaltechの市場動向を紹介
 ②日本のLegaltechの市場動向を紹介           
 ③Legaltechの活用方法
 ④Legaltechの展望

講演者プロフィール

司法試験合格後、1社目のスタートアップをSHOPLISTを抱えるCROOZ(株)へM&A。
社長退任後、2度目の起業で創った事業を元ZOZO前澤友作氏へ引き継ぎ、10億円の出資を受ける形で小さな一歩を創業(Founder&CEO)。

閉じる▲

2021年4月9日(金)
 
12:30
 - 
13:30
無料
LEG-S2
戦略知財
コニカミノルタのDXと知財戦略 ~経営に真に貢献する知財活動に向けて~
コニカミノルタ(株)
上席執行役員 法務部長 兼 総務、知的財産、コンプライアンス、危機管理 担当
松枝 哲也

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

コニカミノルタでは、経営に真に貢献する知財活動を目指し、知財部門の変革に取り組んでまいりしました。講演では、価値起点の新たな知財戦略等のこれまでに取り組んできた変革の内容、そして新中計DX2022をドライブする今後の知財活動の方向性についてお話しします。

講演者プロフィール

1985年早稲田大学法学部卒業 同年小西六写真工業(株)(現コニカミノルタ(株))入社。 特許部にて特許ライセンス、技術開発契約など技術渉外業務を担当。2005年米国ノースウェスタン大学ロースクールに留学、2007年NY州弁護士登録。2010年知的財産センター渉外室長、その後総務部を経験後、2017年より執行役法務部長として、コンプライアンス、危機管理及び知的財産を担当、現在に至る。

閉じる▲

法務・知財 EXPO 専門セミナー

2021年4月7日(水)
 
12:30
 - 
13:30
有料
LEG-1
これからの企業法務
企業法務のニューノーマル ~法務部門の在り方と法務人材のこれから~
サントリーホールディングス(株) リスクマネジメント本部
法務部長 兼 コンプライアンス室 部長
明司 雅宏

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

コロナ禍をはじめとする新たな危機、グローバル化、サスティナビリティーやDXへの対応など、企業を取り巻く環境は急速な変化をしています。このような中、従来型の業務からの進化が求められている法務部門の在り方と人材のこれからについて考えてみます。

講演者プロフィール

1992年京都大学文学部哲学科卒業。同年サントリー(株)入社。酒類営業部門、財務部門を経て、法務部門へ。M&A、組織再編、コーポレートガバナンスなどを中心として、法務業務に従事。
経営法友会研究部会副主査、国際企業法務協会副会長

閉じる▲

2021年4月8日(木)
 
10:00
 - 
11:00
有料
LEG-2
知財マネジメント術
知識経済社会を生き抜くための 知財マネジメントの要諦 ~知財パラダイムシフト~
(公社)知財経営協会
会長 兼 理事長
玉井 誠一郎

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

2002年小泉総理時代に発足した知財立国政策は、その理念や目的を達成できていません。特許だけでは事業を保護できないばかりかむしろ負債になっています。このような現状認識や課題を分かり易く説明した上で、今後の知財戦略マネジメントの核心部(要諦)について講演します。

講演者プロフィール

学術博士。1971年大阪大学工学部、1973年同大学院工学研究科卒業。パナソニックにて溶接ロボット、マシンビジョン、バーコードリーダ及びPOSシステム等の情報機器の研究開発、原子力発電所入退管理システム、医療機器の研究開発に従事し、これらの事業責任者のほか、半導体事業の戦略知財タスクフォース統括責任者等を歴任。定年退職後は、大阪大学客員教授、(財)産業科学研究協会専務理事を経て知財ブランド協会並びに内閣府所管(公社)知財登録協会(SIR)を設立し会長兼理事長として現在に至る。その間、公益活動として国際自動認識工業会理事、(社)高温学会理事等も歴任。国内外特許出願300件、発明協会表彰2回。

閉じる▲

会計・財務 EXPO 特別講演

2021年4月7日(水)
 
12:30
 - 
13:30
無料
ACC-S1
戦略経理
ネスレの財務管理部門が担う、ビジネスを加速する「Co-pilot」の役割
ネスレ日本(株) 財務管理本部 戦略事業開発コパイロット部
執行役員 部長
中岡 誠

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

売上高世界最大の食品メーカーであるネスレの財務管理部門では、財務面からのコントロールだけにとどまらない、社内各部門と連携してビジネスを牽引し、マーケットCEO/事業部長とともに事業を推進させていくことが重要であると考え、その役割をCo-pilotと呼んでいる。

講演者プロフィール

1985年3月 神戸大学経営学部卒。同年4月 ネスレ日本(株)入社、
東京支店横浜営業所藤沢出張所で営業担当。1989年9月から財務本部に所属し、
工場での原価計算、内部監査、ネスレコンフェクショナリー(株)での
コントローラー・管理部長、ネスレ日本(株)売掛管理部長、
ビジネスプランニング&レポーティング部長、営業管理統括部長等を経て
2021年3月から現職

閉じる▲

2021年4月9日(金)
 
15:00
 - 
16:00
無料
ACC-S2
経理財務のデジタル化(DX)
SAPが推進したルール・組織・プロセス・IT「四位一体」の変革
SAP ジャパン(株)
常務執行役員 クラウド事業統括
宮田 伸一

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

過去10年で、M&Aをテコに事業構造を大きく変えたSAP。ファイナンス組織が推進した、デジタルテクノロジー、デジタルトランスフォーメーションを梃にした「ルール」「組織」「業務プロセス」「IT」の四位一体の変革についてご紹介いたします。

講演者プロフィール

2008年SAPジャパンに入社、SAP Business Objects営業部長、プロセス産業営業部長、プロセス産業統括本部長などを歴任。新規及び既存顧客における大型プロジェクトの立ち上げを支援。
2018年より、常務執行役員として10の新規事業群から構成されるデジタル・エンタープライズ事業を統率。日本における戦略立案と実行を担い、SAP Success Factors、SAP Ariba、SAP Hybris、SAP Fieldglass、SAP Leonardo、SAP HANA及びS/4 HANAなどの製品事業の拡大と成長に責任を持ち、製品横断での価値増大に努めています。

閉じる▲

会計・財務 EXPO 専門セミナー

2021年4月7日(水)
 
15:00
 - 
16:00
有料
ACC-1
請求書電子化
待ったなし! 請求書電子化の最新動向 ~加速する請求書業務のDX~
(株)インフォマート
執行役員 事業推進・戦略営業部門担当
木村 慎

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

COVID-19への備えとしてテレワーク対応が求められる中、経理のDX化が加速しています。「電子インボイス推進協議会」も発足し、2023年インボイス制度に向けて環境整備も進んでいます。この状況下、経理はどんな未来像を描き、まず何からはじめるべきなのか。急速に広がる電子請求書の今とこれからをご紹介します。

講演者プロフィール

10年以上にわたり、経理業務の改善提案に従事。業界・業種を問わず50万社超が利用する電子請求書の仕組み「BtoBプラットフォーム 請求書」の普及拡大に貢献。現在は、請求書電子化の最前線を担うリーダーとして、日本全国430万社の請求書の電子化に向けて取り組んでいる。

閉じる▲

2021年4月9日(金)
 
10:00
 - 
11:00
有料
ACC-2
経理部の働き方改革
経理部と経理社員を活性化! 経理における働き方改革術 ~ペーパーレスで生産性が3倍アップ~
(一社)経理革新プロジェクト
代表・税理士
児玉 尚彦

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

経理の働き方改革で必須なのがデジタル環境の整備。テレワーク・在宅勤務の推進、電子帳簿保存法の改正対応、電子インボイス方式を想定したクラウド活用など、社内外の伝票書類をペーパーレス、ハンコレスに移行して生産性を向上する経理部の実例を紹介。

講演者プロフィール

埼玉大学経済学部卒業。1999年(株)経理がよくなる 設立。企業を経理作業から解放することを目的にして『経理合理化プロジェクト』を発足し後に(一社)経理革新プロジェクトに法人化。企業の税務会計顧問の他、経理業務の効率化、財務体質の改善、経理人材の育成などを中心に活動。講師を務める「経理財務セミナー」には10,000社以上が受講。経理関連システムのコンサルティングの実績が豊富。

閉じる▲

オフィス防災 EXPO 特別講演

2021年4月7日(水)
 
15:00
 - 
16:00
無料
BOS-S1
オールハザードBCP
東日本大震災から10年、コロナ禍においても機能するBCPはどうあるべきか
ニュートン・コンサルティング(株)
代表取締役社長
副島 一也

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

東日本大震災から10年。各企業のBCPは進化を続けてきましたが、コロナ禍の今、さらに柔軟な危機対応能力が求められています。本講演では、これからの危機対応と事業継続の在り方や社内体制の作り方、オールハザードBCPの取り組み方等について解説します。

講演者プロフィール

1998年より、英国にて災害対策や危機管理などのコンサルティングを行うNEWTON ITの立ち上げに参加。取締役を経て代表取締役に就任。2005年のロンドン同時多発テロからのBCP発動も経験する。
2006年、現在のニュートン・コンサルティングを日本で設立し、代表取締役に就任。英国で培ったリスクマネジメントのノウハウを日本で展開し、多くの企業に真に役立つ経営システムを提供すべく、常に最先端の取り組みを推進している。危機管理分野における第一人者として講演実績も多数。

閉じる▲

2021年4月9日(金)
 
10:00
 - 
11:30
無料
BOS-S2
BCP・BCM事例
風水害の脅威への事前の備えと対応 -刻々と変化する状況から行うべきアクションとは-
<モデレーター>
(株)レスキューナウ
危機管理アドバイザー
市川 啓一

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

毎年多くの風水害が発生し、企業も事前の対策を求められています。前半はモデレーターより、最新の防災気象情報を担当者がどう収集し活用すればよいか、刻々と変化する状況にどのようなアクションをとるべきか、分かり易く解説します。後半は、対策に取り組む企業を招き、対応事例や課題についてパネルディスカッションを行います。

講演者プロフィール

1987年に成蹊大学経済学部を卒業した後、日本アイ・ビー・エム(株)に入社。
1995年の阪神淡路大震災を機に防災情報分野での起業を決意し、2000年に(株)レスキューナウを設立。2011年には(株)レスキューナウ危機管理研究所を設立し、防災・危機管理の分野で精力的な活動を行っている。

閉じる▲


<パネリスト>
日建レンタコム(株) タレントパワー事業本部
課長
井上 龍磨

講演内容を詳しく見る▼

講演者プロフィール

(日建レンタコムグループ)のBCPを担当。弊社は全国で公共性の高い仕事に携わっております。
東日本大震災、熊本地震では弊社の拠点も被災しましたが、そのなかでも国土の復興支援を最優先に貢献して参りました。そのためBCPでは自社が被災しても滞りなく復興支援できる体制作りを軸として取組んでおります。市川講師には計画策定からウォークスルー訓練を中心にご支援頂いております。

閉じる▲


<パネリスト>
(株)リクルート 総務統括室 ワークプレイス統括部 HR領域統括グループ

安永 早織

講演内容を詳しく見る▼

講演者プロフィール

日立建機(株)を経て 2016年3月に(株)リクルートキャリアに入社。広告営業職を経験後、総務部門にて地震、風水害、事件や事故など各種リスク対策を担当。発生事象への実対応および、事業特性を反映したリクルートキャリア独自の風水害プロトコルの策定、事業部門CMT(Crisis Management Team)の体制整備等を推進している。

閉じる▲

オフィス防災 EXPO 専門セミナー

2021年4月8日(木)
 
15:00
 - 
16:00
有料
BOS-1
リモート下のBCP
コロナ禍での複合災害を想定せよ! ~災害対策本部リモート運用とBCP見直しおよび訓練について~
プリンシプル・コンサルティング・グループ(株) プリンシプルBCP研究所
所長
林田 朋之

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

企業BCPは、このコロナ禍、特に行動内容に大きな影響が及び、早急な見直しが求められています。本講演では、リモートを想定した対策本部の運営方法、それに伴うBCP見直しとBCP訓練の在り方について解説します。

講演者プロフィール

北海道大学大学院修了後、富士通(株)を経て、米シスコシステムズ入社。 独立コンサルタントとして、大企業、中堅企業の IT、情報セキュリティ、危機管理、震災および自然災害、新型インフルエンザ等の BCP、危機管理などのコンサルティング業務を実施。BCP 講師としてNHK ニュース等に出演。 現在、プリンシプル BCP 研究所所長として、企業の危機管理、BCP、情報セキュリティ、AI システムおよび IT システム等のコンサルティング業務、セミナー講演および研修講演に従事。2018年、医薬品の相談員となる国家資格「登録販売者」試験に合格し、ヘルステック IT/AI 分野でも活動中。 【著作】 ・ATMプロトコル徹底解説(日経 BP 社) ・ギガビット・イーサネット徹底解説(日経 BP 社) ・マルチメディア ATM の展望(日経 BP 社)等、多数 【BCP投稿記事(2020年)】 ・ダイヤモンド・オンライン社:新型コロナウイルス New Normal 関連 ・リスク対策ドットコム:企業 BCP 【セミナー研修】 ・BCP関連(東京、名古屋、大阪) ・情報セキュリティ関連(東京、名古屋) ・IT/DX関連(東京、名古屋) ・公企業団体、自治体向けBCP(東京、東北、北海道)

閉じる▲

2021年4月7日(水)
 
10:00
 - 
11:00
有料
BOS-2
職場での感染対策
プロフェッショナル産業医に学ぶ、明日から改善できる職場の感染対策
OHサポート(株)
代表取締役
産業医
今井 鉄平

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

各地で猛威を振るっている新型コロナウイルスに対して、社会機能維持に関わる業種などテレワークの実施が困難な企業も少なくない。職場で感染者が出るリスクも高まっており、オフィスや職場で取り組むべき感染・クラスター対策について、これから取り組む企業・さらに改善していきたい企業向けに解説をする。

講演者プロフィール

2000年産業医科大学卒業。産業医大環境疫学研究室、パナソニック健康保険組合産業医を経て、2008年よりアズビル(株)統括産業医として勤務、危機管理も含めアズビルグループ全体の統括管理を行った。2018年2月にOHサポート株式会社を開設、中小企業向けの産業保健サービス提供(感染症対策コンサルティング含む)を主業務とし、その他、講演、執筆、研究活動を行っている。日本産業衛生学会指導医、医学博士、労働衛生コンサルタント、公衆衛生学修士(MPH)、経営学修士(MBA)。2020年4月より産業医有志グループの一員として、中小企業経営者をターゲットに『企業向け新型コロナウイルス対策情報』を配信するプロジェクト(https://www.tokyo-cci.or.jp/kenkokeiei-club/covid-19/)を運営している。

閉じる▲

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください。
受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く)