×

前回 (東京) セミナープログラム一覧

テーマで検索する
>> 検索条件のクリア
化粧品・健康食品トレンド ×
Withコロナ SDGs/DX ×
   開発    マーケティング ×
規制対応(広告/化粧品/輸入) ×
海外市場動向 ×
店舗・EC戦略 ×
サロン経営・集客 ×
美容医療 最新動向 ×
検索条件に該当するセッションがありません
検索条件:
検索条件をクリア

化粧品開発展 基調講演

2021年1月13日(水)
 
10:00
 - 
11:30
有料
COSME-K
基調講演 トップが語る「選ばれる」ブランド戦略とは?~THREE、ORBISの取組み~
THREEの成長とともに描かれる、ACROの新たなブランド創造への挑戦
(株)ACRO 代表取締役社長 宮﨑 稔章
※ 講師の異動に伴い、登壇者が変更になりました。

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

新たな時代の美としてACROが提唱したTHREEブランドのこれまでの足跡を紐解き、新たに立ち上げた3つの新ブランドと併せてACROのこれからの挑戦について紹介する。

講演者プロフィール

1993年4月 株式会社ポーラ化粧品本舗(現・株式会社ポーラ)に入社。
2008年1月 株式会社ACROの創設メンバーの一人として同社取締役に就任。THREEブランドの事業開発を担当。
2018年1月 株式会社ポーラのCRM・市場接点・店舗戦略担当執行役員に就任。同ブランド国内外の店舗戦略を中心に担当。
2020年1月 株式会社ACROへ戻り同社の取締役執行役員 副社長に就任。
2021年1月 同社 代表取締役社長に就任。ACRO傘下のTHREE、Amplitude、ITRIM、FIVEISM × THREEの4ブランドを統括。

閉じる▲


オルビスが実行するDXを取り入れたブランド変革とは
オルビス(株) 代表取締役社長
(株)ポーラ・オルビスホールディングス
取締役
小林 琢磨

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

大胆なリブランディングと構造改革を実行しているオルビス。CIとVI及び商品の大幅刷新に加え、アプリを軸としたシームレスな顧客体験の進化に取り組んでいる。さらに物流センターにAGV(無人搬送車)を導入し受注~梱包までの流れを大幅に自動化し生産性を高めている。ブランド進化の軸に据えるDX戦略を紹介する。

講演者プロフィール

2002年(株)ポーラへ入社。2009年にグループの社内ベンチャーで起ち上げた敏感肌専門ブランドの2010年(株)DECENCIA代表取締役社長へ就任。急成長に導き、同ブランドを大きく飛躍させた後、2017年オルビス(株)マーケティング担当取締役、2018年代表取締役社長に就任。
リブランディングの象徴商品「ORBIS U」は、発売から1年で販売累計450万個を突破。翌年1月には「飲む」次世代スキンケア「DEFENCERA」を発売。1品目で発売1年の出荷個数が110万個を突破。リブランディング、構造改革、組織変革を実行している。
ポーラ・オルビスホールディングス取締役を兼務。早稲田大学大学院MBA。

閉じる▲

化粧品開発展 特別講演

2021年1月13日(水)
 
12:30
 - 
14:00
無料
COSME-S1
サステナブル化粧品の最前線 ~CSRとSDGsの観点から~
資生堂のESCG経営とサステナビリティへの具体的取り組み
(株)資生堂 社会価値創造本部 サステナブル環境室
室長
中村 亜希子

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

1872年創業時から、資生堂は、経済価値だけでなく社会価値の創造に尽力してきました。
資生堂の掲げるESCG経営と、SDGs時代に求められるサステナビリティへの取り組みを、
コーポレートとブランドの具体例とともにご紹介します。

講演者プロフィール

外資系企業にてブランドマーケティングを経験後、資生堂に入社。グローバルブランドであるSHISEIDOのマーケティング、経営戦略部を経て、2019年1月社会価値創造本部の創設に伴い現職に至る。

閉じる▲


化粧品包装に必要な環境配慮とは? 「GREEN PACKAGING」
大日本印刷(株) 包装事業部 マーケティング戦略本部 事業開発部 環境ビジネス推進グループ
リーダー
柴田 あゆみ

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

社会全体で取り組むべき「環境問題」。生活に身近なパッケージにも、環境配慮が求められている。DNPは、地球環境に配慮した商品をそろえ、持続可能な世界を維持する取り組みを率先する。DNP環境配慮パッケージング「GREEN PACKAGING」が顧客や社会に提供する価値そしてソリューションをご紹介する。

講演者プロフィール

2003年大日本印刷(株)入社。パッケージの開発を行う部署で機能性フィルムの研究に携わった後、植物由来包材バイオマテックの開発・販促やLCAに従事。2017年環境に配慮したパッケージをGREEN PACKAGINGとして統合。2019年に現在の環境ビジネス推進グループに配属となり、主に開発領域の視点から環境問題への取り組みを牽引している。

閉じる▲

2021年1月14日(木)
 
10:00
 - 
11:30
無料
COSME-S2
最新の化粧品トレンドとは? ~今、消費者が求めるコスメを読み解く~
今、求められる化粧品とは? ~最新の注目コスメ&トレンド分析~
(一社)日本化粧品検定協会 代表理事 小西 さやか

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

時代の変遷とともに目まぐるしく変化するトレンド。それに伴い、消費者が求める化粧品も変化する。消費者のニーズの変遷と、注目すべきコンセプトの紹介、トレンドの解析結果などを紹介する。

講演者プロフィール

広島大学大学院工学研究科卒業。2003年(株)ノエビア研究開発部にて処方開発や商品開発に従事。2009年(株)マードゥレクスにて企画開発や異業種参入企業の企画コンサルティング業務に従事。
2011年に(一社)日本化粧品検定協会を設立。2018年東京農業大学 食香粧化学科 客員准教授に就任。各種協会顧問、学会幹事を歴任。
化学修士(サイエンティスト)としての科学的視点から美容、コスメを評価できる専門家コスメコンシェルジュとして、TV、雑誌で取材多数。著書10冊、累計43万部を突破。近著に 『美容成分キャラ図鑑』(西東社)がある。

閉じる▲


アットコスメが見る生活者のいま
(株)アイスタイル 代表取締役社長 兼 CEO 吉松 徹郎

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

20~30代女性の半数以上が毎月利用する日本最大のコスメ・美容の総合サイト「アットコスメ」に寄せられる1500万件ものクチコミ投稿やサイト利用動向から見えてくる、生活者たちの『今』を紹介。さらに、国内外の最新消費トレンドについても考察し、これから先、生活者のニーズに応え続けていくためには何が必要かを考える。

講演者プロフィール

東京理科大学基礎工学部卒業後、アクセンチュア株式会社入社。1999年7月に有限会社アイスタイル(現:株式会社アイスタイル)を設立し、代表取締役社長に就任。同年12月、コスメ・美容の総合サイト「@cosme」をオープン。2012年、東証一部上場。現在は「Beauty×ITで世界ナンバーワン」をミッションとして事業を拡大、アジアを中心にグローバルにビジネスを展開。
また、公益社団法人 経済同友会東京オリンピック・パラリンピック 2020 委員会副委員長、公益社団法人 経済同友会幹事を務めるほか、公益社団法人アイスタイル芸術スポーツ振興財団を設立し、理事長として現代アートの制作・展示への助成支援やスポーツイベント開催活動への助成支援を行うなど、活動の幅を広げている。

閉じる▲

2021年1月14日(木)
 
12:30
 - 
14:00
無料
COSME-S3
化粧品市場の最新動向!コロナ後の新たな潮流を捉える
世界を牽引する中国市場の最新トレンドとコロナ後の展望
(株)矢野経済研究所 コンシューマー・マーケティングユニット ライフスタイル&ビューティーグループ
部長 主席研究員
浅井 潤司

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

日本の化粧品産業の現状と将来展望の解説後、世界を牽引する中国化粧品市場の概況と最新トレンドのポイントを分析する。そこからアフターコロナ・ウイズコロナのニューノーマルにおける中国化粧品市場を展望する。

講演者プロフィール

1994年同志社大学卒業、2004年同志社大学大学院修了。2000年に矢野経済研究所に入社、2007年よりビュティ―領域の担当になり、現在はビューティー領域だけでなく、生活雑貨、無添加販売、生活関連サービス等の分野を統括。国内外の市場調査資料の制作、官公庁や民間企業からの受託調査、市場調査をベースにしたコンサルティングを手掛けている。

閉じる▲


急拡大する抗シワ市場の動向とエシカル消費を捉えたSDGsの各社の取組み
(株)ソフィアリンクス 代表取締役 三原 誠史

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

①2017年に日本初のシワ対策化粧品が世に出て以降、急速に抗シワ市場が形成され、現在も新商品の投入が続いている。大手メーカーからシワ対策化粧品が出そろった今、今後どのように市場が変化し、成長していくのかを展望する。②国連が提唱する持続可能な社会を実現するためのミッションを各社も積極的に取り入れ、商品開発などに活かす動きが活発化している。これからのエシカル消費の動向と共に現在の各社の取組みを紹介する。

講演者プロフィール

1986年大学卒業後、大手家電メーカー・大手出版社を経てその後、独自のブランディングプロデュース事業を開始。 化粧品メーカーの新商品開発、ブランド開発など多数手がける。 また、化粧品業界に新規参入を目指す企業からの依頼に応え、事業戦略構築も積極的に行っている。 2010年10月より現職。

閉じる▲

2021年1月14日(木)
 
15:00
 - 
16:30
無料
COSME-S4
「獺祭」「森永ラムネ」老舗ブランド再成長の仕掛けとは?
ピンチはチャンス! ~山口の山奥の小さな酒蔵だからこそできたもの~
旭酒造(株) 会長 桜井 博志

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

山口の山奥の小さな酒蔵である旭酒造。日本酒「獺祭(だっさい)」が純米大吟醸の販売量で日本一となり、アメリカやヨーロッパなど、世界24の国と地域への輸出拡大を果たした体験、逆境をチャンスに変えて成功した体験談。

講演者プロフィール

旭酒造会長。1950年、山口県周東町(現岩国市)生まれ。松山商科大学(現松山大学)卒業後、西宮酒造(現日本盛)での修業を経て、76年に旭酒造に入社するも、酒造りの方向性や経営をめぐって父と対立して退社。一時、石材卸業会社を設立し、年商2億円まで成長させたが、父の急逝を受けて84年に家業に戻る。研究を重ねて純米大吟醸「獺祭」を開発、業界でも珍しい四季醸造や12階建ての本蔵ビル建設など、「うまい酒」造りの仕組み化を進めている。

閉じる▲


ロングセラー商品『森永ラムネ』の復活の舞台裏
森永製菓(株) 取締役常務執行役員 宮井 真千子

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

森永製菓は創業120周年を迎え、キャラメルやチョコボール他、多くのロングセラー商品を手掛けている。中でも長年子供向けの駄菓子だったラムネが大人向け商品として再びヒット。その仕掛けとブランド戦略について説明する。

講演者プロフィール

1983年、松下電器産業(株)(現パナソニック)入社。白物家電の開発に従事。IH炊飯器や自動パン焼き器を開発し新たな市場を創造。2006年、同社初の女性事業部長、2011年、同社初の女性役員に就任。2014年から森永製菓(株)社外取締役、2018年、同社取締役常務執行役員。

閉じる▲

2021年1月15日(金)
 
10:00
 - 
11:30
無料
COSME-S5
化粧品業界におけるデジタルトランスフォーメーション導入の現状と展望
デジタルトランスフォーメーションで加速する化粧品業界におけるOMOの進化
フロンティア・マネジメント(株) 産業調査部
シニア・アナリスト
三浦 充美

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

「新しい生活様式」の中で変革を求められる化粧品業界。
化粧品販売における非接触コミュニケーションへのシフトが進む中でも、リアルなユーザー体験へのニーズは依然として高い。DXを活用し、オンラインとリアルを融合させて更に進化するマーケティング(OMO)戦略とは。

講演者プロフィール

1990年バークレイズ証券会社(現、バークレイズ証券(株))入社、調査部配属。以降、1991年より2009年まで、欧米系証券会社及び現三菱UFJモルガン・スタンレー証券(株)において、一貫してアナリストとして化粧品・トイレタリー業界上場企業の調査・分析を担当。2009年より有限責任監査法人トーマツにおいて、IR、財務分析、ESG関連アドバイザリー業務を経験。2019年よりフロンティア・マネジメント(株)産業調査部シニア・アナリストとして化粧品業界を担当。

閉じる▲


AIを活用したコスメプロモーションのクリエイティブ改善手法
(株)ガラパゴス 執行役員 内藤 太郎

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

AIを活用したデータドリブンなクリエイティブソリューションサービス「AIR Design」では数万件のLP・バナーのデータをAI画像解析、データを元に作成されたLPやバナーをご提供。CVR改善率150%以上のコスメプロモーションの事例も多数。その一部の事例を元に、クリエイティブ改善手法を公開。

講演者プロフィール

大学卒業後15年間、広告代理店にて、化粧品・人材・金融・BtoB商材など様々な業種のクライアントのマーケティング支援活動に、AE(営業)・シニアストラテジックプランナーとして数多くのCRO施策に従事。
マーケティングデザイン領域のペインを解消を志し、2019年10月よりガラパゴス入社。

閉じる▲

2021年1月15日(金)
 
12:30
 - 
13:30
無料
COSME-S6
プレステージブランド再構築からみる商品開発のこだわり
(株)アルビオン 執行役員 大塚 裕子

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

美しい感動と信頼をモットーにオンリーワンを目指し独自の商品開発をしている。「開発のこだわり」について、アルビオンの最高級ブランドエクシアが30周年を迎えたことを機に再デビューを実施した経緯をまじえながら述べたいと思う。

講演者プロフィール

営業職として入社。美容部員、営業職に携わり、5年後商品開発に異動し以来商品開発業務に従事。

閉じる▲

化粧品開発展 専門セッション

2021年1月13日(水)
 
10:30
 - 
11:30
有料
COSME-1
世界における化粧品市場の今:データと事例で読み解くコロナ後のトレンド
ユーロモニターインターナショナル シニアアナリスト 木村 幸
講師の都合により講演が中止となりました。

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

ユーロモニターは、新型コロナウイルスが世界の消費財市場に与えた影響を6つのテーマに整理し、分析している。本セミナーは、その中から「ウェルネスの再定義」「消費者はどこでどのように買い物をするか」等を深堀しつつ、世界の化粧品業界のトレンドとその展望について考察する。

講演者プロフィール

上智大学を卒業(社会学専攻)。市場調査会社で主に国内外の自動車産業や一般消費財に関する定量・定性調査の設計、分析を経験。現在、ユーロモニターインターナショナルでは美容&ファッション産業を担当。2019年1月に開催された化粧品開発展(東京)や同年6月に開催された in-cosmetics korea(韓国)を含め、国内外の数々のイベントでセミナー講師を務める。

閉じる▲

2021年1月13日(水)
 
12:30
 - 
13:30
有料
COSME-2
with/afterコロナにおける日本の化粧品市場の展望
TPCマーケティングリサーチ(株) 執行役員CMO 松本 竜馬
講師の都合により講演が中止となりました。

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

新型コロナウイルスの感染拡大は、化粧品の需要にも暗い影を落としている。本講演では、コロナ禍で「売れたもの」と「売れなかったもの」、消費者の意識で「変わったもの」と「変わらなかったもの」を確認しつつ、with/afterコロナにおける化粧品市場の展望やポイントについて述べたい。

講演者プロフィール

大阪大学大学院人間科学研究科修了。社会学(ジェンダー/セクシュアリティ論)を専攻した後、マーケティング調査や化粧品・美容業界に興味を持ち、2007年にTPCマーケティングリサーチ(株)に入社。以来、一貫して化粧品・美容領域に特化した市場調査や消費者調査を手掛けているほか、現在はヘルス領域や食品領域など消費財全般を統括。また、企業の商品開発におけるコンサルタントやマーケティングセミナーの講師としても活動しているほか、化粧品や健康食品の業界紙において執筆も行っている。

閉じる▲

2021年1月13日(水)
 
14:30
 - 
15:30
有料
COSME-3
機能性と使用感の両立を目指すシャネルの取組み
合同会社シャネル R&I スキンケア マネージャー 宮本 雅義

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

有効成分の持つ物理化学的な性質の応用例。両親媒性美白有効成分(TXC)が形成する特異的な自己組織体(両連続αゲル)の構造解析、及び皮膚表面温度付近で相転移するように設計したこの自己組織体の応用として皮膚浸透促進効果及び多相乳化による使用感のコントロールについて紹介します。

講演者プロフィール

1993年 同志社大学工学部卒
2003年 化粧品製造会社を経て(株)シャネル化粧品技術開発研究所(現 合同会社シャネルR&I)に入社、現在に至る

閉じる▲

2021年1月14日(木)
 
10:30
 - 
11:30
有料
COSME-4
マイクロニードルの最新動向とその化粧品への応用展開
コスメディ製薬(株) 取締役 権 英淑

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

マイクロニードルは新しいドラッグデリバリーシステムとして注目されている。コスメディ製薬はヒアルロン酸マイクロニードルを化粧品として2008年世界で初めて製品化に至った。その開発背景と、マイクロニードルの最新動向及び化粧品への展開について述べる。

講演者プロフィール

1999年京都薬科大学 薬学科博士課程修了。
その後、英国ProStrakan社、中国リンルイ製薬、国内化粧品会社の技術コンサルタントを経て、2001年コスメディ製薬(株)を設立し、現在に至る。

閉じる▲

2021年1月14日(木)
 
12:30
 - 
13:30
有料
COSME-5
弁護士が教える化粧品の広告規制
弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所 ヘルス&ビューティー
チームリーダー/弁護士
成 眞海

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

美容・化粧品の広告表現に対する規制は年々厳しくなっている。一方で、リスクを恐れるあまり、せっかくの広告媒体で製品・サービスが訴求できないケースも。業界に精通した弁護士が景表法や薬機法、特商法などについて、事例を交えて解説する。

講演者プロフィール

2007年九州大学卒業、2011年中央大学法科大学院卒業。弁護士法人海を経て、2017年より弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所にて企業法務を担当。美容・健康業界向けリーガルサービスのリーダーを務めている。

閉じる▲

2021年1月14日(木)
 
14:30
 - 
15:30
有料
COSME-6
中国コスメの新潮流 ~中国ローカルブランドが選ばれる理由と日本ブランドの勝ち筋~
(株)トレンドExpress 代表取締役社長 濵野 智成

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

中国コスメは激流の時代に突入している。欧米ブランドの強さは元より、特にメイクアップやマス商品では、中国ローカルブランドの台頭が著しく、プレステージやスキンケア領域にも参入を試みる勢いとなっている。その中で、日本ブランドはいかにして勝つのか、中国消費者のインサイトを基に、日本ブランドが選ばれる理由と勝ち筋を解説する。

講演者プロフィール

大学卒業後、世界有数のコンサルティングファームであるデロイト・トーマツ・グループに入社。120社以上への経営コンサルティング支援を行い、グループ最年少のシニアマネージャーとして東京支社長、事業開発本部長を歴任。(株)ホットリンクに参画後、COO(最高執行責任者)としてグローバル事業、経営企画、事業開発、戦略人事、コーポレート部門を統括。新規事業として立ち上げた(株)トレンドExpressをカーブアウト型で分社化して代表取締役社長に就任。累計資金調達12.8億円を先導し、クロスボーダービジネスの先駆者として東京と上海をベースに活動中。

閉じる▲

2021年1月15日(金)
 
10:30
 - 
11:30
有料
COSME-7
35年のロングセラー雪肌精は何故リブランディングしたか?
(株)コーセー コンシューマーブランド事業部
事業部長
鎌田 昌人

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

1985年化粧水「雪肌精」を発売以来、本年で35年。世界で6,500万本を越えるベストセラーとなり、お客さまに愛され続けている雪肌精が初のリブランディング。新たなSEKKISEIは何が変わったのか。 時代潮流や環境、顧客志向の変化などのリブランディングの背景や、コーセーが発見した新知見「透明感方程式」と、新シリーズ「クリアウェルネス」の特長を語る。

講演者プロフィール

1988年、(株)コーセーに入社。約6年間、名古屋で営業職として活動。マーケティング本部 海外商品開発室にて海外専用商品企画、CS企画部 商品企画課にて国内外のCS商品企画担当。その後、国際事業部 企画課長として海外プロモーション統括に従事。2012年に高絲香港有限公司 (コーセー香港)Managing Director、2016年に台湾高絲股份有限公司(コーセー台湾)総経理を務め、2018年(株)コーセー コンシューマーブランド事業部 事業部長に就任。現在に至る。

閉じる▲

2021年1月15日(金)
 
12:30
 - 
13:30
有料
COSME-8
D2Cに特化したOEMから見た商品開発のポイント
(株)サティス製薬 代表取締役 山﨑 智士

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

サティス製薬は「D2Cスタートアップ企業」に特化し、700社を超えるスキンケアブランドの化粧品開発・製造を行ってきた。参入障壁が低いD2Cモデルは、製品が市場で埋もれてしまうリスクを大いに孕んでいる。これまで当社が蓄積してきたノウハウをもとに、「ブランドの生存率を高める」商品開発のポイントをご紹介する。

講演者プロフィール

1972年生まれ。小さな子供たちが重度の皮膚疾患で入院する病棟での勤務で、感情を無くし笑うことを忘れた子供が、皮膚が変わったことで笑顔を引き出せた。老若男女の人生に大きな影響を与える「皮膚」に魅了され、生涯を「皮膚の上」で過ごそうと決め起業を決意。1999年、27歳でサティス製薬を設立。化粧品、医薬部外品を主軸に、皮膚の課題を解決するための様々な技術を用い、多方面から“肌”と向き合う。

閉じる▲

2021年1月13日(水)
 
12:30
 - 
13:30
無料
CT-S1
化粧品輸入販売の基礎知識 ~医薬品医療機器等法から学ぶ~
(一財)日本薬事法務学会 理事長
吉田法務事務所 代表
吉田 武史

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

海外から輸入した化粧品を日本国内で販売するには、様々な法律に関する知識と手続が必須である。本セミナーでは、その中でも医薬品医療機器等法をピックアップし、同法の規制についての解説をまじえながら、化粧品を輸入し販売する際の基本的な流れ、実務上の注意点について解説する。

講演者プロフィール

2003年行政書士国家試験合格、薬事専門の行政書士事務所である吉田法務事務所を開業。翌2004年東京理科大学薬学部卒業、薬剤師国家試験合格。2008年、化粧品等の輸入代行業を営むメディレックス(株)を設立、代表取締役に就任。2010年、薬事関連法規に関する法解釈の研究・学術的啓発活動を行う(一財)日本薬事法務学会を設立し、理事長に就任。行政書士・薬剤師のダブルライセンスを活かし、薬事関連品目の申請代行のほか、薬事関連のコンサルタント、セミナー講師等としても活動している。

閉じる▲

2021年1月14日(木)
 
12:30
 - 
13:30
無料
CT-S2
話題のセミセルフ型コスメセレクトショップが作る来店価値とは
エフ・ジー・ジェイ(株) 取締役執行役員
フルーツギャザリング事業本部長
出合 寛幸

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

ラグジュアリーコスメブランドを中心にセレクトするビューティセレクトショップ”フルーツギャザリング” 。
国内24店舗、都心ターミナルから郊外SC、地方駅ビルとさまざまな立地で多くのファンを獲得する話題のセレクトショップの来店価値の作り方について百貨店との比較、顧客アンケートなどを交えて解説する。

講演者プロフィール

2014年10月エフ・ジー・ジェイ(株)入社。開発部長、営業本部長を経て、2017年よりフルーツギャザリング事業本部長。事業戦略の立案から出店立地の選定、商品MDの企画、店舗運営チームの育成など組織を全方位で牽引する。

閉じる▲

2021年1月15日(金)
 
14:30
 - 
15:30
無料
CT-S3
パーソナライズから店舗送客まで ~LINEで作る新たな顧客接点~
LINE(株) GSSセンター ショッピング検索室 ショッピングチーム
マネージャー
高柴 慶人
講師の都合により講演が中止となりました。

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

新たにLINEが開始した美容ポータルサイト「lacore」は、自分にマッチした化粧品や美容情報などをLINEから簡単に見つける事が可能である。
今後LINEが目指すオンライン・オフラインを問わない、シームレスな購買体験を紹介する。

講演者プロフィール

2016年に筑波大学を卒業。複数社でのエンジニアインターンを経て18年にLINE入社。LINEショッピングの企画担当として、流通額の最大化や新規獲得のキャンペーン設計に注力。その後企画開発部門の統括を行い、2020年9月より現職。

閉じる▲

美容・健康食品 EXPO 特別講演

2021年1月13日(水)
 
10:30
 - 
11:30
無料
INB-S1
With、Afterコロナにおける健康食品市場のトレンドと展望
(株)矢野経済研究所 フードサイエンスユニット フードグループ
部長 主席研究員
飯塚 智之

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

拡大基調を辿っていた健康食品市場は、新型コロナウイルス禍による生活者の行動変容や意識の変化に伴い、売れ筋商品や販路、販促などに変化が見られる。市場全体、販路別、素材別の市場動向、及び消費者調査の結果などを踏まえながら、健康食品市場の変化とWith、Afterコロナ時代の市場展望について解説する。

講演者プロフィール

1998年、東証一部上場の食品メーカーに入社。2003年、矢野経済研究所に入社後、主に食品業界や消費財関連に携わり、健康食品や酒類、飲料、加工食品、菓子、ペットビジネスの市場調査、流通チャネル・消費者アンケートなどの調査・分析業務を担当。また、調査・分析業務だけでなく、各種市場進出支援、新規事業支援、地域振興などのコンサルティング業務も手がけ、現在に至る。

閉じる▲

2021年1月13日(水)
 
12:30
 - 
13:30
無料
INB-S2
流通(小売・通販・商社)がEC市場で成功する方法
(株)オプト エグゼクティブスペシャリスト パートナー
オムニチャネル イノベーションセンター センター長
伴 大二郎

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

COVID-19は予期せずEC市場は広げたが、激戦化するEC市場で売上や収益を上げられない企業も多い。またD2Cなど新たなビジネスモデルや価値観が増えている中でどのような戦略/戦術が必要なのか、WEB広告~CRMまでの顧客コミュニケーションを国内外の事例を紐解きながら解説する。

講演者プロフィール

小売業界においてCRMの重要性に着目し、一貫してデータ活用の戦略立案やサービス開発に従事した後、2011年にオプト入社。マーケティングコンサルタントを経て、2015年よりマーケティング事業部部長として事業拡大に向けた組織作りに着手。マーケティングマネジメント部やOMO関連部門等々を立ち上げ、統括しながらエグゼクティブ・スペシャリストという立場から社内外への発信活動も担務。

閉じる▲

2021年1月13日(水)
 
14:30
 - 
15:30
無料
INB-S3
中国美容市場の最新トレンドとブランド戦略
(一社)日本美粧協会 理事 粟田 翔太

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

中国国産ブランドの存在感が増す中国美容市場だが、依然としてポテンシャルは高く、日本ブランドが参入する余地は十分にある。今回は、中国美容市場のトレンドや傾向を紹介し、日本ブランドがどのような戦略で中国展開すべきなのか解説する。

講演者プロフィール

(一社)日本美粧協会
理事 粟田翔太

大学卒業後、IT企業にて法人営業を3年経験。会計事務所を経て、都市開発のマネジメント会社にて役員に就任。2013年に起業し、東京と北京を拠点にアパレルEC事業や日本企業の中国進出やPR支援などを行う。2016年に事業譲渡した後、日本と中国双方で様々な事業やプロジェクトの⽴ち上げに携わる。2019年に⽇本美粧協会の理事に就任し、日本の化粧品ブランドの中国展開の支援事業を展開。中国コスメ市場の最新トレンドを発信するChina Cosmetic Labを運営。
https://twitter.com/shotaawata
https://twitter.com/chinacosmelab

閉じる▲

2021年1月14日(木)
 
10:30
 - 
11:30
無料
INB-S4
健康食品・機能性表示食品における広告表現のポイント
薬事法広告研究所 代表
DCアーキテクト(株)
取締役
稲留 万希子

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

・健康食品とは
・薬機法以外に注意すべきルールとは
・健康食品の広告表現の傾向と対策
・事例より最近の傾向を学ぶ
・web作成上の注意点
・機能性表示食品の広告で注意すべきこと
・うっかりやってしまいがちなNG事例の紹介
・事例から学ぶ表現テクニック

講演者プロフィール

東京理科大学卒業後、大手医薬品卸会社を経て薬事法広告研究所の設立に参画、副代表を経て代表に就任。
(一社)通販エキスパート協会代表理事を兼任。
数々のサイトや広告物を見てきた経験を基に、“ルールを正しく理解し、味方につけることで売上につなげるアドバイス”をモットーとし、行政の動向及び市場の変化に対応しつつ薬事広告コンサルタントとして日々大型セミナーから企業内の勉強会まで年間100本を越える講演をこなす。
ラジオNIKKEI『医療ジャーナル』に出演他、日本流通産業新聞社発行「日本ネット経済新聞」にて『薬事広告のイロハ』、インプレス社webサービス「ネットショップ担当者フォーラム」にて『健康・美容業界の今を知る!』その他連載中。

閉じる▲

2021年1月14日(木)
 
12:30
 - 
13:30
無料
INB-S5
2021年度版 欧米の健康食品最新トレンド
(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

サイエンスからコンシューマーまであらゆる情報を分析し導き出されたNew Nutrition Business(NNB)誌の10キートレンドを中心に、食品栄養健康市場で鍵となり、長期的に業界を牽引する原動力となる企業の売上増、利益に結び付く最新欧米トレンドを解説する。

講演者プロフィール

1963年大阪生まれ、岐阜育ち。埼玉県在住。
18年間の実務経験と17年間のコンサルタントとしての経験を積み、35年間一貫して健康食品業界でビジネスに携わる。コンサルタントとしては国内外合わせて600以上のプロジェクトを実施。「世界全体の中で日本を位置付け、自らのビジネスを正確に位置付ける」という「グローバルセンス」のもとに、先行する欧米トレンドを取り入れたコンセプトメイキングに定評がある。食品会社、化粧品会社、製薬会社の健康食品部門に対して、商品開発、マーケティング、海外進出などのコンサルティングを行っている。

閉じる▲

2021年1月15日(金)
 
10:30
 - 
11:30
無料
INB-S6
今、世界で注目される低糖質そして機能性商品。今後の日本での広がりと展望
(一社)日本ニュートリションフーズ協会 代表理事 管理栄養士
インナービューティースペシャリスト
マリー 秋沢

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

低糖質(Low-Carb、keto-friendly)そして機能性商品(functional foods)は米国を筆頭に毎年市場に広がりを見せ数多くの商品が生まれている。今回はその中でも特に2020年にトレンド入りしたものを紹介していく。

講演者プロフィール

マリー秋沢 管理栄養士/調理師/インナービューティースペシャリスト

上智大学在学中にミスユニバース近畿代表に選ばれる。大学卒業後、アメリカで美容家との交流を通じ、当時日本では重要視されていなかった内側からの美、‘’インナービューティー‘’の大切さを実感。日本で初めて美容業界に浸透させる。健康でいること=美しさを維持、というテーマで食べ物や栄養(サプリメント)の重要性や基礎知識を伝える活動を通じ、広める。世界の美と健康のトレンドのリサーチを行いながら、健康、免疫力維持、生活習慣病予防、アンチエイジング、長寿などをキーワードに充実した食と栄養そしてライフスタイルを提案する機関として、現在は日本ニュートリションフーズ協会を立ち上げ、講座や料理動画などをオンラインで配信。 http://www.jnutritionfoods.com

閉じる▲

2021年1月15日(金)
 
12:30
 - 
13:30
無料
INB-S7
美容健康ビジネスで売れる商品・売れない商品
(株)ビューティラボ 代表取締役 中野 啓子

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

美容健康商品の販売チャネルは、主に店頭販売、通信販売、ネットワーク販売、テレビショッピングなどであるが、その販売チャネルごとに売れる条件は違う。
様々なチャネルで販売してきた実績から、販売チャネル別の、売れるノウハウと売れない理由をお伝えする。

講演者プロフィール

1984年 多摩美術大学美術学部デザイン科を卒業後、中堅化粧品会社2社に20年在籍。主にGMS、SM、バラエティーショップ・ドラッグストアなどを販路とする一般化粧品のパッケージデザイン・商品企画・販促企画・新規販路開拓・マーケティング・広報・広告企画・お客様相談室・ホームページ管理運営・営業企画を歴任。その後、ベンチャー企業2社にて、化粧品会社の新規立ち上げや、毎年半減していた売上を対前年比451%、WEB通販だけで対前年比4,264%を完遂。それらの経験を活かし、2007年に(株)ビューティラボを設立。化粧品・健康食品の経営コンサルタントとして、販売チャネル戦略に基づいた商品企画・販促企画アドバイスを行っている。13年間で経営支援実績企業は120社を超える。

閉じる▲

[国際] エステ・美容医療 EXPO 特別講演

2021年1月13日(水)
 
10:30
 - 
11:30
無料
EST-S1
信頼を勝ち取り、お客様から欲しいを引き出す接客・カウンセリング
(一社)日本スキンケア協会 代表理事 小野 浩二

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

近年、集客メディアが増え、悩みの少ないお客様もエステの体験を受けるようになった。そんな中、体験はしたけど、契約にならなかったり、リピーターにならないケースも増えている。近年は接客、カウンセリングで最も大切なのは「信頼」である。今回は、サロンでの具体的な信頼を勝ち取る方法をお伝えする。

講演者プロフィール

大学を卒業後大手サロンに勤務。売上、契約率NO.1の実績を持つ。わずか2年でエリアマネージャーになる。2008年にエステコンテスト全国大会で優勝。エステ王子としてメディアで活躍。現在は、カウンセリング研修、スタッフ教育などで全国を飛び回る。著書、DVD25冊出版。

閉じる▲

2021年1月13日(水)
 
14:30
 - 
15:30
無料
EST-S2
【2021年1月最新】次世代型 無料集客メソッド ~Instagram & MEO活用~
ドクターリセラ(株) サロンサポート事業部 3課
ITアドバイザー
今井 悠太

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

インターネットの普及とSNSの普及により、ここ数年で集客方法は大きく変化を遂げつつある。
その中でも、個人でされているサロン様が大手の資金力があるサロン様に勝てる時代がきました。
今回の講演では、個人のサロン様・大手のサロン様共に、次世代の流行に則った集客方法を学んで
頂くことで安定した集客の実現が可能である。

講演者プロフィール

大学時代には、プログラミング・ITを専攻。
2018年ドクターリセラ株式会社に入社。
入社当時より、サロンサポート事業部にてサロン様のコンサルティング・営業に従事。
2020年より、MEO・インスタグラムのプロジェクトを立ち上げ、
営業だけでなく、SNS等を用いた講師も兼任。

閉じる▲

2021年1月14日(木)
 
10:30
 - 
11:30
無料
EST-S3
美容医療機器によるたるみ治療
医療法人社団 喜美会 自由が丘クリニック 副院長 兵頭 徹也

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

たるみの原因は皮膚表面から靱帯、骨に至るまで多岐に渡り、顔面の各層において生じる老化現象の集合体と言える。近年、かつて手術による治療がメインとされた深層の原因に対しても医療機器での改善効果が見込めるようになってきたため、各層ごとの適応を踏まえて紹介する。

講演者プロフィール

2012年3月、杏林大学医学部卒業。
2014年4月、北里大学医学部形成外科・美容外科に入局し、2019年より同教室の大学院に所属し創傷治癒や再生医療の研究に従事。
2020年4月、医療法人社団喜美会 自由が丘クリニックに常勤医師として就職。
2020年11月、副院長に就任。

閉じる▲

2021年1月14日(木)
 
14:30
 - 
15:30
無料
EST-S4
サロンに役立つ「美容機器」の選び方
特定非営利活動法人 日本エステティック機構 事務局
事務局長
高橋 博忠

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

あなたはどのような基準でサロンで使用する機器を選んでいますか?
美容機器は1台数百万円するものまであるが、美容機器は国で定められた基準はない。
買った後に後悔することがないように、このセミナーでは損をしない美容機器の選び方の基本をお話しする。

講演者プロフィール

1993年よりエステティック運営会社に勤務。
2008年より日本エステティック機構事務局に入局。
2012年より同機構事務局長に就任。
現在に至る。

閉じる▲

2021年1月15日(金)
 
10:30
 - 
11:30
無料
EST-S5
2021年 美容医療のトレンド予測と業績アップ手法!
(株)船井総合研究所 第二経営支援本部 ヘルスケア支援部
シニアエキスパート シニア経営コンサルタント
田中 晋也

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

本講座は美容医療で月間医業収入1,000万を目指すクリニックの院長、主任などの現場リーダーの方にご参加いただくと具体的な施策がわかり、メリットの多い講座になる。コロナ対策を踏まえた2021年美容医療のトレンド、実際に美容医療で月間医業収入1,000~2,500万を実現されているクリニックの成功事例をもとに、メニューづくり、集患、カウンセリング手法などを具体的に解説する。

講演者プロフィール

美容医療経営コンサルタント&心理カウンセラー。極力無駄を省き、最短距離で美容医療の医業収入をアップさせる「即時業績向上」コンサルティングに定評がある。美容医療のメニューづくり、集患、カウンセリング、スタッフマネジメントなどのコンサルティングを行い、今までの美容医療活性化に関する相談件数はゆうに500件を超え、美容クリニックのクライアントは年間医業収入1~15憶円までと幅広い。

閉じる▲

2021年1月15日(金)
 
12:30
 - 
13:30
無料
EST-S6
自動的にお客様が集まり、永遠にリピートし続けてくれる“予約でいっぱいのサロン”の作り方
(株)mahalo きれいプロデュース 取締役 サロンプロデューサー 松下 ひとみ

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

自らの失敗経験から無駄な集客をして余分な費用をかけなくて済むように、最初からリピートしてくれる確率が高いお客様を集めてしまえば良い!
お客様への売込みを一切していないのに、お客様がファンになり予約の取れない人気サロンになった経験を元に「あなたのサロンに永遠にリピートし続けてくれる上顧客の作り方」を公開!

講演者プロフィール

美容業界歴30年。資生堂美容部員から大手エステサロンへ。その後エステ講師、サロン店長を経て、2010年エステサロン「きれいプロデュース Shine」開業。ゼロから開業半年で月商150万円、10年で7倍の1000万円にした現役エステティシャンでありオーナーである。
2017年に法人化、メンズエステサロン「THE 男前計画」も経営。
著書『個人サロン経営 成功のための集客バイブル ~必ずリピートしてくれるお客様を集める秘訣~』
個人サロンの経営をする多くのオーナーが集客に悩み、思うように利益を出せずにサロン経営をあきらめざるをえなくなっている中、机上の理論ではなく、実際の経験済の成功方法をそっくりそのまま教えてくれると、サロンプロデューサーとしても、多くのサロンオーナーからの信頼も厚い。

閉じる▲

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください。
受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く)