×

セミナー35講演開催!【事前申込制】※オンライン配信はございません

テーマで選択する
>> 検索条件のクリア
経営戦略 ×
サステナブル ×
DX・EC ×
出展社PR ×
4月6日 ×
4月7日 ×
4月8日 ×
検索条件に該当するセッションがありません
検索条件:
検索条件をクリア

FaW TOKYO(ファッション ワールド東京) 基調講演

2022年4月6日(水)
 
10:00
 - 
10:45
有料
FaW-K
基調講演
蝶理のBLUE CHAIN 早く染まる再生ポリエステル生地でCO₂削減
蝶理(株) 繊維本部長 常務執行役員 吉田 裕志

講演内容を詳しく見る▼

講演内容


点で繋がる繊維業界を線に変えていく独自のサステナブルサプライチェーン『BLUE CHAIN』。私たちが次に目指したのは、糸・生地・最終製品の製造工程全体でのCO₂削減効果の最大化。北陸の大手染色加工メーカー小松マテーレと共同開発した素材で実現したCO₂削減の背景を語る。

講演者プロフィール

1990年、同志社大学法学部卒。蝶理(株)に入社以来、主に繊維素材事業に従事し、繊維原料部長、執行役員、繊維素材副本部長等を経て、2017年から繊維第一本部長 取締役執行役員を務める。2021年6月に繊維本部長 常務執行役員に就任、現在に至る。

閉じる▲

FaW TOKYO(ファッション ワールド東京) 特別講演

2022年4月6日(水)
 
10:00
 - 
10:45
無料
FaW-S1
【対談】クラウドファンディング
D2Cブランド成功の鍵は? ~Makuake式応援購入~
(株)マクアケ キュレーター本部
マネージャ―
田中 絢子

goyemon(ごゑもん) コンセプター 武内 賢太

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

「Makuake」ではD2Cブランドや中小企業によるPRやテストマーケティングの一貫としての活用が増加している。実際にプロジェクトを実施したNEWBASIC inc. 武内氏と共に実例を交えながら、ブランドの背景や成功の秘訣など考察する。

講演者プロフィール

【田中 絢子】
インターネット広告代理店でPRを経験後、(株)マクアケへ入社。アパレル繊維業界担当のキュレーターとして、これまでに700件以上のプロジェクトを担当し過去に1億円を超えるプロジェクトも創出。アパレルブランド、繊維商社を中心に大量生産・消費とは異なる新しいモノづくりの選択肢としてマクアケを提案し、伴走している。

【武内 賢太】
2016年3月東京工芸大学デザイン学科卒業。コイズミ照明(株)に入社し、商品企画・プロダクトデザインに携わる。2018年に高校時代の同級生である大西藍とデザインブランド「goyemon(ごゑもん)」を立ち上げる。雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」をMakuakeでリリース。日本の伝統と最新技術を掛け合わせた暮らしに着目し活動、現在に至る。

閉じる▲

2022年4月6日(水)
 
12:00
 - 
12:45
無料
FaW-S2
メタバース
バーチャルファッションの取組み事例
(株)三越伊勢丹 MD統括部オンラインクリエイショングループ
仮想都市プラットフォーム事業
プランニングマネージャー
仲田 朝彦

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

「バーチャルファッション」とは、アバター(=もうひとりの自分)が着用するデジタル上の洋服のことであり、本講演では、その可能性を説く他、「バーチャルファッション」を活用した当社の取組みについて紹介する。

講演者プロフィール

2008年 早稲田大学政治経済学部を卒業後、(株)伊勢丹(当時)に入社。紳士服担当として店頭・バイヤー業務を経験し、2019年 三越伊勢丹 MD統括部 シームレス推進部、2020年 三越伊勢丹ホールディングス チーフオフィサー室 関連事業推進部を経て、2021年より三越伊勢丹 MD統括部 オンラインクリエイショングループ デジタル事業運営部(現職)。現在、VRを活用したスマートフォン向けアプリ「REV WORLDS(レヴ ワールズ)」の事業企画・開発責任者としてVRプラットフォームの拡大に挑戦中。

閉じる▲

2022年4月6日(水)
 
12:00
 - 
12:45
無料
FaW-S3
サステナブル事例
サステナビリティ・ファーストな経営
(株)アーバンリサーチ 執行役員 経営企画部 部長 萩原 直樹

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

急激な変革を迫られるファッション業界において、小売企業 がサステナビリティ・ファーストな経営を志向したらどんな形 になっていくのか。現在進行形で進めるこのチャレンジにつ いて、これまでの経緯や取り組み内容、今後の展開などを 交えてお伝えする。

講演者プロフィール

1973年生まれ。2008年豪クイーンズランド工科大学でMBA取得。日本郵政、テクマトリックスを経て13年にアーバンリサーチ入社。15年から現職。2018年よりSDGs推進の社内横断組織「SDR(Sustainable Development Research)」を設立。2019年には独自のSDGs基本方針「3C」を定め、アパレル企業の視点から積極的にSDGsを支援していくことを宣言し、全社のサステナビリティ推進活動に取り組んでいる。

閉じる▲

2022年4月6日(水)
 
14:00
 - 
14:45
無料
FaW-S4
【対談】インフルエンサーマーケティング
コロナ禍でも年商38億円を売り上げるAMERI/Ameri VINTAGEの経営戦略
B STONE(株) AMERI/Ameri VINTAGE
CEO兼ディレクター
黒石 奈央子

【モデレーター】編集者/
(株)gumi-gumi
CEO クリエイティブ ディレクター
軍地 彩弓

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

コロナ禍、そしてこれからのブランドのあり方(例:会員制サービスの開始・オートクチュールのNFT販売など)やチームビルディングについて、今後のブランドの発展のさせ方についてお話する。

講演者プロフィール

【黒石 奈央子】
2011年3月、立命館大学卒業後、大手アパレルブランドにて商品管理を担当。入社3か月後にはVMDへ転属し活躍。
2014年10月、オリジナルブランド「AMERI」やヴィンテージアイテム等を取り扱うセレクトショップ「Ameri VINTAGE」を立ち上げ、代表取締役兼ディレクターを務める。

【軍地 彩弓】
大学卒業と同時に講談社の『ViVi』編集部で、フリーライターとして活動。その後、雑誌『GLAMOROUS』の立ち上げに尽力する。2008年に現コンデナスト・ジャパンに入社。クリエイティブ・ディレクターとして、『VOGUE GIRL』の創刊と運営に携わる。​2014年に自身の会社、株式会社gumi-gumiを設立。『Numéro TOKYO』のエディトリアル・アドバイザーを経て、ドラマ『ファーストクラス』(フジテレビ系)や映画のファッション監修、Netflixドラマ『Followers』のファッションスーパーバイザー、関西テレビ『彼女はキレイだった』台本監修、経産省「ファッション未来研究会」常任委員、コンサルティング、ディレクション等幅広く活動。

閉じる▲

2022年4月7日(木)
 
10:00
 - 
10:45
無料
FaW-S5
【対談】ものづくり
新たな時代と向き合うデザイナーの思考
(株)リトゥンアフターワーズ 代表取締役 デザイナー 山縣 良和

【モデレーター】(株)美モード ファッションディレクター 萩原 輝美

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

コロナ禍を経て、大きく時代が変わろうとしている中、どのような思考や態度、方法で活動を続けていくのか、自身のレーベルwrittenafterwardsを主催する他、多くのデザイナーを輩出しているファッションクリエーションの学びの場、coconogaccoを主催する山縣氏に話を聞く。 

講演者プロフィール

【山縣 良和】
1980年鳥取生まれ。2005年セントラル・セント・マーチンズ美術大学卒業。2007年に自身のブランド「writtenafterwards(リトゥンアフターワーズ)」を設立。2015年日本人として初めて LVMH Prizeノミネート。デザイナーとしての活動のかたわら、ファッション表現の実験と学びの場として「coconogacco」を主宰。2019年The Business of Fashionが主催するBOF 500に選出。2021年、「coconogacco」が毎日ファッション大賞、鯨岡阿美子賞受賞。

【萩原 輝美】
毎シーズン、ミラノ、パリ、東京など各都市のコレクションを取材。ファッション雑誌に記事、コラムなどを寄稿。専門学校、各種セミナー講師。

閉じる▲

2022年4月7日(木)
 
10:00
 - 
10:45
無料
FaW-S6
ブランディング
猿田彦珈琲のブランディングの考え方と成長戦略について
猿田彦珈琲(株) 代表取締役 大塚 朝之

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

猿田彦珈琲を創業してから大事にしてきたブランディングの考え方とは「自分たちがやりたいことをやりきる」ことである。コーヒーの美味しさとともにお伝えする、お客様の心を動かすような提供価値とは。今まで、そしてこれからに向けての成長戦略について講演する。

講演者プロフィール

1981年東京都生まれ。96年に芸能界に入り、2001年には主演映画がベルリン映画祭に出品される。2006年、芸能活動に終止符を打ち、下高井戸のコーヒーショップでアルバイトを始め、そこでコーヒーの魅力にとりつかれる。2011年6月、猿田彦珈琲を創業し、現在に至る。

閉じる▲

2022年4月7日(木)
 
12:00
 - 
12:45
無料
FaW-S7
DX
DXを起点としたアパレル業界の進化の方向性
楽天グループ(株) 執行役員兼
コマースカンパニーヴァイスプレジデント CMO/
楽天データマーケティング(株)
取締役
松村 亮

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

近年、 ファッション業界でのデジタルの活用は、EC単体からリアルやOMOも含めたより幅広いDXに移行してきている。他方で、先進的に取り組めている企業とそうでない企業の間には差分もあり、DXに関する課題への取り組み方が競争力に直結してきている状況も伺える。本講演では、ファッション業界におけるDXの概況と課題解決の方向性、その中での楽天の支援について紹介する。

講演者プロフィール

大学卒業後、エンジニア、外資系戦略コンサルティングファームの東京、及びロンドンオフィスを経て、2013年に楽天(株)へ入社。社長室、楽天USAヴァイスプレジデントを経て、2016年にECカンパニーディレクターに就任。2017年にグループ執行役員、2018年にコマースカンパニーのヴァイスプレジデントに就任し、現在は、楽天市場、楽天ファッション、ラクマ(フリマサービス)等を担当。慶応義塾大学卒業、ロンドン大学修士。

閉じる▲

2022年4月7日(木)
 
12:00
 - 
12:45
無料
FaW-S8
循環型社会
みんな参加型の循環型社会! ~2030年に向けて求められる連携とは~
日本環境設計(株) 取締役 執行役員会長 岩元 美智彦

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

誰もが毎日身に着ける服だからこそ、服が持つインパクトは計り知れない。現在進行形で進む技術開発やコレクティブインパクトの事例を挙げながら、業界を超えた連携が社会全体にもたらす変化や未来への道筋を考える。

講演者プロフィール

1964年鹿児島県生まれ。1987年3月、北九州市立大学経済学部卒業。卒業後に就職した繊維商社では営業職に携わるなか、容器包装リサイクル法の制定を機に繊維リサイクルに深く携わる。2007年1月日本環境設計を設立。資源が循環する社会づくりを目指し、リサイクルの技術開発だけではなく、メーカーや小売店など多業種の企業とともにリサイクルの統一化に取り組む。2015年アショカ・フェローに選出。EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2015ジャパン チャレンジング・スピリット部門大賞受賞、Japan Venture Awards 2017中小企業庁長官賞受賞。著書『「捨てない未来」はこのビジネスから生まれる』(ダイヤモンド社)。

閉じる▲

2022年4月7日(木)
 
14:00
 - 
14:45
無料
FaW-S9
【対談】D2C
インフルエンサーに頼らないD2Cブランドの持続的な成長方法
3rd(株) Founder & CEO 川村 匡慶

ソウルドアウト(株) ビジネス開発本部
本部長
野口 陽介

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

この数年で急激に数を増やしたD2Cブランド。ブームの反面、競争は激化しインフルエンサーを起用し好調なスタートを切るものの、勢いを維持できず休止するブランドも後絶たない。本講演では、D2Cブランドの持続的な成長をする為に必要な運営手法について語る。

講演者プロフィール

【川村 匡慶】
2011年、24歳の時からファッション系スタートアップの創業に関わり、製品製造、EC運営、物流、マーケティングなどの業務立ち上げを経験後、2016年に3rd inc.を創業。日本を代表するブランドホルダーを目指し、ファッション、ドリンク、器など幅広いジャンルのD2Cブランドを自社展開。2020年からは日本を代表する現代アーティストとコラボしたマスクブランド“The Masks”を立ち上げ、中国や欧米など海外展開も行っている。

【野口 陽介】
2008年、(株)オプトへ入社。入社後、自動車、通信、エンタメ業界を中心に広告営業に従事したのち2013年、ソーシャルメディア事業部 部長に就任。現在はソウルドアウト(株)にて、自社D2Cブランドの運営及び企業のD2Cビジネス支援事業に従事。

閉じる▲

2022年4月8日(金)
 
10:00
 - 
10:45
無料
FaW-S10
メタバース
ビームスが挑戦するメタバースコマース
(株)ビームス 取締役/
(株)ビームス クリエイティブ
代表取締役社長
池内 光

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

2020年から3度のバーチャルショップ出店を経て、メタバースにおける役割を見出しつつあるビームス。VR接客やワードローブのメタバース化で、リアルとの境界が曖昧になり始めた。無限大の可能性に挑戦する楽しさを語る。

講演者プロフィール

(株)ビームス取締役、(株)ビームスクリエイティブ代表取締役社長。
1971年生まれ。大学卒業後、(株)電通に入社。23年間の在籍期間、キャリアの前半は営業職、後半はクリエイティブ部署においてプロジェクトを司るプロデューサーとして大小さまざまな企画を手がけた。18年4月ビームスへ入社し社長室室長に。20年5月、ビームスクリエイティブ代表取締役社長に就任。

閉じる▲

2022年4月8日(金)
 
10:00
 - 
10:45
無料
FaW-S11
フェムケア
フェムテックビジネスの現状と可能性
ファッションリポーター フェムテック ディレクター 大杉 真心

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

フェムテックとは「女性が抱える健康問題をテクノロジー(技術)で解決するサービスやモノ」を意味する言葉。2021年には「新語・流行語大賞」にもノミネートされた注目ワードであり、2025年までには世界市場の規模が5兆円に迫る見通しだ。この新しいマーケットの可能性や需要について語る。

講演者プロフィール

東京生まれ。文化女子大学(現文化学園大学)とニューヨーク州立ファッション工科大学(F.I.T.)でファッションデザインを学ぶ。セレクトショップで販売職を経験後、「WWD JAPAN」に編集記者として約9年間所属。海外コレクション、デザイナーズブランド、バッグ&シューズの取材を担当。国内外のデザイナーや経営者のインタビュー記事を手掛け、トレンド分析、翻訳を行う。これまでにニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリ、東京、台北、クアラルンプールのファッション・ウイークを取材。2019年からはフェムテック分野を開拓し、女性の健康課題を解決する商品やサービスについて執筆。21年8月に独立し、ファッションとフェムテックに関する編集、執筆、企画に携わる。

閉じる▲

2022年4月8日(金)
 
12:00
 - 
12:45
無料
FaW-S12
消費者動向
『2030年アパレルの未来』の著者が語る、消費社会の行方
(株)ローランド・ベルガー パートナー 福田 稔

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

2030年に向け、日本の消費社会は大きく変わっていく。その変化を促すのは、①消費者の変化 ②サステナビリティ対応 ③デジタルシフトの加速である。本講演では、今足元で起きている消費構造の変化と、その企業に対する影響を、独自の分析により解説する。

講演者プロフィール

慶應義塾大学卒、欧州IESEビジネススクール経営学修士(MBA)、米国ノースウェスタン大学ケロッグビジネススクールMBA exchange program修了。電通国際情報サービスを経て、2007年ローランド・ベルガーに参画。アパレル、化粧品、ラグジュアリー、小売、ネットサービスなどのライフスタイル領域を中心に豊富なコンサルティング経験を有す。東京オフィスの消費財・小売プラクティスのリーダー。経済産業省ファッション未来研究会委員副座長。ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS 2017「クリエイティブイノベーション部門」ゴールド賞受賞。シタテルやIMCFの社外取締役を務める。
近著に「2030年アパレルの未来 日本企業が半分になる日」(東洋経済新報社)、共著「2030年ビジネスの未来地図 これからを生き抜くための戦い方」(PHP研究所)他、生活者、サステナビリティ関連の寄稿・講演多数。

閉じる▲

2022年4月8日(金)
 
12:00
 - 
12:45
無料
FaW-S13
EC
アーバンリサーチの「顧客に寄り添うEC」
(株)アーバンリサーチ デジタル事業本部 デジタル営業部
部長
齊藤 悟

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

2019年比較で自社ECの売り上げ177%(2022年1月期終了時点実績)に拡大した、アーバンリサーチの顧客ニーズを捉えた「顧客に寄り添うEC」とは? コロナ禍で加速したデジタル接客の事例をもとに紹介。

講演者プロフィール

1998年入社。店頭での販売スタッフの経験を経て、2001年、プレス課を設立、その後、マーケティング、CRM、アプリ開発・運用などの販売促進部署の統括業務に従事し、2020年度よりWEB営業部やデザイン、情報・業務システムの部署などを加えた、総勢230名からなるデジタル事業本部・デジタル営業部にて現職。

閉じる▲

2022年4月8日(金)
 
14:00
 - 
15:00
無料
FaW-S14
サステナブル認証
“サステナブル”国際認証基準と国際情報
Textile Exchange アジア地区アンバサダー/
(一社)M.S.I.
理事
稲垣 貢哉

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

“サステナブル”と銘打って企業活動や商品展開をするには素材調達だけでなく人権、環境、動物愛護の視点を持つことが重要視されている。第三者認証基準の下で審査を受けることで企業の透明性を担保するだけでなく、SDGsに向けた活動を評価することができる。国際認証基準の概要と欧米を中心とした国際情報をご案内する。

講演者プロフィール

1987年立命館大学卒業。興和(株)に入社。繊維事業部で15年主に綿原料の生産管理に従事したのち、オーガニックコットンブランド「Tenerita」を創業。2019年に興和(株)退社後に(一社)M.S.I.を設立。2007年よりTextile Exchange執行理事に就任、2019年からはTextile Exchangeアジア地区アンバサダーを務める。

閉じる▲


繊維産業のサステナブルを切り拓くエコテックス®の取組み
エコテックス事業所/
(一財)ニッセンケン品質評価センター
所長
山崎 利明

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

エコテックス®が発足して30年。有害な化学物質を含まないことを示すスタンダード100認証から始まり、世の中の流れとともにサステナビリティが確認された生産工場を示すステップ認証、サプライチェーンを各認証で結びつけるメイドイングリーンまで多岐に渡る取組みを紹介する。

講演者プロフィール

2004年信州大学繊維学部卒業。ニッセンケン品質評価センターへ入社し、エコテックス事業所化学試験課に配属。有害化学物質分析に従事した後、スタンダード100認証の審査や監査の経験を積み、2021年4月よりエコテックス®事業所長を務める。

閉じる▲


サステナブルな社会に向けて、オーガニックコットンが担う役割
NPO法人 日本オーガニックコットン協会 理事長 前田 剛

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

今注目のサステナブルな社会に向けて、オーガニックコットンが担う役割とは何か! 日本国内のオーガニックコットン製品に携わる製造・小売業などの事業者の未来、そして生活者へオーガニックコットンの本来の良さについてを設立から22周年となる日本オーガニックコットン協会の理事長が講演する。

講演者プロフィール

1989年、広告の企画制作会社として(株)オー・スリー(現・(株)チーム・オースリー)設立。1995年、オーガニックコットン専門ブランド「メイド・イン・アース」を立ち上げる。栽培だけでなく製造工程においても有害な化学薬剤の不使用にこだわり、環境や使う人にも安心のできる製品づくりを貫いている。2016年4月、当協会の理事に就任。2019年5月に、理事長に就任。国内製造者の活性化と一般社会への普及啓発といった協会の活動のほか、当協会が設立発起人となっている国際認証GOTS(Global Organic Textile Standard)での諮問委員会にJOCA代表として参画している。

閉じる▲

2022年4月6日(水)
 
15:40
 - 
16:25
無料
FaW-S15
スポーツ
スポーツ×ファッションの今後の展望
(株)デサント 代表取締役社長 小関 秀一

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

普段でも着られるスポーツウエア “アスレジャー”という総称に対し、デサントは動くためのウエア “MoveWear”で展開。現経営は敵対的TOBから始まり、日本標準の経営からの脱却、狙いを定めた海外戦略と商品開発はゼロから1を生む日本、1を100にする中国という考えで進行中。

講演者プロフィール

1979年3月東京外国語大学外国語学部中国語学科卒業。伊藤忠商事(株)に入社。19年にわたり中国駐在、繊維事業を中心に経営全般に携わり、2015年4月繊維カンパニープレジデントに就任。2019年6月より(株)デサント代表取締役社長就任。海外子会社やブランドの整理、販管費の削減などに取り組み、2020年には中国における『デサント』事業の再編を実行。2021年4月からは日本事業の構造改革を本格的にスタート。日本・韓国・中国での事業を三本柱とした収益拡大策を断行中。

閉じる▲

FaW TOKYO(ファッション ワールド東京) 専門セミナー

★3月25日(金)まで早期割引 3,000円(通常4,000円)
2022年4月6日(水)
 
14:00
 - 
14:45
有料
FaW-1
市場動向
数字で見るコロナ禍におけるファッション市場動向と消費者行動の変化
(株)船井総合研究所 第三経営支援本部
ディレクター 上席コンサルタント
大山 広倫

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

ファッション市場に大きなインパクトを与えたコロナ禍だが、いよいよ出口戦略を見据える必要がある。デジタル活用によるリアル市場の回復を企業が正しく自社の成長に活かすためには「顧客密着型戦略」が必要であり、その具体策についてもお話しする。

講演者プロフィール

ネットショップと実店舗を融合させたビジネスモデル(OMO・オムニチャネル・O2O)のコンサルティングを手掛ける。「顧客体験(CX)と年間LTV(ライフタイムバリュー)との相関関係」に着目し、優良顧客を育成するのに必要な顧客体験を適切に提供するためのCEM(Customer Engagement Management)に基づいたデジタルマーケティング戦略を提案することで、多くのクライアントにおいて業績アップに貢献している。最近では、メーカー小売業界だけでなく、サービス業界でもコンサルティングを行っており、年々活動領域を広げている。

閉じる▲

★3月25日(金)まで早期割引 3,000円(通常4,000円)
2022年4月7日(木)
 
14:00
 - 
14:45
有料
FaW-2
インスタグラム集客
インスタ集客から自社サイトCV200%UPにつなげる秘訣とは
(株)空色 代表取締役社長 中嶋 洋巳

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

昨今、広告の費用対効果が難しくなっているなか、インスタの重要性が増している。インスタで集客するだけでなく、サイト流入後の導線設計やその後のCV(購入)までの計測が十分ではない企業も多いのではないか? 今回はインスタからの流入を増やすとともに、離脱を防ぐCXを実現とCV数200%UPの成功事例をご紹介する!

講演者プロフィール

2005年4月 西日本電信電話(株)入社。新規事業開発部に所属し、コミュニケーションを用いたファッション提案アプリの開発など複数の新規事業開発に従事。2013年10月(株)空色を創業。コミュニケーションを軸としたウェブ接客ソリューション「OK SKY」の開発・提供、チャットセンタ-運用受託事業を展開。2016年からAIを活用したチャットボット「What Ya(ワチャ)」にサービスを踏襲し、AIと人を組み合わせた新たなコミュニケーション体験に取り組む。

閉じる▲

★3月25日(金)まで早期割引 3,000円(通常4,000円)
2022年4月8日(金)
 
14:00
 - 
14:45
有料
FaW-3
インスタグラム写真
EC 売り上げにつながる! インスタ写真の撮り方
f.f.b.(株) 取締役 ビジュアル・アドバイザー 木村 麗

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

インスタグラムをEC売り上げにつなげるにはどうしたらいいか?
撮影法をマスターすればショップスタッフがスマホで撮影した写真の方がプロカメラマンによる写真よりもEC売り上げにつながる。本講演では、インスタグラムに実装された新しい機能について解説し、多くの企業をコンサルティングをしてきた経験から編み出した実際に反応がいい写真の撮り方を伝授する。

講演者プロフィール

アパレル販売員の経験を経て、IT企業f.f.b.incの設立メンバーとして参加。スナップ連動型ECサービスを自社で開発運営。設立当初は3人でスタートした為、役職などは設けず営業から撮影、運用まで何でも自分達で行う。その後、ウィンドウショッピングの便利ツールアプリを自社で開発し、営業、撮影、運用を担当し今に繋がるスキルを習得し現在に至る。現在は、IT+アパレルの領域で得た長年の実績と経験に基づきSNSを活用したオンラインマーケティングとブランディングをサポートする事業を展開中。実店舗レクチャーに加え企業向け講習会や繊研新聞Web plusにてコラムも連載中。

閉じる▲

DX・ファッションテック 出展社PRセミナー

2022年4月6日(水)
 
11:30
 - 
12:00
無料
DX-1
3度の倒産危機を突破した粗利第一経営! ~小売の生死を左右する利益と在庫の関係~
フルカイテン(株)
代表取締役CEO
瀬川 直寛

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

EC経営していた2年半の間に在庫起因で3度も倒産危機に直面!追うべきは、売上と在庫量ではなく、「粗利と在庫の質!」と経営手法を転換した結果、会社は復活!この体験を基にFULL KAITENをクラウドサービスとして事業化。縮小市場である国内小売で必須となる粗利第一経営と在庫分析を、大手企業の事例を交えて解説します!

閉じる▲

2022年4月6日(水)
 
13:30
 - 
14:00
無料
DX-2
顧客管理DX -「CRMの基本」の著者が語る、 業績に直結させるCRM戦略
(株)スマートウィル
代表取締役社長
坂本 雅志

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

DXの本質とは競争優位性を高めること。経営改革の手法として、業績に直結するCRM戦略について、ベストセラー「CRMの基本」の著者であり、有名ビジネススクールで10年間、大人気講座「CRM戦略」の教鞭を執り続け、アパレル業界のCRMを牽引してきた第1人者が徹底解説!
顧客管理のDXや、CRMに関心を持たれる方は必聴!

閉じる▲

2022年4月6日(水)
 
15:30
 - 
16:00
無料
DX-3
アパレル業界の環境問題について考える
(株)アベイル
代表取締役
小谷 理実

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

アパレル業界のカーボンニュートラルへの取り組みは他業界に比べかなり遅れている。
資材の無駄な製造による生産方法・工夫の無い販売方法による大量廃棄を発生させ、多くの熱資源排出を招いている。その改善に大きく貢献するのがIoTAGとBrowzwearである。

閉じる▲

2022年4月7日(木)
 
11:30
 - 
12:00
無料
DX-4
PLMで企画からEC・店舗投入までの全ての商品データを一元管理
レクトラ・ジャパン(株)
代表取締役社長
田中 昭彦

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

レクトラのPLMは、企画から納品までの情報をプラットフォームで一元管理し、情報を可視化して業務の効率化、サプライチェーン管理、生産性の向上、サステナビリティの推進などを実現します。

閉じる▲

2022年4月7日(木)
 
13:30
 - 
14:00
無料
DX-5
デジタル捺染が加速するアパレル産業のDXとサステナビリティ
(株)繊研新聞社
取締役 編集局長
矢野 剛

(株)デジナ(手描友禅作家 ユキヤ株式会社)
ユキヤ(株)代表取締役
大野 深雪

エプソン販売(株) 産業機器営業部
部長
松岡 大樹

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

衣服の生地捺染工程へのデジタル捺染導入が、ファッションアパレル・バリューチェーンのDXとサステナビリティへの変革を加速する。捺染工程のデジタル化で期待できるファッションビジネスバリューとは?業界紙のプロの立場からの解説とともに、実際の導入事例を紹介する。

閉じる▲

2022年4月7日(木)
 
14:30
 - 
15:00
無料
DX-6
ファッション業界で圧倒的な導入実績 セントリックPLMミニセミナー
セントリックソフトウェア(株) 営業本部
セールス・ディレクター(日本事業営業責任者)
橋永 重弘

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

商品企画のアイデアから素材検討、サンプル管理、コスト管理、仕様確定、発注、進捗管理、トレーサビリティまで。何故セントリックPLMは世界4,000以上のブランドに支持されているのか?セントリックの特長と導入効果について事例とデモを交えてご紹介します。

閉じる▲

2022年4月7日(木)
 
15:30
 - 
16:00
無料
DX-7
全世界13,000ものブランドが導入!ブランドの成長を支えるJOORとは?
JOOR

天野 義朗

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

「毎回オーダー管理が大変。」「コロナで展示会もまともにできない。」「自社の管理システムがしっくりこない。」そんな皆様のお悩みを解決できるのがJOOR。日本国内の導入ブランド数200+のNo.1実績を誇るJOORとは一体どういうサービスなのか?PRセミナーにて徹底解説!

閉じる▲

2022年4月8日(金)
 
10:30
 - 
11:00
無料
DX-8
動画接客やUGC活用など気になる各社のデジタル接客力の強化術
(株)visumo
取締役
井上 純

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

本講演ではビジュアルデータを効率よく活用するワークマン様やジェイビー様(RANDA)などの事例を紹介。
visumoはUGC、アンバサダー、スタッフ、動画コマース、SNSといった様々な切り口で写真や動画(ビジュアルデータ)を集め、有効活用できる次世代ソリューションを提供しており国内400社以上が採用。

閉じる▲

2022年4月8日(金)
 
11:30
 - 
12:00
無料
DX-9
AIXDETECTOR ~AIを用いたこれからのX線検査~
(株)ハシマ 常務取締役 大塚 俊輔

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

X線異物検査装置にAIを搭載し、異物目視検査のサポートをするシステム"AIXDETECTOR"を最新事例と共に紹介する。

閉じる▲

2022年4月8日(金)
 
13:30
 - 
14:00
無料
DX-10
アパレル業界の最新DX事情 ~LINEを使ったマーケティングから顧客管理まで~
(株)DMM Boost インサイドセールス
ミドルマネージャー
佐藤 龍太

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

顧客対応やマーケティングを自動化・効率化したい方必見!アパレル大手によるEC化の動きと共に注目が高まる、「Eコマース × LINE公式アカウント」の最新DX事情を解説する。

閉じる▲

サステナブル ファッション EXPO 出展社PRセミナー

2022年4月6日(水)
 
14:30
 - 
15:00
無料
SP-1
ウール、循環する動物繊維
ザ・ウールマーク・カンパニー
商品開発・教育・ライセンス担当マネージャー
西沢 智裕

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

ウールは再生可能な天然資源であり、羊が生きられる環境がある限り羊は、羊毛を産出する。ウールは、廃棄されても地球にとって貴重な栄養分を土に還しながら、土の中で自然に分解される。また、ウールは海洋環境においても生分解し、マイクロプラスチックによる汚染問題にも寄与しない。

閉じる▲

2022年4月7日(木)
 
10:30
 - 
11:00
無料
SP-2
アパレル業界のポストコンシューマー資源循環の課題と取組について
豊田通商(株) 繊維事業部
主任
高橋 浩平

パタゴニア日本支社 環境社会部
ブランド・レスポンシビリティ・マネージャー
篠 健司

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

本トークセッションでは、パタゴニア及び豊田通商㈱がブランド‐仕入先の従来の関係性を超え、アパレル業界でポストコンシューマーの資源循環=サーキュラリティを構築するためのパートナーシップをどのように形成しようと取り組んでいるか、またその課題を議論する。

閉じる▲

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください。
受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く)