×

セミナープログラム (完全事前申込制)

展示会を選択

展示会
検索条件に該当するセッションがありません
検索条件:
検索条件をクリア

光通信技術展 基調講演

2021年10月29日(金)
 
11:45
 - 
13:15
有料
FOE-K
コースリーダー
NTTエレクトロニクス(株)代表取締役社長
佐藤 良明
そろそろ見えてきた!? DX時代におけるデータセンター戦略と光技術への期待
さくらインターネット(株) 代表取締役 社長 田中 邦裕

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

コロナ禍において世の中が急速に様変わりする中、DXの加速に起因するデータセンター需要のさらなる高まりに大きなビジネスチャンスを感じている。 本セッションでは、データセンターの現状の課題とともに当社や業界の事例を参考に、今後のデータセンター戦略と光技術の活用についての展望を述べる。

講演者プロフィール

1978年 大阪府生まれ。学生時代に高専でNHKロボコンに明け暮れるかたわら、学校で触れたインターネットに感動して、1996年にさくらインターネットを学生起業。当時は珍しかった、インターネットサーバーの事業を開始する。2005年に東証マザーズへ上場、2015年に東証一部上場。元々のバックグラウンドはエンジニアでありながらも、自らの起業経験などを生かし、スタートアップ企業のメンターや、IPA未踏のプロジェクトマネジャーとして若手起業家や学生エンジニアの育成にも携わる。また、業界発展のため日本データセンター協会(JDCC) 理事長、ソフトウェア協会(SAJ) 筆頭副会長 、日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)常任理事、ブロックチェーン推進協会(BCCC)副代表理事などとして外部活動にも力を入れている。

閉じる▲


半導体のイノベーションにより 潜在的なデジタルトランスフォーメーションを実現
TSMCジャパン(株) 代表取締役社長 小野寺 誠

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

5Gや人工知能(AI)、光通信といった革新的なテクノロジーの進展により、私達の生活はあらゆる面で変化を遂げている。半導体のイノベーションは5Gを実現する為の鍵であり、5GとAIの強力な相乗効果により更なるテクノロジー・イノベーションが創出される。5GとAIアプリケーションの普及によりデータ量は激増しており、その結果エッジデバイス、クラウドデータセンターやネットワークインフラなど、処理能力とエネルギー効率に優れたコンピューティングに対する需要は前例のない高まりを見せている。
更なるスケーリングと3Dインテグレーションに代表される半導体テクノロジーと光通信の絶え間ないイノベーションが組み合わされる事により、次の技術革新の波となるインテリジェント・コネクティビティの新時代に向け、デジタルトランスフォーメーションを実現する可能性が高められる。

講演者プロフィール

ティーエスエムシージャパン株式会社を1997年9月に設立し、その代表取締役日本統括マネージャーを経て2006年に社長に就任、現在に至る。米国オレゴン州ウィラメッテ大学アトキンソン経営大学院修士課程卒。

閉じる▲

お申込み 
枚数:

光通信技術展 専門技術セミナー

2021年10月27日(水)
 
10:30
 - 
11:15
有料
同時通訳付 日/英
FOE-1
コースリーダー
日本電気(株)第一ネットワークソリューション事業部 部長
土井 健嗣
光トランシーバの最新市場動向
LIGHTCOUNTING Founder and CEO Vladimir Kozlov

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

光トランシーバーの需要は2010-2020年の期間に急増した。2020年にはおよそ1億8,000万台が出荷されている。シリコンフォトニクスの技術はこの市場を一変させており、2026年に出荷される製品の50%を占めると予測されている。

講演者プロフィール

Vladimir Kozlovは光ネットワークや無線ネットワークなど世界の通信産業を対象とした代表的な市場調査会社であるLightCountingの創設者兼CEOである。
Kozlov氏には光エレクトロニクス技術・デバイスや光通信、市場調査で30年を超える経歴がある。ロシアのモスクワ大学で理学修士号、米国のブラウン大学で物理学博士号を取得している。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月27日(水)
 
12:00
 - 
12:45
有料
FOE-2
コースリーダー
華為技術日本(株)シニアエキスパート
岡安 雅信
光トランシーバの最新標準化動向
富士通オプティカルコンポーネンツ(株) マーケティング部
シニアプロエンジニア
磯野 秀樹

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

ICT市場で必要とされる情報量は増加しつづけており、高速光トランシーバの製品開発が活発に進められている。OIF,IEEE802.3等の標準化団体では、800G, 1.6T光トランシーバほかCPOなど各種デファクト標準の審議を開始しており、本セミナではこれらの最新動向について紹介する。

講演者プロフィール

1981年3月東京大学理学部物理学科卒業。富士通(株)に入社。入社以来、光受動・能動部品、光トランシーバほか光通信用部品全般の研究開発、マーケティング、標準化活動に従事。1996年よりIEC TC86 (光通信用部品)の国際委員として標準化活動を開始。その後IEEE802.3, OIFほか多数の国際標準化活動及び国内標準化活動に参画し光通信用部品の標準化に貢献。現在、富士通オプティカルコンポーネンツ(株)マーケティング部シニアプロエンジニア。IEC SC86C WG4国際コンビナ、IPEC Vice Chairman. 2011年IEC活動推進会議 議長賞、2012年工業標準化事業 産業技術環境局長賞、2013年IEC 1906賞、2020年 産業標準化事業 経済産業大臣賞を受賞。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月27日(水)
 
13:30
 - 
14:15
有料
FOE-3
コースリーダー
(株)フジクラ テクノロジーオフィサー
和田 悟
AIを活用した光ネットワークの運用高度化の最新技術動向
日本電気(株) 第一ネットワークソリューション事業部
マネージャ
大田 守彦

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

光ネットワークの大容量化、広域化、メッシュ化が進み、人では処理できないレベルにネットワーク運用が煩雑化すると予想され、光ネットワーク運用に対する自動化と最適化が推進される。本講演では、機械学習などを用いた光ネットワークの運用高度化についての最新技術動向を紹介する。

講演者プロフィール

1998年3月、琉球大学大学院工学研究科修士課程修了。同年4月、日本電気(株)に入社。開発部に所属し、xDSLのLSI開発に従事した後、基幹系光ファイバ通信システムの設計・開発に従事。現在に至る。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月27日(水)
 
15:00
 - 
15:45
有料
FOE-4
コースリーダー
古河電気工業(株)執行役員 情報通信ソリューション統括部門 ファイテル製品事業部門長
太田 寿彦
IOWN/Beyond 5Gに向けた光ケーブルへの期待と将来展望
古河電気工業(株) 情報通信・エネルギー研究所
主幹研究員
杉崎 隆一

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

2030年代を想定した高速大容量通信、低遅延伝送、安心して生活できる社会形成のために期待される光ファイバケーブルの特性を整理するとともに、社会インフラとして必須となる光ファイバケーブルを生かす周辺技術を含めた研究開発の取り組みを解説する。

講演者プロフィール

1990年古河電気工業(株)入社以来、一貫して光ファイバ関連の研究開発に取り組む。当初は主にコンポーネント用光ファイバを担当し、その後伝送路用光ファイバの研究にも取り組む。現在は主にファイバ応用技術の研究に取り組む。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月28日(木)
 
10:30
 - 
11:15
有料
FOE-5
コースリーダー
NTTアドバンステクノロジ(株)取締役 グローバル事業本部 本部長
界 義久
近赤外光重合による光部品自動接続の現状と将来展望
宇都宮大学 工学部 (兼担)オプティクス教育研究センター
教授
杉原 興浩

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

光通信や光インターコネクションの分野においては、光部品間を簡便低損失に接続する実装技術が必要となっている。本セミナーでは、近赤外光硬化性樹脂を用いた光通信デバイスやシリコンフォトニクスデバイスなどの自己形成接続について紹介し、将来展望について議論する。

講演者プロフィール

1991年3月慶應義塾大学博士課程修了。日本学術振興会、静岡大学、東北大学を経て、2014年宇都宮大学に着任。現在まで有機非線形光学、ポリマー光導波路、高速車載光通信の研究に従事。2010年1月〜2019年3月科学技術振興機構 (JST) 戦略的イノベーション創出推進プログラム (S-イノベ)「フォトニクスポリマー」にて代表・プロジェクトマネージャーを担当。2020年12月JST研究成果最適展開支援プログラム (A-STEP) 代表として光部品自動接続の研究開発に従事。2010年〜2011年エレクトロニクス実装学会光回路実装技術委員会委員長、2011年電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ活動功労表彰、2012年〜2013年電子情報通信学会ポリマー光部品研究専門委員会委員長、2013年〜2014年エレクトロニクス実装学会理事、2019年〜現在名古屋工業大学プロジェクト教授を歴任。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月28日(木)
 
12:00
 - 
12:45
有料
FOE-6
コースリーダー
古河電気工業(株)執行役員 情報通信ソリューション統括部門 ファイテル製品事業部門長
太田 寿彦
光電融合・IOWN時代を担う、光半導体デバイス技術を紐解く
古河電気工業(株) 研究開発本部 副本部長
情報通信・エネルギー研究所 所長
藤崎 晃

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

励起半導体レーザ、波長可変レーザによって光半導体事業は長距離大容量光通信の発展に貢献してきた。光電融合・IOWN時代にあたり、更に拡大、発展する研究開発の方向性について議論し、さらに今後の新製品のロードマップについて紹介する。

講演者プロフィール

1987年3月、早稲田大学卒業。古河電気工業に入社。主に研究開発本部に所属し、光ケーブル、光増幅器、ファイバレーザの研究開発に従事。2015年東北大学卒業。2016年米国OFS社、2018年9月情報通信エネルギー研究所所長、2021年6月研究開発本部副本部長。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月28日(木)
 
13:30
 - 
14:15
有料
FOE-7
コースリーダー
アンリツ(株)センシング&デバイスカンパニー マーケティング部 部長
石部 和彦
Beyond 5Gアクセスネットワークに向けた最新光デバイス技術
東京大学 大学院工学系研究科
准教授
種村 拓夫

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

2030年頃に期待されるBeyond 5G/6Gの商用化に向けて、モバイルフロントホールや光アクセスに求められる革新的光デバイスの研究開発が加速している。強度変調直接検波(IMDD)、デジタルコヒーレント、アナログRoF(radio-over-fiber)等の各種方式について、デバイスへの要求と最新の研究開発動向を紹介する。

講演者プロフィール

2006年、東京大学大学院博士課程修了。同年より東京大学工学部助手、2007年より同先端科学技術研究センター講師、2012年より同大学院工学系研究科准教授。2010年から2012年まで、スタンフォード大学客員研究員兼務。半導体集積フォトニクス、光通信デバイス、光スイッチ、光インターコネクト技術の研究に従事。2019年、光産業技術振興協会 光技術戦略策定専門委員会 議長として、「Beyond 5Gに向けた次世代ネットワークの光テクノロジーロードマップ」を取りまとめた。現在に至る。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月28日(木)
 
15:00
 - 
15:45
有料
FOE-8
コースリーダー
富士通オプティカルコンポーネンツ(株)代表取締役社長
谷口 和彦
次世代光ファイバの接続技術動向
千葉工業大学 工学部 機械電子創成工学科
教授
長瀬 亮

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

シングルモードファイバで構成された光通信ネットワークの容量限界が懸念されており、マルチコア光ファイバ等を用いる空間多重光伝送システムの研究が進んでいる。本講演では、これら次世代光ファイバの接続技術について解説する。

講演者プロフィール

1985年3月東北大学大学院工学研究科修了。同年日本電信電話(株)入社。NTT研究所に所属し、光コネクタ技術の研究開発に従事。SC形光コネクタ、MU形光コネクタ等を開発。1998年博士(工学)(東北大学)。2001年よりIEC TC86/SC86B Expert(現在に至る)。2009年10月より千葉工業大学教授。マルチコアファイバ用光コネクタの開発や光ファイバセンサの研究に従事し、現在に至る。2011年IEC 1906 Award、2017年電子情報通信学会フェロー、2018年経済産業大臣表彰受賞。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月29日(金)
 
10:30
 - 
11:15
有料
FOE-9
コースリーダー
富士通オプティカルコンポーネンツ(株)代表取締役社長
谷口 和彦
デジタルコヒーレント光トランシーバの最新技術動向
富士通オプティカルコンポーネンツ(株) 第一オプティカルコンポーネンツ事業部
コヒーレント商品部
村井 将人

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

光トランシーバは高度な情報化社会を支える大容量光トランスポートネットワークにおいて重要な役割を果たしている。デジタルコヒーレント技術は400ZRなどデータセンターへの導入が始まろうとしており、更に適用領域の拡大が進んでいる。本講演では、コヒーレント光技術に関する最新状況・技術動向について説明する。

講演者プロフィール

2007年 富士通(株)に入社。2009年に富士通オプティカルコンポーネンツに所属し、光モジュールの開発に従事し、現在に至る。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月29日(金)
 
13:30
 - 
14:15
有料
FOE-10
コースリーダー
日本電気(株)第一ネットワークソリューション事業部 部長
土井 健嗣
次世代ハイパースケールデータセンタにおける400Gbps 超級光トランシーバの最新動向
CIG Photonics Japan(株) PLM・マーケティング部
担当部長
平本 清久

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

拡大が続くハイパースケールデータセンタ内のIPトラフックに対応するため、IEEEや各種MSAでは400ギガイーサ超級向けの次世代イーサネット規格及びそれに準拠する光トランシーバのフォームファクタの仕様化に着手している。本講演ではそのような次世代規格化の状況とそれら新規格に準拠する光トランシーバのトレンド及び技術動向について解説する。

講演者プロフィール

1991年3月東北大学院理学研究科卒業、1991年4月日立製作所中央研究所入所。その後日本オプネクスト、日本オクラロ、Lumentumを経て、現在はCIG Photonics Japanに所属。光トランシーバーのマーケティングを担当。XFP, CFP, PSM4, CWDM4等のMSAやIEEE等の標準化会合活動へ参画。現在は主に400Gbps超級の光トランシーバーの製品企画及びマーケティングに従事。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月29日(金)
 
15:00
 - 
15:45
有料
FOE-11
コースリーダー
三菱電機(株)コミュニケーション・ネットワーク製作所 所長
清水 克宏
Beyond 5G/6Gを支える光・無線融合技術
(国研)情報通信研究機構 ネットワーク研究所フォトニックICT研究センター
主任研究員
吉田 悠来

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

無線アクセス網を支える有線網(x-haul)の技術革新は5G実現の鍵であった。本講演では、特に有無線融合が進むfront-haulを中心として、5Gにおけるx-haul技術を概説するとともに、Beyond 5G/6Gに向けた最新の研究動向などを紹介する。

講演者プロフィール

2009年9月、京都大学博士課程修了。博士(情報学)。2009年より大阪大学工学研究科助教。2016年より情報通信研究機構主任研究員。また、2018年より大阪大学工学研究科招へい准教授。ディジタル信号処理技術を中心として、有線/無線通信の高速大容量化および有無線融合技術の研究開発に一貫して従事している。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月27日(水)
 
10:30
 - 
11:15
有料
FOE-12
コースリーダー
住友電気工業(株)光通信研究所 主幹
笹岡 英資
通信用光ファイバとファイバ型デバイスの基礎
(株)フジクラ 情報通信事業部門 光ケーブルシステム事業部 光デバイス製品部
部長
谷川 庄二

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

光通信の根幹をなす媒体である光ファイバについて、基礎的なところからできるだけ平易に解説する。あわせて、光ネットワークに活用されるファイバ型デバイス等についても紹介していく。

講演者プロフィール

1996年(株)フジクラ入社。光エレクトロニクス研究所(現光応用技術R&Dセンター )に配属され、光ファイバおよびファイバ型デバイスの研究開発や光ファイバ製造プロセスの開発などに従事。その後光ファイバの営業技術等を経て、2020年より光デバイス製品部にてファイバ型デバイスを担当。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月27日(水)
 
12:00
 - 
12:45
有料
FOE-13
コースリーダー
キーサイト・テクノロジー(株)ソリューションエンジニアリング本部 エンジニアリング二部 部長
鈴木 貴智
光トランシーバ測定の基礎
キーサイト・テクノロジー(株) ソリューションエンジニアリング本部 エンジニアリング二部
ソリューションエキスパート
高橋 一

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

巨大化が進むデータセンタネットワーク内で用いられている光トランシーバの評価について現在普及が加速している400GbEのインターフェイスを例に挙げ、PAM4シグナリングを用いた電気、光信号の評価の基本的な内容を解説する。

講演者プロフィール

2000年にアジレント・テクノロジー(株)に入社。会社分割に伴い現在はキーサイト・テクノロジー(同)。入社以来高速光通信関連のソリューションエンジニアとして従事。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月27日(水)
 
13:30
 - 
14:15
有料
同時通訳付 日/英
FOE-14
コースリーダー
華為技術日本(株)シニアエキスパート
岡安 雅信
InP/Siヘテロ集積シリコンフォトニクスの最新技術動向
Intel Corp. SPPD Laser Team
Senior IIIV Laser Designer for Silicon Photonics
Pierre Doussiere

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

InP/Siのハイブリッド型DFBレーザの特性、信頼性における近年の進展によって、シリコンフォトニクスが>100Gの光トランシーバの量産を可能とする主要な技術となった。本講演では、シリコンフォトニクスのプラットフォーム技術として位置づけられるInPアクティブデバイスのヘテロジーニアスな集積技術の最近の進展についてレビューする。

講演者プロフィール

1986-1989:半導体光増幅器の物理学博士号
1989-1996:IIIV半導体増幅器およびレーザーに関わるAlcatel Research Groupでの応用研究
1996-2003:IIIVレーザーDFB、レーザーモジュレーター、高出力ポンプレーザーに関わるAlcatel Optronicでの研究開発
2003-2014:IIIV高速レーザーおよび高出力レーザーに関わるJDSUでの研究開発
2014-2021:フォトニック回路用ハイブリッドIIIV / シリコンDFBに関わるIntel Corpでの研究開発

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月27日(水)
 
15:00
 - 
15:45
有料
同時通訳付 日/英
FOE-15
コースリーダー
富士通オプティカルコンポーネンツ(株)代表取締役社長
谷口 和彦
光コパッケージと次世代シリコンフォトニクスの応用
Intel Corp. New Business and Marketing, Silicon Photonics Product Div.
Sr. Director
Robert Blum

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

100Gから1.6Tプラガブルトランシーバの最新動向をレビューし、光コパッケージ(CPO)が、いかに高密度に集積された部品から構成される光集積回路や複数の電気・光ICを集積する先進2.5/3Dパッケージ技術、あるいはシステムレベルで最適化された熱設計・機械設計などを広範囲にわたって必要としているのかを取り上げる。また、センシングやLiDARといったレーザーや増幅器、受光器が集積された成熟した量産シリコンフォトニクスプラットフォームが必要とされる他のアプリケーションについても簡単に触れる。

講演者プロフィール

Robert Blumは、Intelのシリコンフォトニクスプロダクトディビジョンのマーケティングおよびニュービジネス担当シニアディレクターである。Intel入社前は、Oclaro Inc.でストラテジックマーケティング担当ディレクターを務め、Oclaroの通信製品およびコンシューマー向けレーザー製品群に関わる様々なプロダクトマネジメントおよびマーケティングのディレクター職責を担っていた。Oclaro入社前は、JDS Uniphase Corporationで光伝送部品のプロダクトラインマネージャーを務め、Gemfire Corporationではエンジニアリングおよびマーケティングマネジメントの様々な職責を果たしていた。すべてカリフォルニア州でのことである。Robertは、ドイツ・ダルムシュタットにあるDeutsche Telekomの研究所で働きながら修士論文を書き上げ、ハンブルグ工科大学で物理学の博士号を取得している。また、スイス・ローザンヌのスイス連邦工科大学ローザンヌ校とカリフォルニア州のスタンフォード大学でも学び、研究を行っている。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月28日(木)
 
10:30
 - 
11:15
有料
FOE-16
コースリーダー
アンリツ(株)センシング&デバイスカンパニー マーケティング部 部長
石部 和彦
シリコンフォトニクスによる光トランシーバの集積化・高密度化の進展
技術研究組合光電子融合基盤技術研究所 研究統括部長 中村 隆宏

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

IT化やDX化と言われる中で、LSIの高性能化が益々求められているが、その進化の限界も見え始めている。それに代わって、多数のLSIをつなぐことで並列化により性能を向上する方向へ変化しつつある。ここでは、LSIをつなぐ将来技術を牽引するシリコンフォトニクス技術を用いた光トランシーバの集積化・高密度化に関して、課題と展望を交えて解説する。

講演者プロフィール

1988年3月阪大・基礎工・大学院博士前期課程終了。同年日本電気(株)入社。以来、1.3µm帯PON用高出力レーザ、10GbE用AlGaInAsレーザ、1.1µm帯VCSELなどの研究開発に従事。2010年よりPETRAに出向し、シリコンフォトニクス集積回路の研究開発に従事。現在、PETRA研究統括部長。博士(工学)。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月28日(木)
 
12:00
 - 
12:45
有料
FOE-17
コースリーダー
(株)フジクラ テクノロジーオフィサー
和田 悟
マルチコア光ファイバの最新技術動向
住友電気工業(株) 光通信研究所
グループ長
林 哲也

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

従来のシングルモード光ファイバ通信の限界を超えた、光通信の更なる大容量化・高密度化に向けて研究開発の進むマルチコア光ファイバの最先端の技術動向と将来展望を紹介する。

講演者プロフィール

2006年 東京大学大学院修士了。住友電気工業(株)に入社。光通信研究所に所属し、光ファイバ及び関連技術の研究開発に従事。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月28日(木)
 
13:30
 - 
14:15
有料
FOE-18
コースリーダー
NTTアドバンステクノロジ(株)取締役 グローバル事業本部 本部長
界 義久
電気光学ポリマーを用いた光制御デバイス・テラヘルツデバイス
(国研)情報通信研究機構 未来ICT研究所 神戸フロンティア研究センター ナノ機能集積ICT研究室
室長
大友 明

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

Beyond 5Gでは、5Gの10倍以上の超高速通信が必要とされることから、100Gbaud超級の光変調器やテラヘルツ波の利用が不可欠である。本講演では、電気光学ポリマーを用いた超高速光制御デバイスや高効率テラヘルツデバイスについて紹介するとともに、耐久性や可視光応用についても議論する。

講演者プロフィール

1984年3月、東北大学卒業。昭和電工(株)に入社後、1990年からCREOL/UCF(米国)で有機EOポリマーデバイスの研究を開始。1996年に郵政省通信総合研究所(現NICT)に入所。以来、有機分子フォトニクスやナノフォトニクスを光制御技術に応用する研究に従事。Ph.D. (UCF 1995年)

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月28日(木)
 
15:00
 - 
15:45
有料
FOE-19
コースリーダー
キーサイト・テクノロジー(株)ソリューションエンジニアリング本部 エンジニアリング二部 部長
鈴木 貴智
デジタルコヒーレント光伝送の最新技術動向
日本シエナコミュニケーションズ(株) グローバルプロダクト技術本部
シニアエンジニア
小暮 太一

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

通信事業者は5Gの普及や差別化を図るために革新的な独自サービスを展開し、またハイパースケーラーはデータセンター相互接続を世界規模で展開しており、伝送速度の高速化や低消費電力化に対する要求は尽きない。本講演では、7nm CMOSプロセスDSPを採用した最新のデジタルコヒーレント伝送技術の概要と活用事例について紹介する。

講演者プロフィール

1991年、埼玉大学理学部物理学科を卒業、同年三菱電機(株)に入社。光アンプ、光伝送システム、光トランシーバ等の開発に従事。2006年に日本オプネクストに入社し、40Gトランスポンダの開発に従事。2012年より日本シエナコミュニケーションズにて海底ケーブル事業におけるソリューションエンジニアとして様々な海底ケーブルのアップグレードビジネスの立ち上げを担当し、現在に至る。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月29日(金)
 
10:30
 - 
11:15
有料
FOE-20
コースリーダー
三菱電機(株)コミュニケーション・ネットワーク製作所 所長
清水 克宏
光伝送領域におけるネットワークオープン化動向
NTTエレクトロニクスアメリカ フィールドアプリケーションエンジニア 石田 渉

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

近年従来1ベンダで構築されることが多かった光伝送ネットワークをマルチベンダで構築するために、光伝送領域のオープン化が進んでいる。本講演では、光伝送領域のオープン化、特にトランスポンダのソフトウェア、ハードウェア分離に関する最新動向を紹介する。

講演者プロフィール

2013年日本電信電話株式会社に入社。2018年4月よりNTTエレクトロニクスアメリカに出向。ソフトウェア、ハードウェアが分離されたホワイトボックス伝送装置に必要となるソフトウェアコンポーネントの開発に従事。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月29日(金)
 
13:30
 - 
14:15
有料
FOE-21
コースリーダー
住友電気工業(株)光通信研究所 主幹
笹岡 英資
フォトニック結晶スローライトによる小型・非機械式 LiDAR
横浜国立大学 大学院工学研究院
教授
馬場 俊彦

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

自動運転やロボット・ドローンの主要センサであるLiDARを、シリコンフォトニクス技術によってオンチップ集積化する試みを紹介し、特にスローライト効果による高性能な非機械式ビーム走査、ドップラー効果による速度検出まで可能なFMCW測距方式を解説する。

講演者プロフィール

1990年横浜国立大学博士課程修了、工学博士。1994年同大学助教授、2005年同教授、現在に至る。フォトニック結晶、シリコンフォトニクス、スローライト、ナノレーザなどの研究に従事。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月29日(金)
 
15:00
 - 
15:45
有料
FOE-22
コースリーダー
NTTエレクトロニクス(株)代表取締役社長
佐藤 良明
レーザ網膜投影技術:医療ヘルスケアからXR応用まで
(株)QDレーザ 代表取締役社長 菅原 充

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

レーザ網膜投影は、微弱なレーザ光を網膜上に直接描画することにより、装着者の結像機能やピント位置に影響を受けず、視野に自然に重なる鮮明なフルカラー映像を表示することができる。本講演では、本技術の視覚障碍者支援と眼疾患検査等の医療ヘルスケア応用、XR分野への適用事例と応用可能性を紹介する。

講演者プロフィール

1984年年3月東京大学大学院物理工学修士課程修了。(株)富士通研究所に入社。光半導体研究部に所属し、半導体レーザの研究開発に従事。1995年東京大学工学博士。2004年東京大学生産技術研究所特任教授、2005年(株)富士通研究所ナノテクノロジー研究センター長代理を経て、2006年(株)QDレーザを設立し、代表取締役社長として現在に至る。(株)QDレーザは2021年2月5日東証マザーズに上場した。
量子ドットレーザの基礎研究から実用量産化までのパイオニアとして、2014年10月IEEE Photonic Society Aron Kressel Award, 第16回 山﨑貞一賞、第33回櫻井健二郎氏記念賞を受賞。その他、レーザ精密加工、網膜レーザ投影技術等で受賞多数。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月27日(水)
 
10:00
 - 
10:45
無料
5G-K
デジタル変革時代の5G政策 ~Society5.0を支えるICTインフラ整備~
総務省 総合通信基盤局長 二宮 清治

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

Society5.0時代の基幹インフラである5G。その全国展開に向けて、前提となる光ファイバ網の整備、5G周波数の拡張、5G利活用の促進、更には2030年代に向けたBeyond5G戦略など、あらゆる政策を総動員して取り組む、総務省の「5G政策」について紹介する。

講演者プロフィール

1988年郵政省入省。
総務省大臣官房審議官(国際技術、サイバーセキュリティ担当)、内閣官房内閣審議官(内閣官房デジタル市場競争本部事務局次長、内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室室長代理(副政府 CIO) )を経て、2021年7月から現職。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月27日(水)
 
13:30
 - 
14:15
無料
5G-S1
5Gがもたらすネットワーク革新とシスコの取組み
シスコシステムズ(同) 専務執行役員
情報通信産業事業統括
濱田 義之

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

産業界や行政のDXに不可欠な5G / ローカル5G導入の現状や課題を改めて考え、従来とは異なる要件に対応するためのアーキテクチャそのものの変革等、5Gを支えるインフラとしてのネットワークの在り方について、シスコの取り組みを交え解説する。

講演者プロフィール

濱田 義之(はまだ よしゆき)は、2021年1月より専務執行役員 情報通信産業事業統括として、サービスプロバイダー事業を統括しています。現職以前は、NTT事業本部長として、NTTグループ事業を統括してきました。
それ以前は、最高技術責任者および最高セキュリティ責任者として、日本における技術戦略を統括するとともに、シスコのサイバーセキュリティ技術の普及、国内でのパートナーシップ強化を推進してきました。
大学卒業後、住友電工通信エンジニアリング(株)に入社、光伝送機器の開発支援構築業に従事しました。1999年、KVH(株)(現Colt Asia)に入社。デザインエンジニアリングマネージャ、サービス開発・ネットワーク計画部部長、サービスストラトジー&デザイン執行役員、テクノロジー本部長執行役員を歴任し、同社のネットワーク及びITサービスの戦略立案から、プラットフォーム開発・導入、アジア太平洋地域への拡張などを推進しました。2016年1月よりシスコシステムズに在籍。
1997 年 日本大学理工学部卒。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月28日(木)
 
10:00
 - 
10:45
無料
5G-S2
ソフトバンクの5G/6G時代における戦略
ソフトバンク(株) 専務執行役員 兼 CTO 佃 英幸

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

日本でも5Gサービスが昨年から始まり、いよいよ本格展開の広がりが見えてきた。今後、この5Gがどのように発展し産業で使われ、そしてさらに6Gでどう進化していくか、ソフトバンクやパートナーとの現状取り組みを交えながら解説する。

講演者プロフィール

1988年日本テレコム(株)に入社しNWエンジニア従事後、証券会社を経て、1993年東京デジタルホンに入社。(資本変遷にて2006年よりソフトバンクに合流)一貫してモバイルネットワーク全般の企画、設計、構築等に従事。昨今IoT・AI活用の新規事業の技術も担当し、ソフトバンクのテクノロジー部門CTOとして統括、現在に至る。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月28日(木)
 
13:30
 - 
14:15
無料
5G-S3
加速する5Gの未来
KDDI(株) 執行役員
技術統括本部 技術企画本部長
佐藤 達生

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

新型コロナウイルス感染拡大と、本格化するDXにより通信の利活用が進む中、社会のデジタル基盤として、5Gの活用が期待されている。昨年開始した5Gサービスも今後普及が進み、5Gの特性をより生かした多くのアプリケーションの登場が予想される。本講演では、KDDIの5Gネットワーク高度化への取り組みと、拡大する5Gの活用についてご紹介する。

講演者プロフィール

1991年慶應義塾大学理工学部卒業後、国際電信電話(株)(現在のKDDI)に入社。日本と海外をつなぐデータ通信網の構築に従事し、インターネット黎明期には米国にて日米間の接続や米国のプロバイダとのピアリング強化にも携わった。その後、子会社のUQコミュニケーションズ(株)で、WiMAXやTD-LTEネットワークの構築や事業展開を推進し、2014年以降は、モバイルネットワークのインフラ戦略を牽引している。2020年4月より同社執行役員技術統括本部技術企画本部長。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月29日(金)
 
10:00
 - 
10:45
無料
5G-S4
5G and Beyond: 次の10年での「接続された」社会の実現に向けて
インテル(株) 新規事業推進本部
クラウド・通信事業統括部長
堀田 賢人

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

5Gでは、ネットワークにおける仮想化やクラウドネイティブ技術への移行が急速に進んでいる。このセッションでは、インテルが考えるデータセンターの未来に触れ、今後5Gネットワーク領域でどのようなことが起きるのかをBeyond5Gを踏まえて講演する。

講演者プロフィール

エリクソン(株)、アルカテル・ルーセント(株)にて、3Gネットワークの立ち上げから4G/5Gネットワークに必要なソフトウェアソリューション構築をコンサルタントしてAPJリージョンにて展開。2017年よりインテル(株)にてAPJリージョンのクラウド事業者向け事業開発部長を担当し、クラウドインフラ向けソリューションのサポートを提供。2021年より新規事業推進本部にて、クラウド・通信事業者様向けの事業を統括(現職)。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月29日(金)
 
15:15
 - 
16:00
無料
5G-S5
社会・産業のデジタル変革を加速する5Gの進化
(株)NTTドコモ 常務執行役員(CTO)
R&Dイノベーション本部長
谷 直樹

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

IoT、AI、XR、5Gなどの先進技術を活用して社会や産業分野での新たな価値創造をめざすデジタル変革(DX)の現状と、5Gに対する多様なニーズや技術的課題を解決する5Gの進化やその先の6Gに向けた取組みを紹介する。

講演者プロフィール

日本電信電話(株)入社。移動通信用交換機・サービス制御装置等の実用化開発、移動通信用ネットワークアーキテクチャ・通信制御方式の国際標準化、国際ローミングに関する技術交渉、国内外の研究開発連携等に従事。2011年7月より関西支社ネットワーク部長としてLTEネットワークの構築拡大・品質向上に従事。2014年6月よりM2Mビジネス部長、2015年7月よりIoTビジネス部長として、IoT事業の推進を担当。2020年6月より常務執行役員(CTO) R&Dイノベーション本部長に就任。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月27日(水)
 
15:15
 - 
16:00
無料
5G-S6
6G時代のコミュニケーション技術
ノキアソリューションズ&ネットワークス(同) 最高技術責任者 柳橋 達也

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

国内5G商用展開は近い将来5G SA導入により転機を迎え、用途がコンシューマから企業へと転換することが期待される。一方で総務省を中心に6G携帯無線通信に関する検討も始まった。本セッションでは6G携帯通信システムについてノキアのビジョンを共有する。

講演者プロフィール

1995年外資系システムインテグレータ入社以降、固定及び移動体系通信ネットワーク向けシステム・ソリューション提案業務に従事。2008年、前身となるノキア シーメンス ネットワークス株式会社に入社し、以後モバイルコア製品を中心に、エンドエンドソリューションの提案業務に携わる。2020年1月にノキアベル研究所に移籍し、標準化担当としてETSI ZSMにおいて5Gエンドツーエンドネットワークスライシングの仕様化に貢献。2020年7月より現職。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月27日(水)
 
11:45
 - 
12:30
無料
5G-S7
DXを加速するキーテクノロジー ~ローカル5G実現に向けたNECの取組み~
日本電気(株) デジタルネットワーク事業部
上席事業主幹 エバンジェリスト
藤本 幸一郎

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

企業や自治体がデジタルを活用するためのキーテクノロジーとして、ローカル5Gの実用化が期待されている。2020年12月にローカル5Gの電波利用制度が本格化し、産官学を挙げて様々な取り組みが進められてきた。ローカル5Gの現状とNECの取り組みを紹介、進化するネットワークの将来を展望する。

講演者プロフィール

NEC入社後、通信機器開発を経て黎明期のインターネット関連領域の事業開拓に従事。
2002から2008年、NECアメリカ社(シリコンバレー)にて、新規事業開発ディレクター、企業リエゾン・投資等に参画。
2008年から経営企画部/事業開発部にてスマートグリッド、MVNO、SDN、NFV等のインターネット関連新規事業を推進。
2017年より5Gの事業を推進し現在に至る。
その他、通信関連の団体委員や技術フォーラムのプログラム委員等を歴任。学会や技術セミナーでの講演多数。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月28日(木)
 
11:45
 - 
12:30
無料
5G-S8
5G: ものづくりの現場は無線でこう変わる
三菱電機(株) FAシステム事業本部
Digital Manufacturingアーキテクト
杉山 素

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

5Gをものづくりの現場に導入検討したいが、どのように適用すべきか、まったくイメージがつかない方も多いかと思う。実証実験での経験談を交えながら、5G技術の現在地・課題、製造現場への適用方法などをわかりやすく説明する。

講演者プロフィール

工場用オートメーションで国内外含めて20年以上経験有、2003年に誕生した三菱電機の工場向けIoTコンセプト、e-F@ctoryの立上げメンバーの一人。以降、グローバルの製造業メーカへのIoT導入の支援をしてきた。Digital Manufacturingアーキテクトとして、5G、 AI、 データ分析、 協働ロボットなどの最新技術がどのように工場フロアで活用すべきか、グローバルフォーラムにて講演中。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月28日(木)
 
15:15
 - 
16:00
無料
5G-S9
インフラシェアリングの海外動向と日本の展望
(株)JTOWER 代表取締役社長 田中 敦史

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

JTOWERは携帯設備を一本化することで、作業・コスト・電力等の削減効果をもたらすソリューションで、効率的な電波環境整備に貢献してきた。本セミナーでは、JTOWERの取組みとともに、海外の動向を踏まえ、5G時代に向けたインフラシェアリングの可能性について紹介する。

講演者プロフィール

ゴールドマン・サックス証券株式会社勤務の後、イー・アクセス株式会社(現ソフトバンク株式会社)の設立に参画。同社およびイー・モバイル株式会社(現ソフトバンク株式会社) CFO、経営企画担当役員を経て、2012年、株式会社JTOWER設立。携帯電話の設備を一本化するインフラシェアリングを主軸とし、様々な関連サービスを展開し、2019年に東証マザーズ上場。5Gをはじめ、未来を見据えたサービス提供も積極的に進めている。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月29日(金)
 
13:30
 - 
14:15
無料
5G-S10
ローカル5G等自営無線が切り開く地域活性化
東日本電信電話(株) 執行役員
経営企画部 営業戦略推進室長
加藤 成晴

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

少子高齢化や人手不足に伴うDXニーズの高まりは、コロナ禍により一層加速しており、地域課題を解決する基盤としてローカル5GやLPWA等の自営無線が注目を集めている。本講演では、自営無線が実現する地域活性化に向けた、NTT東日本の取り組みについて紹介する。

講演者プロフィール

1990年日本電信電話(株)に入社。その後、NTT中央パーソナル通信網(株)、NTTブロードバンドプラットフォーム(株)において、PHS関連事業及びWi-Fi等の無線LAN関連事業の企画に従事。2016年、東日本電信電話(株)ビジネス開発本部に着任し、マネージド型Wi-Fiサービス「ギガらくWi-Fi」やローカル5G関連を始めとする、無線・IoT領域の事業企画・商品開発の責任者を務める。2020年より同社営業戦略推進室において、地域活性化に関連する新規事業の開発や、農業・e-sports・文化芸術・ドローン等の新会社立ち上げを統括している。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月28日(木)
 
11:45
 - 
12:30
無料
VCOM-K
公共メディアNHKの放送・ネット新時代へのチャレンジ
日本放送協会 技術局長 寺田 健二

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

普及が進む新4K8K衛星放送や常時同時配信・見逃し配信サービス「NHKプラス」の最新状況、コンテンツ充実に向けた新しい制作技術や最先端の放送技術など、公共メディアNHKとしての技術の取組みと今後の展望を紹介する。

講演者プロフィール

1990年に、日本放送協会に入局。函館放送局を経て、1993年より技術局に勤務。その後、広報局、人事局、技術局を経て、2017年に編成局専任局長、2019年に経営企画局特別主幹、2021年4月より現職。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月29日(金)
 
15:15
 - 
16:00
無料
VCOM-S1
ABEMAにおける映像伝送技術と今後の事業展望
(株)AbemaTV CTO 西尾 亮太

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

「ABEMA」はテレビのイノベーションを目指し"新しい未来のテレビ"として展開する動画配信事業。登録は不要で、国内唯一の24 時間編成のニュース専門チャンネルをはじめ、オリジナルのドラマや恋愛番組、アニメ、スポーツなど、多彩なジャンルの約20チャンネルを24時間365日放送している。当講演では「ABEMA」における映像伝送技術と今後の事業展望について紹介する。

講演者プロフィール

2011年株式会社サイバーエージェントに入社。Amebaスマートフォンプラットフォーム基盤、ゲーム向けリアルタイム通信基盤の開発を経て、2016年に「ABEMA」の立ち上げに参画。2018年より株式会社AbemaTV CTOとして現在に至る。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月27日(水)
 
13:30
 - 
14:15
無料
VCOM-S2
文化財の超高精細デジタルアーカイブを活用した文化体験・教育活用
大日本印刷(株) マーケティング本部
主席研究員
磯田 和生

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

これまでDNPではジャンルを問わず、様々な形態の文化財のデジタルアーカイブと鑑賞システムの開発に取り組んできた。本講演では、ルーヴル美術館、フランス国立図書館とのミュージアムラボ等、国内外での事例を中心に高精細デジタル化と鑑賞体験開発の狙いと技術的なアプローチについて紹介する。

講演者プロフィール

1996年九州芸術工科大学大学院博士前期課程修了。1997年大日本印刷(株)入社後,GIS,CRM等をテーマにICTを活用したサービスの企画開発を担当。2009年よりルーヴル美術館やフランス国立図書館との共同プロジェクト,DNPミュージアムラボにてマルチメディアを使った鑑賞体験の企画及びHCI研究開発に従事。2017年九州大学大学院博士後期課程修了。現在,VR,デジタルアーカイブ等をテーマにユーザの認知的,行動的な理解による製品・サービスの開発及び研究を行っている。博士(芸術工学)。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月27日(水)
 
15:15
 - 
16:00
無料
VCOM-S3
JR東日本におけるデジタルサイネージ事例と今後の可能性
(株)ジェイアール東日本企画 交通媒体本部 デジタルサイネージ推進センター
センター長
山本 孝

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

デジタルサイネージは既に身のまわりの様々な場所で活用され、社会インフラの一部となっている。本講ではJR東日本エリアにおける展開事例をご紹介しつつ、新たな表示素材や最近の活用事例、トピックス等を含めて、サイネージの可能性についてご説明したい。

講演者プロフィール

1982年早稲田大学卒業、同年日本国有鉄道入社。駅構内におけるニューメディア媒体開発・映像制作に携わる。その後、東京駅・上野駅リニューアルにおいて「情報発信スペース」開設を担当した後、2003年よりジェイアール東日本企画に出向。デジタルサイネージの開発と駅・車両等におけるメディアデザイン全般を担当する。(一社)デジタルサイネージコンソーシアム理事、(公社)日本鉄道広告協会「技術開発委員会」副委員長、「Lアラート」運営諮問委員を兼務。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月27日(水)
 
11:45
 - 
12:30
無料
4K8K-K
4K8K時代の放送政策
総務省 情報流通行政局長 吉田 博史

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

4K8K実用放送が開始されてまもなく3年。4Kテレビの普及が進み、ネット配信サービスも台頭しつつあり、本格的な放送と通信の融合の時代が到来しつつある。このようなICTの激動の時代における放送政策について紹介する。

講演者プロフィール

1987年郵政省入省。総務省地上放送課長、経済産業省への出向、総務省大臣官房審議官(情報流通行政局担当)、大臣官房総括審議官を経て、2021年2月から現職。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月27日(水)
 
10:00
 - 
10:45
無料
4K8K-S1
4K・8Kスーパーハイビジョン技術の医療応用
オリンパスメディカルシステムズ(株) 技術戦略
本部長
中村 一成

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

内視鏡医療を中心に医療の現状と課題を述べた後、基本的な内視鏡システムのご紹介を行う。4K外科手術用内視鏡システムはすでに市場導入され、HDTV映像に比べ高精細な映像での手術が可能、微細組織や血管などの容易な識別をサポートできるなど好評を得ており、外科イメージング分野では4Kのデファクトスタンダード化が進んでいる。4K内視鏡システムの現状と課題を技術検討が進んでいる8Kシステムと共にご紹介したい。

講演者プロフィール

1984年 現オリンパス(株)に入社。内視鏡関連の技術開発を担当しEVIS LUCERA開発プロジェクトリーダーとして商品化。画像機器開発部 部長として消化器内視鏡、外科内視鏡、などの内視鏡画像システムの開発業務に従事。2009年 オリンパス研究開発センターにて医療イメージング関連機器の研究・技術開発担当の部長として従事。2016年 医療第3開発本部 本部長として医療事業領域の技術開発および内視鏡システム商品開発を担当。2021年 技術戦略の本部長として医療事業領域の技術戦略を担当。現在に至る。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月29日(金)
 
10:00
 - 
10:45
無料
4K8K-S2
4K8K × スポーツテック
富士通(株) JAPANリージョン スポーツ・エンターテインメント統括部
シニアディレクター
小山 英樹

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

スポーツ、エンターテインメント界における高精細映像技術の活用について、制作・配信・アーカイブ・マーケティングの観点から、これまでの富士通の取り組みやコロナ禍による変化、未来への展望についてお話しする。

講演者プロフィール

1995年横浜国立大学卒業。富士通株式会社に入社。基幹ネットワークの開発に従事した後、ビジネス企画・マーケティングを担当。2014年よりスポーツの周辺産業におけるビジネス企画に従事。2016年から1年間B.LEAGUEに常駐した後、現在に至る。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月28日(木)
 
10:00
 - 
10:45
無料
4K8K-S3
高精細映像とAIで進化する警備サービス
綜合警備保障(株) 執行役員
開発企画担当
桑原 英治

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

少子高齢化、労働人口の減少に加え、身近な犯罪の多様化に伴い警備員の監視による既存の抑止策だけでは犯行は防げず、犯行の予兆を捉え、未然に防止する新たな警備モデルが必要となっている。その為に、センシングデバイス、IoT、AI、5G、ドローン、ロボット等の最先端技術の活用が不可欠となっている。本講演では、4K等高精細映像とAIと5Gにスポットを当て総務省の5G/ローカル5Gの実証実験の内容を紹介する。

講演者プロフィール

昭和57年、日本電信電話公社入社、平成4年、ジュネーブ海外事務所にて海外ビジネスに従事。平成14年、NTT-ME次世代ネットワーク事業部長として通信ビジネスに従事。平成17年より東日本電信電話(株) ビジネスソリューション部長、NTTコミュニケーションズ(株)法人事業本部第四法人営業本部長として、法人ビジネスに従事。
平成23年、綜合警備保障(株)執行役員商品サービス企画部長、セキュリティ科学研究所長、開発企画部 開発企画担当として警備ビジネスに従事。現在に至る。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
無料
10月27日(水)
13:00
13:30
無料
LPWA-1
IoTデータの効果的な活用について ~LPWA ZETAの事例を交えてご紹介~
アイティアクセス(株)
取締役
澤村 宗仁

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

データ収集がIoTの目的の一つだが、利活用に悩まれている方が多い。本講演ではLPWA ZETAの立ち上げ初期からデータサーバーを運営してきた経験を元に、データの効果的な活用方法について事例を交えてお話する。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
無料
10月28日(木)
13:00
13:30
無料
LPWA-2
産業分野でのDX活用が進むLPWA規格「ZETA」とは?
(株)テクサー
代表取締役(ZETAアライアンス理事)
朱 強

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

ZETAアライアンスは、結成からわずか3年でグローバルでは260組織に拡大、実証から実装フェーズに移行し、スマート農業、スマートビルディング、スマート物流など産業分野でのDX活用が進んでいる。本講演では、最新動向のほか、次世代ZETA規格「Advanced M-FSK」の全貌を披露する。

閉じる▲

※所属/役職情報が一部変更となりました。ご了承ください。(10月1日付)

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
無料
10月29日(金)
13:00
13:30
無料
LPWA-3
センシングテクノロジーで現状を改善するDX
(株)GENECH DATA SOLUTIONS
代表取締役社長
美馬 芳彦

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

高度な技術力だけでは変えられない、ハード面だけでも変わらない。現状の課題解決だけでなく、社会の変化に対応するためにはデジタル化は欠かせない。センシング技術でデータが導く可視化、IoTで新たな付加価値の創造。なぜ今DXが必要なのか。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
無料
10月29日(金)
14:00
14:30
無料
LPWA-4
エッジ顔解析とLPWAの融合
(株)WDS
郡司掛 豪

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

顔解析技術がもたらすデータ量の軽量化の実現で、LPWAを飛躍的に活用する事を可能にしたシステムである。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
無料
10月29日(金)
15:00
15:30
無料
LPWA-5
マルチホップLPWA ZETAで切り拓く、社会課題解決型DXソリューション
凸版印刷(株)
DXデザイン事業部 スマートシティ推進部 部長
諸井 眞太郎

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

トッパンでは、「印刷テクノロジー」としてこれまで培ってきた「モノづくり」と「サービス設計」のノウハウを融合させ、ZETAを活用したサービスを提供している。本講演では、これらの社会課題解決型のサービスをご紹介する。

閉じる▲

※講演内容の一部が変更となりました。ご了承ください。(10月1日付)

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
無料
10月28日(木)
15:00
15:30
無料
LPWA-6
アクティブRFIDタグ用ソリューション「ZETag」用LSI
(株)ソシオネクスト
コネクテッドソリューションチーム 課長
浦出 正和

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

ソシオネクストはSoCおよびそれを核とするソリューションと、サービスの設計、および開発、販売事業を行うファブレス半導体メーカーであり、TV受信チューナ等の民生用途で培った小型・低電力なCMOS-RF技術を武器に、IoT用LSIの開発を進めている。今回は、ソシオネクストが開発するアクティブRFIDタグの「ZETag」用LSIおよび、次世代ZETA通信規格”Advanced M-FSK"について紹介する。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
無料
10月27日(水)
15:00
15:30
無料
LPWA-7
OCRカメラによる遠隔自動検針サービスについて
稲畑産業(株)
情報電子第三本部 部長
松井 一博

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

従来、検針業務は「メーター設置場所への移動」「メーター値の目視・手書き」「パソコンへの手入力」「メーター誤認・転記ミス」など非効率であった。これを「OCRカメラで撮影したメーター値をAIでデジタルデータ化してクラウドへ送信、台帳自動入力することで業務の効率化を図る」というものである。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
無料
10月27日(水)
12:00
12:30
無料
LPWA-8
LPWA ZETA:業種を超えたコラボレーションによる新しい事業価値の創造
ZETAアライアンス
代表理事
諸井 眞太郎

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

IoTのサービス開発では、スピード感と異業種連携による協創が欠かせない。本講演では、ZETAアライアンスに参画している複数企業による協創事例をご紹介する。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
無料
10月27日(水)
14:00
14:30
無料
LPWA-9
ワイヤレス給電が実現する真のIoE社会
エイターリンク(株)
代表取締役
岩佐 凌

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

IoT、IoE社会の実現には多数のセンサーデバイスによるデータ収集が必須であるが、従来の技術ではコストなどの問題から実現が困難であった。当社ワイヤレス給電は1台の送信機で長距離かつ多数のデバイスに給電が可能である。本講演ではビルマネジメント領域での今までの実績を交え、ワイヤレス給電によるIoE社会の今後の発展性について紹介する。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
無料
10月28日(木)
12:00
12:30
無料
LPWA-10
LPWAをつなぐ技術 ~アンテナ選定の重要性~
日本アンテナ(株)
営業部 第一営業グループ
小澤 聡

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

近年注目されているLPWA市場。ユースケースは着実に広がり回線数も増加傾向にある一方、安定した電波伝搬・コンパクトな筐体への組込みなどあらゆる課題が浮き彫りになってきた。本講演ではそんな課題解決に向けアンテナ専門メーカーならではの目線で日本アンテナの取組みなども交えながら解説する。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
無料
10月28日(木)
14:00
14:30
無料
LPWA-11
ZETAアラインス認証制度およびテックセンター構想
アリオン(株)
第二事業部 市場開発 /スペシャル・プロジェクト担当部長
黒田 辰治

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

日本およびアジア各国、 南北アメリカ、ヨーロッパ各国へワールドワイドに対し、第三者認証試験、品質検証、およびコンサルティグ・サービスを提供するアリオン。 ZETAアライアンスに対しても、認証試験や性能評価等、様々なサービスとコンサルティングを提供する。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
無料
10月29日(金)
12:00
12:30
無料
LPWA-12
つながるLPWA対応アンテナのご紹介
スタッフ(株)
商品設計部門 技術企画部 主査
波多野 宏幸

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

昨今、IoT用無線機器の軽薄短小化が進んでいる。これに伴いアンテナも小型化が要求される。携帯電話/スマートフォン用アンテナで培った独自の設計技術をベースに、日々顧客の要求に対応すべく技術を蓄積。開発事例及び今後の展開について発信する。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月27日(水)
 
10:00
 - 
10:45
無料
5G-K
デジタル変革時代の5G政策 ~Society5.0を支えるICTインフラ整備~
総務省 総合通信基盤局長 二宮 清治

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

Society5.0時代の基幹インフラである5G。その全国展開に向けて、前提となる光ファイバ網の整備、5G周波数の拡張、5G利活用の促進、更には2030年代に向けたBeyond5G戦略など、あらゆる政策を総動員して取り組む、総務省の「5G政策」について紹介する。

講演者プロフィール

1988年郵政省入省。
総務省大臣官房審議官(国際技術、サイバーセキュリティ担当)、内閣官房内閣審議官(内閣官房デジタル市場競争本部事務局次長、内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室室長代理(副政府 CIO) )を経て、2021年7月から現職。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月27日(水)
 
13:30
 - 
14:15
無料
5G-S1
5Gがもたらすネットワーク革新とシスコの取組み
シスコシステムズ(同) 専務執行役員
情報通信産業事業統括
濱田 義之

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

産業界や行政のDXに不可欠な5G / ローカル5G導入の現状や課題を改めて考え、従来とは異なる要件に対応するためのアーキテクチャそのものの変革等、5Gを支えるインフラとしてのネットワークの在り方について、シスコの取り組みを交え解説する。

講演者プロフィール

濱田 義之(はまだ よしゆき)は、2021年1月より専務執行役員 情報通信産業事業統括として、サービスプロバイダー事業を統括しています。現職以前は、NTT事業本部長として、NTTグループ事業を統括してきました。
それ以前は、最高技術責任者および最高セキュリティ責任者として、日本における技術戦略を統括するとともに、シスコのサイバーセキュリティ技術の普及、国内でのパートナーシップ強化を推進してきました。
大学卒業後、住友電工通信エンジニアリング(株)に入社、光伝送機器の開発支援構築業に従事しました。1999年、KVH(株)(現Colt Asia)に入社。デザインエンジニアリングマネージャ、サービス開発・ネットワーク計画部部長、サービスストラトジー&デザイン執行役員、テクノロジー本部長執行役員を歴任し、同社のネットワーク及びITサービスの戦略立案から、プラットフォーム開発・導入、アジア太平洋地域への拡張などを推進しました。2016年1月よりシスコシステムズに在籍。
1997 年 日本大学理工学部卒。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月28日(木)
 
10:00
 - 
10:45
無料
5G-S2
ソフトバンクの5G/6G時代における戦略
ソフトバンク(株) 専務執行役員 兼 CTO 佃 英幸

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

日本でも5Gサービスが昨年から始まり、いよいよ本格展開の広がりが見えてきた。今後、この5Gがどのように発展し産業で使われ、そしてさらに6Gでどう進化していくか、ソフトバンクやパートナーとの現状取り組みを交えながら解説する。

講演者プロフィール

1988年日本テレコム(株)に入社しNWエンジニア従事後、証券会社を経て、1993年東京デジタルホンに入社。(資本変遷にて2006年よりソフトバンクに合流)一貫してモバイルネットワーク全般の企画、設計、構築等に従事。昨今IoT・AI活用の新規事業の技術も担当し、ソフトバンクのテクノロジー部門CTOとして統括、現在に至る。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月28日(木)
 
13:30
 - 
14:15
無料
5G-S3
加速する5Gの未来
KDDI(株) 執行役員
技術統括本部 技術企画本部長
佐藤 達生

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

新型コロナウイルス感染拡大と、本格化するDXにより通信の利活用が進む中、社会のデジタル基盤として、5Gの活用が期待されている。昨年開始した5Gサービスも今後普及が進み、5Gの特性をより生かした多くのアプリケーションの登場が予想される。本講演では、KDDIの5Gネットワーク高度化への取り組みと、拡大する5Gの活用についてご紹介する。

講演者プロフィール

1991年慶應義塾大学理工学部卒業後、国際電信電話(株)(現在のKDDI)に入社。日本と海外をつなぐデータ通信網の構築に従事し、インターネット黎明期には米国にて日米間の接続や米国のプロバイダとのピアリング強化にも携わった。その後、子会社のUQコミュニケーションズ(株)で、WiMAXやTD-LTEネットワークの構築や事業展開を推進し、2014年以降は、モバイルネットワークのインフラ戦略を牽引している。2020年4月より同社執行役員技術統括本部技術企画本部長。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月29日(金)
 
10:00
 - 
10:45
無料
5G-S4
5G and Beyond: 次の10年での「接続された」社会の実現に向けて
インテル(株) 新規事業推進本部
クラウド・通信事業統括部長
堀田 賢人

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

5Gでは、ネットワークにおける仮想化やクラウドネイティブ技術への移行が急速に進んでいる。このセッションでは、インテルが考えるデータセンターの未来に触れ、今後5Gネットワーク領域でどのようなことが起きるのかをBeyond5Gを踏まえて講演する。

講演者プロフィール

エリクソン(株)、アルカテル・ルーセント(株)にて、3Gネットワークの立ち上げから4G/5Gネットワークに必要なソフトウェアソリューション構築をコンサルタントしてAPJリージョンにて展開。2017年よりインテル(株)にてAPJリージョンのクラウド事業者向け事業開発部長を担当し、クラウドインフラ向けソリューションのサポートを提供。2021年より新規事業推進本部にて、クラウド・通信事業者様向けの事業を統括(現職)。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月29日(金)
 
15:15
 - 
16:00
無料
5G-S5
社会・産業のデジタル変革を加速する5Gの進化
(株)NTTドコモ 常務執行役員(CTO)
R&Dイノベーション本部長
谷 直樹

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

IoT、AI、XR、5Gなどの先進技術を活用して社会や産業分野での新たな価値創造をめざすデジタル変革(DX)の現状と、5Gに対する多様なニーズや技術的課題を解決する5Gの進化やその先の6Gに向けた取組みを紹介する。

講演者プロフィール

日本電信電話(株)入社。移動通信用交換機・サービス制御装置等の実用化開発、移動通信用ネットワークアーキテクチャ・通信制御方式の国際標準化、国際ローミングに関する技術交渉、国内外の研究開発連携等に従事。2011年7月より関西支社ネットワーク部長としてLTEネットワークの構築拡大・品質向上に従事。2014年6月よりM2Mビジネス部長、2015年7月よりIoTビジネス部長として、IoT事業の推進を担当。2020年6月より常務執行役員(CTO) R&Dイノベーション本部長に就任。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月27日(水)
 
15:15
 - 
16:00
無料
5G-S6
6G時代のコミュニケーション技術
ノキアソリューションズ&ネットワークス(同) 最高技術責任者 柳橋 達也

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

国内5G商用展開は近い将来5G SA導入により転機を迎え、用途がコンシューマから企業へと転換することが期待される。一方で総務省を中心に6G携帯無線通信に関する検討も始まった。本セッションでは6G携帯通信システムについてノキアのビジョンを共有する。

講演者プロフィール

1995年外資系システムインテグレータ入社以降、固定及び移動体系通信ネットワーク向けシステム・ソリューション提案業務に従事。2008年、前身となるノキア シーメンス ネットワークス株式会社に入社し、以後モバイルコア製品を中心に、エンドエンドソリューションの提案業務に携わる。2020年1月にノキアベル研究所に移籍し、標準化担当としてETSI ZSMにおいて5Gエンドツーエンドネットワークスライシングの仕様化に貢献。2020年7月より現職。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月27日(水)
 
11:45
 - 
12:30
無料
5G-S7
DXを加速するキーテクノロジー ~ローカル5G実現に向けたNECの取組み~
日本電気(株) デジタルネットワーク事業部
上席事業主幹 エバンジェリスト
藤本 幸一郎

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

企業や自治体がデジタルを活用するためのキーテクノロジーとして、ローカル5Gの実用化が期待されている。2020年12月にローカル5Gの電波利用制度が本格化し、産官学を挙げて様々な取り組みが進められてきた。ローカル5Gの現状とNECの取り組みを紹介、進化するネットワークの将来を展望する。

講演者プロフィール

NEC入社後、通信機器開発を経て黎明期のインターネット関連領域の事業開拓に従事。
2002から2008年、NECアメリカ社(シリコンバレー)にて、新規事業開発ディレクター、企業リエゾン・投資等に参画。
2008年から経営企画部/事業開発部にてスマートグリッド、MVNO、SDN、NFV等のインターネット関連新規事業を推進。
2017年より5Gの事業を推進し現在に至る。
その他、通信関連の団体委員や技術フォーラムのプログラム委員等を歴任。学会や技術セミナーでの講演多数。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月28日(木)
 
11:45
 - 
12:30
無料
5G-S8
5G: ものづくりの現場は無線でこう変わる
三菱電機(株) FAシステム事業本部
Digital Manufacturingアーキテクト
杉山 素

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

5Gをものづくりの現場に導入検討したいが、どのように適用すべきか、まったくイメージがつかない方も多いかと思う。実証実験での経験談を交えながら、5G技術の現在地・課題、製造現場への適用方法などをわかりやすく説明する。

講演者プロフィール

工場用オートメーションで国内外含めて20年以上経験有、2003年に誕生した三菱電機の工場向けIoTコンセプト、e-F@ctoryの立上げメンバーの一人。以降、グローバルの製造業メーカへのIoT導入の支援をしてきた。Digital Manufacturingアーキテクトとして、5G、 AI、 データ分析、 協働ロボットなどの最新技術がどのように工場フロアで活用すべきか、グローバルフォーラムにて講演中。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月28日(木)
 
15:15
 - 
16:00
無料
5G-S9
インフラシェアリングの海外動向と日本の展望
(株)JTOWER 代表取締役社長 田中 敦史

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

JTOWERは携帯設備を一本化することで、作業・コスト・電力等の削減効果をもたらすソリューションで、効率的な電波環境整備に貢献してきた。本セミナーでは、JTOWERの取組みとともに、海外の動向を踏まえ、5G時代に向けたインフラシェアリングの可能性について紹介する。

講演者プロフィール

ゴールドマン・サックス証券株式会社勤務の後、イー・アクセス株式会社(現ソフトバンク株式会社)の設立に参画。同社およびイー・モバイル株式会社(現ソフトバンク株式会社) CFO、経営企画担当役員を経て、2012年、株式会社JTOWER設立。携帯電話の設備を一本化するインフラシェアリングを主軸とし、様々な関連サービスを展開し、2019年に東証マザーズ上場。5Gをはじめ、未来を見据えたサービス提供も積極的に進めている。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月29日(金)
 
13:30
 - 
14:15
無料
5G-S10
ローカル5G等自営無線が切り開く地域活性化
東日本電信電話(株) 執行役員
経営企画部 営業戦略推進室長
加藤 成晴

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

少子高齢化や人手不足に伴うDXニーズの高まりは、コロナ禍により一層加速しており、地域課題を解決する基盤としてローカル5GやLPWA等の自営無線が注目を集めている。本講演では、自営無線が実現する地域活性化に向けた、NTT東日本の取り組みについて紹介する。

講演者プロフィール

1990年日本電信電話(株)に入社。その後、NTT中央パーソナル通信網(株)、NTTブロードバンドプラットフォーム(株)において、PHS関連事業及びWi-Fi等の無線LAN関連事業の企画に従事。2016年、東日本電信電話(株)ビジネス開発本部に着任し、マネージド型Wi-Fiサービス「ギガらくWi-Fi」やローカル5G関連を始めとする、無線・IoT領域の事業企画・商品開発の責任者を務める。2020年より同社営業戦略推進室において、地域活性化に関連する新規事業の開発や、農業・e-sports・文化芸術・ドローン等の新会社立ち上げを統括している。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)

光通信技術展 基調講演

2021年10月29日(金)
 
11:45
 - 
13:15
有料
FOE-K
コースリーダー
NTTエレクトロニクス(株)代表取締役社長
佐藤 良明
そろそろ見えてきた!? DX時代におけるデータセンター戦略と光技術への期待
さくらインターネット(株) 代表取締役 社長 田中 邦裕

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

コロナ禍において世の中が急速に様変わりする中、DXの加速に起因するデータセンター需要のさらなる高まりに大きなビジネスチャンスを感じている。 本セッションでは、データセンターの現状の課題とともに当社や業界の事例を参考に、今後のデータセンター戦略と光技術の活用についての展望を述べる。

講演者プロフィール

1978年 大阪府生まれ。学生時代に高専でNHKロボコンに明け暮れるかたわら、学校で触れたインターネットに感動して、1996年にさくらインターネットを学生起業。当時は珍しかった、インターネットサーバーの事業を開始する。2005年に東証マザーズへ上場、2015年に東証一部上場。元々のバックグラウンドはエンジニアでありながらも、自らの起業経験などを生かし、スタートアップ企業のメンターや、IPA未踏のプロジェクトマネジャーとして若手起業家や学生エンジニアの育成にも携わる。また、業界発展のため日本データセンター協会(JDCC) 理事長、ソフトウェア協会(SAJ) 筆頭副会長 、日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)常任理事、ブロックチェーン推進協会(BCCC)副代表理事などとして外部活動にも力を入れている。

閉じる▲


半導体のイノベーションにより 潜在的なデジタルトランスフォーメーションを実現
TSMCジャパン(株) 代表取締役社長 小野寺 誠

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

5Gや人工知能(AI)、光通信といった革新的なテクノロジーの進展により、私達の生活はあらゆる面で変化を遂げている。半導体のイノベーションは5Gを実現する為の鍵であり、5GとAIの強力な相乗効果により更なるテクノロジー・イノベーションが創出される。5GとAIアプリケーションの普及によりデータ量は激増しており、その結果エッジデバイス、クラウドデータセンターやネットワークインフラなど、処理能力とエネルギー効率に優れたコンピューティングに対する需要は前例のない高まりを見せている。
更なるスケーリングと3Dインテグレーションに代表される半導体テクノロジーと光通信の絶え間ないイノベーションが組み合わされる事により、次の技術革新の波となるインテリジェント・コネクティビティの新時代に向け、デジタルトランスフォーメーションを実現する可能性が高められる。

講演者プロフィール

ティーエスエムシージャパン株式会社を1997年9月に設立し、その代表取締役日本統括マネージャーを経て2006年に社長に就任、現在に至る。米国オレゴン州ウィラメッテ大学アトキンソン経営大学院修士課程卒。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月27日(水)
 
13:30
 - 
14:15
有料
FOE-3
コースリーダー
(株)フジクラ テクノロジーオフィサー
和田 悟
AIを活用した光ネットワークの運用高度化の最新技術動向
日本電気(株) 第一ネットワークソリューション事業部
マネージャ
大田 守彦

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

光ネットワークの大容量化、広域化、メッシュ化が進み、人では処理できないレベルにネットワーク運用が煩雑化すると予想され、光ネットワーク運用に対する自動化と最適化が推進される。本講演では、機械学習などを用いた光ネットワークの運用高度化についての最新技術動向を紹介する。

講演者プロフィール

1998年3月、琉球大学大学院工学研究科修士課程修了。同年4月、日本電気(株)に入社。開発部に所属し、xDSLのLSI開発に従事した後、基幹系光ファイバ通信システムの設計・開発に従事。現在に至る。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月27日(水)
 
15:00
 - 
15:45
有料
FOE-4
コースリーダー
古河電気工業(株)執行役員 情報通信ソリューション統括部門 ファイテル製品事業部門長
太田 寿彦
IOWN/Beyond 5Gに向けた光ケーブルへの期待と将来展望
古河電気工業(株) 情報通信・エネルギー研究所
主幹研究員
杉崎 隆一

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

2030年代を想定した高速大容量通信、低遅延伝送、安心して生活できる社会形成のために期待される光ファイバケーブルの特性を整理するとともに、社会インフラとして必須となる光ファイバケーブルを生かす周辺技術を含めた研究開発の取り組みを解説する。

講演者プロフィール

1990年古河電気工業(株)入社以来、一貫して光ファイバ関連の研究開発に取り組む。当初は主にコンポーネント用光ファイバを担当し、その後伝送路用光ファイバの研究にも取り組む。現在は主にファイバ応用技術の研究に取り組む。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月28日(木)
 
12:00
 - 
12:45
有料
FOE-6
コースリーダー
古河電気工業(株)執行役員 情報通信ソリューション統括部門 ファイテル製品事業部門長
太田 寿彦
光電融合・IOWN時代を担う、光半導体デバイス技術を紐解く
古河電気工業(株) 研究開発本部 副本部長
情報通信・エネルギー研究所 所長
藤崎 晃

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

励起半導体レーザ、波長可変レーザによって光半導体事業は長距離大容量光通信の発展に貢献してきた。光電融合・IOWN時代にあたり、更に拡大、発展する研究開発の方向性について議論し、さらに今後の新製品のロードマップについて紹介する。

講演者プロフィール

1987年3月、早稲田大学卒業。古河電気工業に入社。主に研究開発本部に所属し、光ケーブル、光増幅器、ファイバレーザの研究開発に従事。2015年東北大学卒業。2016年米国OFS社、2018年9月情報通信エネルギー研究所所長、2021年6月研究開発本部副本部長。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月28日(木)
 
13:30
 - 
14:15
有料
FOE-7
コースリーダー
アンリツ(株)センシング&デバイスカンパニー マーケティング部 部長
石部 和彦
Beyond 5Gアクセスネットワークに向けた最新光デバイス技術
東京大学 大学院工学系研究科
准教授
種村 拓夫

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

2030年頃に期待されるBeyond 5G/6Gの商用化に向けて、モバイルフロントホールや光アクセスに求められる革新的光デバイスの研究開発が加速している。強度変調直接検波(IMDD)、デジタルコヒーレント、アナログRoF(radio-over-fiber)等の各種方式について、デバイスへの要求と最新の研究開発動向を紹介する。

講演者プロフィール

2006年、東京大学大学院博士課程修了。同年より東京大学工学部助手、2007年より同先端科学技術研究センター講師、2012年より同大学院工学系研究科准教授。2010年から2012年まで、スタンフォード大学客員研究員兼務。半導体集積フォトニクス、光通信デバイス、光スイッチ、光インターコネクト技術の研究に従事。2019年、光産業技術振興協会 光技術戦略策定専門委員会 議長として、「Beyond 5Gに向けた次世代ネットワークの光テクノロジーロードマップ」を取りまとめた。現在に至る。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月29日(金)
 
15:00
 - 
15:45
有料
FOE-11
コースリーダー
三菱電機(株)コミュニケーション・ネットワーク製作所 所長
清水 克宏
Beyond 5G/6Gを支える光・無線融合技術
(国研)情報通信研究機構 ネットワーク研究所フォトニックICT研究センター
主任研究員
吉田 悠来

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

無線アクセス網を支える有線網(x-haul)の技術革新は5G実現の鍵であった。本講演では、特に有無線融合が進むfront-haulを中心として、5Gにおけるx-haul技術を概説するとともに、Beyond 5G/6Gに向けた最新の研究動向などを紹介する。

講演者プロフィール

2009年9月、京都大学博士課程修了。博士(情報学)。2009年より大阪大学工学研究科助教。2016年より情報通信研究機構主任研究員。また、2018年より大阪大学工学研究科招へい准教授。ディジタル信号処理技術を中心として、有線/無線通信の高速大容量化および有無線融合技術の研究開発に一貫して従事している。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
2021年10月29日(金)
 
15:00
 - 
15:45
有料
FOE-22
コースリーダー
NTTエレクトロニクス(株)代表取締役社長
佐藤 良明
レーザ網膜投影技術:医療ヘルスケアからXR応用まで
(株)QDレーザ 代表取締役社長 菅原 充

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

レーザ網膜投影は、微弱なレーザ光を網膜上に直接描画することにより、装着者の結像機能やピント位置に影響を受けず、視野に自然に重なる鮮明なフルカラー映像を表示することができる。本講演では、本技術の視覚障碍者支援と眼疾患検査等の医療ヘルスケア応用、XR分野への適用事例と応用可能性を紹介する。

講演者プロフィール

1984年年3月東京大学大学院物理工学修士課程修了。(株)富士通研究所に入社。光半導体研究部に所属し、半導体レーザの研究開発に従事。1995年東京大学工学博士。2004年東京大学生産技術研究所特任教授、2005年(株)富士通研究所ナノテクノロジー研究センター長代理を経て、2006年(株)QDレーザを設立し、代表取締役社長として現在に至る。(株)QDレーザは2021年2月5日東証マザーズに上場した。
量子ドットレーザの基礎研究から実用量産化までのパイオニアとして、2014年10月IEEE Photonic Society Aron Kressel Award, 第16回 山﨑貞一賞、第33回櫻井健二郎氏記念賞を受賞。その他、レーザ精密加工、網膜レーザ投影技術等で受賞多数。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
無料
10月27日(水)
13:00
13:30
無料
LPWA-1
IoTデータの効果的な活用について ~LPWA ZETAの事例を交えてご紹介~
アイティアクセス(株)
取締役
澤村 宗仁

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

データ収集がIoTの目的の一つだが、利活用に悩まれている方が多い。本講演ではLPWA ZETAの立ち上げ初期からデータサーバーを運営してきた経験を元に、データの効果的な活用方法について事例を交えてお話する。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
無料
10月28日(木)
13:00
13:30
無料
LPWA-2
産業分野でのDX活用が進むLPWA規格「ZETA」とは?
(株)テクサー
代表取締役(ZETAアライアンス理事)
朱 強

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

ZETAアライアンスは、結成からわずか3年でグローバルでは260組織に拡大、実証から実装フェーズに移行し、スマート農業、スマートビルディング、スマート物流など産業分野でのDX活用が進んでいる。本講演では、最新動向のほか、次世代ZETA規格「Advanced M-FSK」の全貌を披露する。

閉じる▲

※所属/役職情報が一部変更となりました。ご了承ください。(10月1日付)

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
無料
10月29日(金)
13:00
13:30
無料
LPWA-3
センシングテクノロジーで現状を改善するDX
(株)GENECH DATA SOLUTIONS
代表取締役社長
美馬 芳彦

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

高度な技術力だけでは変えられない、ハード面だけでも変わらない。現状の課題解決だけでなく、社会の変化に対応するためにはデジタル化は欠かせない。センシング技術でデータが導く可視化、IoTで新たな付加価値の創造。なぜ今DXが必要なのか。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
無料
10月29日(金)
14:00
14:30
無料
LPWA-4
エッジ顔解析とLPWAの融合
(株)WDS
郡司掛 豪

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

顔解析技術がもたらすデータ量の軽量化の実現で、LPWAを飛躍的に活用する事を可能にしたシステムである。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
無料
10月29日(金)
15:00
15:30
無料
LPWA-5
マルチホップLPWA ZETAで切り拓く、社会課題解決型DXソリューション
凸版印刷(株)
DXデザイン事業部 スマートシティ推進部 部長
諸井 眞太郎

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

トッパンでは、「印刷テクノロジー」としてこれまで培ってきた「モノづくり」と「サービス設計」のノウハウを融合させ、ZETAを活用したサービスを提供している。本講演では、これらの社会課題解決型のサービスをご紹介する。

閉じる▲

※講演内容の一部が変更となりました。ご了承ください。(10月1日付)

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
無料
10月28日(木)
15:00
15:30
無料
LPWA-6
アクティブRFIDタグ用ソリューション「ZETag」用LSI
(株)ソシオネクスト
コネクテッドソリューションチーム 課長
浦出 正和

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

ソシオネクストはSoCおよびそれを核とするソリューションと、サービスの設計、および開発、販売事業を行うファブレス半導体メーカーであり、TV受信チューナ等の民生用途で培った小型・低電力なCMOS-RF技術を武器に、IoT用LSIの開発を進めている。今回は、ソシオネクストが開発するアクティブRFIDタグの「ZETag」用LSIおよび、次世代ZETA通信規格”Advanced M-FSK"について紹介する。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
無料
10月27日(水)
15:00
15:30
無料
LPWA-7
OCRカメラによる遠隔自動検針サービスについて
稲畑産業(株)
情報電子第三本部 部長
松井 一博

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

従来、検針業務は「メーター設置場所への移動」「メーター値の目視・手書き」「パソコンへの手入力」「メーター誤認・転記ミス」など非効率であった。これを「OCRカメラで撮影したメーター値をAIでデジタルデータ化してクラウドへ送信、台帳自動入力することで業務の効率化を図る」というものである。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月27日(水)
 
11:45
 - 
12:30
無料
4K8K-K
4K8K時代の放送政策
総務省 情報流通行政局長 吉田 博史

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

4K8K実用放送が開始されてまもなく3年。4Kテレビの普及が進み、ネット配信サービスも台頭しつつあり、本格的な放送と通信の融合の時代が到来しつつある。このようなICTの激動の時代における放送政策について紹介する。

講演者プロフィール

1987年郵政省入省。総務省地上放送課長、経済産業省への出向、総務省大臣官房審議官(情報流通行政局担当)、大臣官房総括審議官を経て、2021年2月から現職。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月27日(水)
 
10:00
 - 
10:45
無料
4K8K-S1
4K・8Kスーパーハイビジョン技術の医療応用
オリンパスメディカルシステムズ(株) 技術戦略
本部長
中村 一成

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

内視鏡医療を中心に医療の現状と課題を述べた後、基本的な内視鏡システムのご紹介を行う。4K外科手術用内視鏡システムはすでに市場導入され、HDTV映像に比べ高精細な映像での手術が可能、微細組織や血管などの容易な識別をサポートできるなど好評を得ており、外科イメージング分野では4Kのデファクトスタンダード化が進んでいる。4K内視鏡システムの現状と課題を技術検討が進んでいる8Kシステムと共にご紹介したい。

講演者プロフィール

1984年 現オリンパス(株)に入社。内視鏡関連の技術開発を担当しEVIS LUCERA開発プロジェクトリーダーとして商品化。画像機器開発部 部長として消化器内視鏡、外科内視鏡、などの内視鏡画像システムの開発業務に従事。2009年 オリンパス研究開発センターにて医療イメージング関連機器の研究・技術開発担当の部長として従事。2016年 医療第3開発本部 本部長として医療事業領域の技術開発および内視鏡システム商品開発を担当。2021年 技術戦略の本部長として医療事業領域の技術戦略を担当。現在に至る。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月29日(金)
 
10:00
 - 
10:45
無料
4K8K-S2
4K8K × スポーツテック
富士通(株) JAPANリージョン スポーツ・エンターテインメント統括部
シニアディレクター
小山 英樹

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

スポーツ、エンターテインメント界における高精細映像技術の活用について、制作・配信・アーカイブ・マーケティングの観点から、これまでの富士通の取り組みやコロナ禍による変化、未来への展望についてお話しする。

講演者プロフィール

1995年横浜国立大学卒業。富士通株式会社に入社。基幹ネットワークの開発に従事した後、ビジネス企画・マーケティングを担当。2014年よりスポーツの周辺産業におけるビジネス企画に従事。2016年から1年間B.LEAGUEに常駐した後、現在に至る。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月28日(木)
 
10:00
 - 
10:45
無料
4K8K-S3
高精細映像とAIで進化する警備サービス
綜合警備保障(株) 執行役員
開発企画担当
桑原 英治

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

少子高齢化、労働人口の減少に加え、身近な犯罪の多様化に伴い警備員の監視による既存の抑止策だけでは犯行は防げず、犯行の予兆を捉え、未然に防止する新たな警備モデルが必要となっている。その為に、センシングデバイス、IoT、AI、5G、ドローン、ロボット等の最先端技術の活用が不可欠となっている。本講演では、4K等高精細映像とAIと5Gにスポットを当て総務省の5G/ローカル5Gの実証実験の内容を紹介する。

講演者プロフィール

昭和57年、日本電信電話公社入社、平成4年、ジュネーブ海外事務所にて海外ビジネスに従事。平成14年、NTT-ME次世代ネットワーク事業部長として通信ビジネスに従事。平成17年より東日本電信電話(株) ビジネスソリューション部長、NTTコミュニケーションズ(株)法人事業本部第四法人営業本部長として、法人ビジネスに従事。
平成23年、綜合警備保障(株)執行役員商品サービス企画部長、セキュリティ科学研究所長、開発企画部 開発企画担当として警備ビジネスに従事。現在に至る。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月28日(木)
 
11:45
 - 
12:30
無料
VCOM-K
公共メディアNHKの放送・ネット新時代へのチャレンジ
日本放送協会 技術局長 寺田 健二

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

普及が進む新4K8K衛星放送や常時同時配信・見逃し配信サービス「NHKプラス」の最新状況、コンテンツ充実に向けた新しい制作技術や最先端の放送技術など、公共メディアNHKとしての技術の取組みと今後の展望を紹介する。

講演者プロフィール

1990年に、日本放送協会に入局。函館放送局を経て、1993年より技術局に勤務。その後、広報局、人事局、技術局を経て、2017年に編成局専任局長、2019年に経営企画局特別主幹、2021年4月より現職。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月29日(金)
 
15:15
 - 
16:00
無料
VCOM-S1
ABEMAにおける映像伝送技術と今後の事業展望
(株)AbemaTV CTO 西尾 亮太

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

「ABEMA」はテレビのイノベーションを目指し"新しい未来のテレビ"として展開する動画配信事業。登録は不要で、国内唯一の24 時間編成のニュース専門チャンネルをはじめ、オリジナルのドラマや恋愛番組、アニメ、スポーツなど、多彩なジャンルの約20チャンネルを24時間365日放送している。当講演では「ABEMA」における映像伝送技術と今後の事業展望について紹介する。

講演者プロフィール

2011年株式会社サイバーエージェントに入社。Amebaスマートフォンプラットフォーム基盤、ゲーム向けリアルタイム通信基盤の開発を経て、2016年に「ABEMA」の立ち上げに参画。2018年より株式会社AbemaTV CTOとして現在に至る。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月27日(水)
 
13:30
 - 
14:15
無料
VCOM-S2
文化財の超高精細デジタルアーカイブを活用した文化体験・教育活用
大日本印刷(株) マーケティング本部
主席研究員
磯田 和生

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

これまでDNPではジャンルを問わず、様々な形態の文化財のデジタルアーカイブと鑑賞システムの開発に取り組んできた。本講演では、ルーヴル美術館、フランス国立図書館とのミュージアムラボ等、国内外での事例を中心に高精細デジタル化と鑑賞体験開発の狙いと技術的なアプローチについて紹介する。

講演者プロフィール

1996年九州芸術工科大学大学院博士前期課程修了。1997年大日本印刷(株)入社後,GIS,CRM等をテーマにICTを活用したサービスの企画開発を担当。2009年よりルーヴル美術館やフランス国立図書館との共同プロジェクト,DNPミュージアムラボにてマルチメディアを使った鑑賞体験の企画及びHCI研究開発に従事。2017年九州大学大学院博士後期課程修了。現在,VR,デジタルアーカイブ等をテーマにユーザの認知的,行動的な理解による製品・サービスの開発及び研究を行っている。博士(芸術工学)。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月27日(水)
 
15:15
 - 
16:00
無料
VCOM-S3
JR東日本におけるデジタルサイネージ事例と今後の可能性
(株)ジェイアール東日本企画 交通媒体本部 デジタルサイネージ推進センター
センター長
山本 孝

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

デジタルサイネージは既に身のまわりの様々な場所で活用され、社会インフラの一部となっている。本講ではJR東日本エリアにおける展開事例をご紹介しつつ、新たな表示素材や最近の活用事例、トピックス等を含めて、サイネージの可能性についてご説明したい。

講演者プロフィール

1982年早稲田大学卒業、同年日本国有鉄道入社。駅構内におけるニューメディア媒体開発・映像制作に携わる。その後、東京駅・上野駅リニューアルにおいて「情報発信スペース」開設を担当した後、2003年よりジェイアール東日本企画に出向。デジタルサイネージの開発と駅・車両等におけるメディアデザイン全般を担当する。(一社)デジタルサイネージコンソーシアム理事、(公社)日本鉄道広告協会「技術開発委員会」副委員長、「Lアラート」運営諮問委員を兼務。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月27日(水)
 
10:00
 - 
10:45
無料
5G-K
デジタル変革時代の5G政策 ~Society5.0を支えるICTインフラ整備~
総務省 総合通信基盤局長 二宮 清治

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

Society5.0時代の基幹インフラである5G。その全国展開に向けて、前提となる光ファイバ網の整備、5G周波数の拡張、5G利活用の促進、更には2030年代に向けたBeyond5G戦略など、あらゆる政策を総動員して取り組む、総務省の「5G政策」について紹介する。

講演者プロフィール

1988年郵政省入省。
総務省大臣官房審議官(国際技術、サイバーセキュリティ担当)、内閣官房内閣審議官(内閣官房デジタル市場競争本部事務局次長、内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室室長代理(副政府 CIO) )を経て、2021年7月から現職。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月27日(水)
 
13:30
 - 
14:15
無料
5G-S1
5Gがもたらすネットワーク革新とシスコの取組み
シスコシステムズ(同) 専務執行役員
情報通信産業事業統括
濱田 義之

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

産業界や行政のDXに不可欠な5G / ローカル5G導入の現状や課題を改めて考え、従来とは異なる要件に対応するためのアーキテクチャそのものの変革等、5Gを支えるインフラとしてのネットワークの在り方について、シスコの取り組みを交え解説する。

講演者プロフィール

濱田 義之(はまだ よしゆき)は、2021年1月より専務執行役員 情報通信産業事業統括として、サービスプロバイダー事業を統括しています。現職以前は、NTT事業本部長として、NTTグループ事業を統括してきました。
それ以前は、最高技術責任者および最高セキュリティ責任者として、日本における技術戦略を統括するとともに、シスコのサイバーセキュリティ技術の普及、国内でのパートナーシップ強化を推進してきました。
大学卒業後、住友電工通信エンジニアリング(株)に入社、光伝送機器の開発支援構築業に従事しました。1999年、KVH(株)(現Colt Asia)に入社。デザインエンジニアリングマネージャ、サービス開発・ネットワーク計画部部長、サービスストラトジー&デザイン執行役員、テクノロジー本部長執行役員を歴任し、同社のネットワーク及びITサービスの戦略立案から、プラットフォーム開発・導入、アジア太平洋地域への拡張などを推進しました。2016年1月よりシスコシステムズに在籍。
1997 年 日本大学理工学部卒。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月28日(木)
 
10:00
 - 
10:45
無料
5G-S2
ソフトバンクの5G/6G時代における戦略
ソフトバンク(株) 専務執行役員 兼 CTO 佃 英幸

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

日本でも5Gサービスが昨年から始まり、いよいよ本格展開の広がりが見えてきた。今後、この5Gがどのように発展し産業で使われ、そしてさらに6Gでどう進化していくか、ソフトバンクやパートナーとの現状取り組みを交えながら解説する。

講演者プロフィール

1988年日本テレコム(株)に入社しNWエンジニア従事後、証券会社を経て、1993年東京デジタルホンに入社。(資本変遷にて2006年よりソフトバンクに合流)一貫してモバイルネットワーク全般の企画、設計、構築等に従事。昨今IoT・AI活用の新規事業の技術も担当し、ソフトバンクのテクノロジー部門CTOとして統括、現在に至る。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月28日(木)
 
13:30
 - 
14:15
無料
5G-S3
加速する5Gの未来
KDDI(株) 執行役員
技術統括本部 技術企画本部長
佐藤 達生

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

新型コロナウイルス感染拡大と、本格化するDXにより通信の利活用が進む中、社会のデジタル基盤として、5Gの活用が期待されている。昨年開始した5Gサービスも今後普及が進み、5Gの特性をより生かした多くのアプリケーションの登場が予想される。本講演では、KDDIの5Gネットワーク高度化への取り組みと、拡大する5Gの活用についてご紹介する。

講演者プロフィール

1991年慶應義塾大学理工学部卒業後、国際電信電話(株)(現在のKDDI)に入社。日本と海外をつなぐデータ通信網の構築に従事し、インターネット黎明期には米国にて日米間の接続や米国のプロバイダとのピアリング強化にも携わった。その後、子会社のUQコミュニケーションズ(株)で、WiMAXやTD-LTEネットワークの構築や事業展開を推進し、2014年以降は、モバイルネットワークのインフラ戦略を牽引している。2020年4月より同社執行役員技術統括本部技術企画本部長。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月29日(金)
 
10:00
 - 
10:45
無料
5G-S4
5G and Beyond: 次の10年での「接続された」社会の実現に向けて
インテル(株) 新規事業推進本部
クラウド・通信事業統括部長
堀田 賢人

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

5Gでは、ネットワークにおける仮想化やクラウドネイティブ技術への移行が急速に進んでいる。このセッションでは、インテルが考えるデータセンターの未来に触れ、今後5Gネットワーク領域でどのようなことが起きるのかをBeyond5Gを踏まえて講演する。

講演者プロフィール

エリクソン(株)、アルカテル・ルーセント(株)にて、3Gネットワークの立ち上げから4G/5Gネットワークに必要なソフトウェアソリューション構築をコンサルタントしてAPJリージョンにて展開。2017年よりインテル(株)にてAPJリージョンのクラウド事業者向け事業開発部長を担当し、クラウドインフラ向けソリューションのサポートを提供。2021年より新規事業推進本部にて、クラウド・通信事業者様向けの事業を統括(現職)。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月29日(金)
 
15:15
 - 
16:00
無料
5G-S5
社会・産業のデジタル変革を加速する5Gの進化
(株)NTTドコモ 常務執行役員(CTO)
R&Dイノベーション本部長
谷 直樹

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

IoT、AI、XR、5Gなどの先進技術を活用して社会や産業分野での新たな価値創造をめざすデジタル変革(DX)の現状と、5Gに対する多様なニーズや技術的課題を解決する5Gの進化やその先の6Gに向けた取組みを紹介する。

講演者プロフィール

日本電信電話(株)入社。移動通信用交換機・サービス制御装置等の実用化開発、移動通信用ネットワークアーキテクチャ・通信制御方式の国際標準化、国際ローミングに関する技術交渉、国内外の研究開発連携等に従事。2011年7月より関西支社ネットワーク部長としてLTEネットワークの構築拡大・品質向上に従事。2014年6月よりM2Mビジネス部長、2015年7月よりIoTビジネス部長として、IoT事業の推進を担当。2020年6月より常務執行役員(CTO) R&Dイノベーション本部長に就任。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月27日(水)
 
15:15
 - 
16:00
無料
5G-S6
6G時代のコミュニケーション技術
ノキアソリューションズ&ネットワークス(同) 最高技術責任者 柳橋 達也

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

国内5G商用展開は近い将来5G SA導入により転機を迎え、用途がコンシューマから企業へと転換することが期待される。一方で総務省を中心に6G携帯無線通信に関する検討も始まった。本セッションでは6G携帯通信システムについてノキアのビジョンを共有する。

講演者プロフィール

1995年外資系システムインテグレータ入社以降、固定及び移動体系通信ネットワーク向けシステム・ソリューション提案業務に従事。2008年、前身となるノキア シーメンス ネットワークス株式会社に入社し、以後モバイルコア製品を中心に、エンドエンドソリューションの提案業務に携わる。2020年1月にノキアベル研究所に移籍し、標準化担当としてETSI ZSMにおいて5Gエンドツーエンドネットワークスライシングの仕様化に貢献。2020年7月より現職。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月27日(水)
 
11:45
 - 
12:30
無料
5G-S7
DXを加速するキーテクノロジー ~ローカル5G実現に向けたNECの取組み~
日本電気(株) デジタルネットワーク事業部
上席事業主幹 エバンジェリスト
藤本 幸一郎

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

企業や自治体がデジタルを活用するためのキーテクノロジーとして、ローカル5Gの実用化が期待されている。2020年12月にローカル5Gの電波利用制度が本格化し、産官学を挙げて様々な取り組みが進められてきた。ローカル5Gの現状とNECの取り組みを紹介、進化するネットワークの将来を展望する。

講演者プロフィール

NEC入社後、通信機器開発を経て黎明期のインターネット関連領域の事業開拓に従事。
2002から2008年、NECアメリカ社(シリコンバレー)にて、新規事業開発ディレクター、企業リエゾン・投資等に参画。
2008年から経営企画部/事業開発部にてスマートグリッド、MVNO、SDN、NFV等のインターネット関連新規事業を推進。
2017年より5Gの事業を推進し現在に至る。
その他、通信関連の団体委員や技術フォーラムのプログラム委員等を歴任。学会や技術セミナーでの講演多数。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月28日(木)
 
11:45
 - 
12:30
無料
5G-S8
5G: ものづくりの現場は無線でこう変わる
三菱電機(株) FAシステム事業本部
Digital Manufacturingアーキテクト
杉山 素

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

5Gをものづくりの現場に導入検討したいが、どのように適用すべきか、まったくイメージがつかない方も多いかと思う。実証実験での経験談を交えながら、5G技術の現在地・課題、製造現場への適用方法などをわかりやすく説明する。

講演者プロフィール

工場用オートメーションで国内外含めて20年以上経験有、2003年に誕生した三菱電機の工場向けIoTコンセプト、e-F@ctoryの立上げメンバーの一人。以降、グローバルの製造業メーカへのIoT導入の支援をしてきた。Digital Manufacturingアーキテクトとして、5G、 AI、 データ分析、 協働ロボットなどの最新技術がどのように工場フロアで活用すべきか、グローバルフォーラムにて講演中。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月28日(木)
 
15:15
 - 
16:00
無料
5G-S9
インフラシェアリングの海外動向と日本の展望
(株)JTOWER 代表取締役社長 田中 敦史

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

JTOWERは携帯設備を一本化することで、作業・コスト・電力等の削減効果をもたらすソリューションで、効率的な電波環境整備に貢献してきた。本セミナーでは、JTOWERの取組みとともに、海外の動向を踏まえ、5G時代に向けたインフラシェアリングの可能性について紹介する。

講演者プロフィール

ゴールドマン・サックス証券株式会社勤務の後、イー・アクセス株式会社(現ソフトバンク株式会社)の設立に参画。同社およびイー・モバイル株式会社(現ソフトバンク株式会社) CFO、経営企画担当役員を経て、2012年、株式会社JTOWER設立。携帯電話の設備を一本化するインフラシェアリングを主軸とし、様々な関連サービスを展開し、2019年に東証マザーズ上場。5Gをはじめ、未来を見据えたサービス提供も積極的に進めている。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
2021年10月29日(金)
 
13:30
 - 
14:15
無料
5G-S10
ローカル5G等自営無線が切り開く地域活性化
東日本電信電話(株) 執行役員
経営企画部 営業戦略推進室長
加藤 成晴

講演内容を詳しく見る▼

講演内容

少子高齢化や人手不足に伴うDXニーズの高まりは、コロナ禍により一層加速しており、地域課題を解決する基盤としてローカル5GやLPWA等の自営無線が注目を集めている。本講演では、自営無線が実現する地域活性化に向けた、NTT東日本の取り組みについて紹介する。

講演者プロフィール

1990年日本電信電話(株)に入社。その後、NTT中央パーソナル通信網(株)、NTTブロードバンドプラットフォーム(株)において、PHS関連事業及びWi-Fi等の無線LAN関連事業の企画に従事。2016年、東日本電信電話(株)ビジネス開発本部に着任し、マネージド型Wi-Fiサービス「ギガらくWi-Fi」やローカル5G関連を始めとする、無線・IoT領域の事業企画・商品開発の責任者を務める。2020年より同社営業戦略推進室において、地域活性化に関連する新規事業の開発や、農業・e-sports・文化芸術・ドローン等の新会社立ち上げを統括している。

閉じる▲

お申込み 
枚数:
(おひとり様 1枚 限り)
(おひとり様 1枚 限り)
その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください。
受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く)

0件選択中 お申込みページへ進む