C-S3 世代を越えて愛されるIPの育て方
10月23日(金) 10:00 - 11:30

鉄腕アトム・ジャングル大帝・ブラックジャックなど、 老若男女から愛され続ける『手塚プロダクション』のIP戦略とは?

手塚治虫は31年前に亡くなりましたが、作品は読まれ続け、評価は高くなっています。手塚プロダクションでは、オリジナル作品を厳密に守り続ける一方で、新しい時代に合わせたアレンジやコラボレーションも積極的に行い、作品を風化させない工夫をしています。
ヴィジュアリスト / (株)手塚プロダクション 取締役 手塚 眞 手塚 眞 ヴィジュアリスト / 取締役 (株)手塚プロダクション
講演者プロフィール Speaker Profile
1961年東京生まれ。高校時代から映画制作を始め、数々のコンクールで受賞。
以後、映画・テレビ等の監督、イベント演出、本の執筆等、創作活動を全般的に行っている。1985年『星くず兄弟の伝説』で商業映画監督デビュー。
1999年『白痴』がヴェネチア国際映画祭で上映され、デジタル・アワード受賞。テレビアニメ『ブラック・ジャック』では2006年東京アニメアワード優秀作品賞受賞。
新作『ばるぼら』が第32回東京国際映画祭コンペティション部門で上映され、2020年公開予定。著作に『父・手塚治虫の素顔』(新潮社)他がある。
http://neontetra.co.jp
http://tezuka.co.jp

コラボ実績多数!『カナヘイの小動物』キャラクターのブランディング戦略とこれから。

イラストレーター・漫画家「カナヘイ」は2003年プロデビューし、待受画像の配信で一世を風靡。2016年には「ピスケ&うさぎ」がLINEスタンプグランプリを受賞。常に最新コミュニケーションツールで人気を集め、SNSを活用したファン獲得とライセンシングを世界に拡げている。
(株)テレビ東京コミュニケーションズ 統括プロデューサー/(一社)キャラクターブランド・ライセンス協会 理事 桔梗 純 桔梗 純 統括プロデューサー/(一社)キャラクターブランド・ライセンス協会 理事 (株)テレビ東京コミュニケーションズ
講演者プロフィール Speaker Profile
2000年NECインターチャネル(当時)でNTTドコモiモード向けに『いつでもスヌーピー』を企画・プロデュース。
2003年テレビ東京ブロードバンド㈱(現 ㈱テレビ東京コミュニケーションズ)に転じ、スマホ向けにスヌーピーやミッフィーなどのキャラクター・デジタルコンテンツ事業の担当常務取締役。
2014年『カナヘイの小動物』(マスターライセンシー)のブランディングをグローバル展開し、現在に至る。2016年キャラクターブランド大賞ライセンシング・エージェンシー賞を受賞。

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

For any enquiries, please contact.

◆セミナーに関するお問合せ

受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く)