QC-6 国内企業の開発最前線
4月9日(金) 11:45 - 12:30

社会課題解決に向けた、富士通における量子コンピューティングへの取り組み

富士通では様々な社会課題の解決のため、新たなコンピューティング技術の研究開発に取り組んでいる。本講演では、当社の量子コンピューティング研究への取り組み、特に、オープンイノベーションを活用した研究体制や取り組む技術領域について説明する。
富士通(株) 佐藤 信太郎 佐藤 信太郎 富士通(株)
講演者プロフィール Speaker Profile
株式会社富士通研究所ICTシステム研究所量子コンピューティングプロジェクト,プロジェクトディレクター.1990年筑波大学大学院理工学研究科修士課程修了.ウシオ電機㈱を経て,2001年米国ミネソタ大学大学院博士課程機械工学研究科修了,博士(工学).同年富士通㈱入社.2002年より㈱富士通研究所所属となり現在に至る.2006-2010年㈱半導体先端テクノロジーズ兼務.2010-2014年最先端研究開発支援プログラム参加のため産業技術総合研究所勤務.2018年応用物理学会フェロー.これまでの主な研究分野はナノカーボン材料,ナノエレクトロニクス,量子コンピューティングなど.

その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

For any enquiries, please contact.

◆セミナーに関するお問合せ

受付時間 10:00~18:00(土日祝を除く)